スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
耐久調整の意味って?
他のホームページやブログなどで、ポケモンの育成の案を見ると
最近はずいぶん「耐久調整」が盛んに行われているようですね

耐久調整は、努力値を2つのステータスに目一杯に振らないで、主に特定のポケモンの攻撃に耐えられる、という目的に合わせて各ステータスに振り分ける概念ということだと思いますが(これで合ってるよね?)

耐久調整がもたらす効果について、よく使われる書き方としては、〇〇(技を使うポケモン)の〇〇(使う技)を○確(○回うけると確実に倒れる)
という感じで

何が言いたいのか非常に分かりにくい

パッと見た感じ、そんなピンポイントな状況いつ来るかわからんのに意味あるのか!とツッコミを入れてしまいたくなるんですが

しっかりとした耐久調整は、「〇〇の〇〇を○確」というのはあくまで基準で、~までは耐えられるという意味も含んでると思う(多分)

逆を言えば、それ以上は耐えられないという意味もあり、

つまりはどんな場面でどのくらい耐えられて、どの状況には耐えられないのかを事前に確認する、という部分が強く、〇〇の〇〇を○確という例を見ただけではあんまり意味が無い

本当にピンポイントな状況だけしか考えていない例も多くあるように見えますが…(むしろそっちの方が多いようにも見えますが)


例えば、陽気命の珠ゴウカザルのインファイトを2確というものがあったとします

これは、性格が陽気で(こうげきに努力値を最大まで振って)命の珠を持ったゴウカザルのインファイトを、一回は耐えられるということになりますが、

これに耐えるということは、加えていじっぱりガブリアスの逆鱗にも一回耐えられることになります

攻撃種族値が最強クラスである130のガブリアスの、技の威力がほぼ最高の120の攻撃に耐えられるということは、
そのほか大部分の物理攻撃に対し「一回は耐えられる」という保証ができることになります

「ただし」とここで例外もできます

ゴウカザルより高い攻撃種族値を持つポケモンに、命の珠を持って威力120以上の物理攻撃を使われたりしたら耐えられないということも、ここで確認することが出来ますね

また、タイプ一致で弱点を突かれた場合もまず無理

でもタイプ不一致で弱点を突かれた場合なら耐えられる可能性が高いです


これらの耐えられる部分と耐えられない部分を把握し、返り討ちに出来る技を入れたり、不利な場面を事前に想定して対策を打つことができる

これが、耐久調整のいいとこですね


つまり理屈は「素早さ調整」と同じで

ただ素早さよりシチュエーションが複雑で、どんな調整がどのように役に立つのかが把握しづらいのが難点


私もたまに耐久調整してポケモンを育ててみますが、
計算通りに行く場面もありますが、逆に調整した分足りなくて不利になったりすることもあったりで、一長一短というとこでしょうか

計算ばかりだと机上論になりがちなので、実際に対戦してみて、足りないと感じた部分を調整してみるのもひとつの手ですね。


まあ耐久調整するということは、ある場所を削って他に回す行為に他ならないので
調整した分足りる部分もあれば、足りなくなる部分も必ず出てきます

それに、ポケモンの能力は高ければ高いほど良いというのもまた真実なので、
変に調整しないで、特定のステータスに特化したポケモンで、余裕を持って作戦を組み立てるほうが無難かもしれません

足りない部分はアイテムや他のポケモンのサポートで補うという発想も大事!


何事も余裕は必要。
耐久調整も、カツカツにやらないである程度の余裕を持って行いましょう~
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

【 2011/06/26 06:48 】

| ポケモン雑記 | コメント(7) | トラックバック(0) |
ポケモンでタイピング!
先日発売した、話題のポケモンゲームの最新作「バトル&ゲット!ポケモンタイピングDS」

第一印象は、「ふーん、タイピングゲームなんてなんかいまさらだなー」と特別興味をそそられなかったのですが、
これに付属しているキーボードがbluetooth接続のもので、パソコンやスマートフォンなどにも無線接続できるということを聞いたので、

ちょうどbluetoothのキーボードが欲しかったこともありキーボード目当てで購入しました

で、事のついでにゲームのほうもやってみたのですが、
これが意外にハマったw

ただのタイピングゲームと侮っていたら、これが一線を画す面白さ!
普通のタイピングゲームは、出てくる文字を打ち込むのが一般的ですが、
ポケモンタイピングの場合、まずポケモンが鳴き声と共に登場し、名前は後から出てくる!

つまり、早く打ち込むためには鳴き声と姿でポケモンの名前を当てるポケモンの知識が問われる!

なにか難しそうですが、ゲーム内に用意されている様々なコースでは、
それぞれ登場するポケモンの種類が限られているので、
何度も同じコースを挑戦していれば、そのうちポケモンの姿を見ただけで反射的に打ち込めるようになり、
ポケモンが次々現れても途切れないで連続で打ち込めるようになって、脳汁がでまくるw

ポケモンタイピング
ポケモンの名前を、えぐり込むように打つべし!

うーむ、これは油断していた・・・

と今現在絶賛お楽しみ中なのですが、もしこのゲームで1からタイピングを覚えようとするなら、それはちょっとお勧めできないかも
なにせ結構難易度が高めで、キーボードの指の置き方や運び方などを最初に丁寧に教えてくれるわけでもないし

最低キーボードを見ないでローマ字をうてるようなスキルが必要かもしれませんー
ですが、これをやっていれば絶対タイピングの能力は上がることはまちがいない!
ポケモンの名前には、「P」とか「Z」とか「ー」とか普段あまり使わなくて打ちにくい文字がよく出てくるので

わたしも「ー」を打つにが苦手でー、ポケモンタイピングでもよくうち間違えしちゃいますー
まったくこのーはどうしてこんなに打ちづらいんだーこのーはーあーもー(これを書いてる間にもうち間違えしまくってますw)


あ、ちなみにこの記事はドコモのスマートフォン、SC-02Bにこのゲーム付属のキーボードを繋いで書いております
接続方法は、まずスマートフォン側でbluetoothを検出可能状態にしてから、キーボードのFnキーを押したまま電源を入れます。(スマートフォン側でキーボードが検出されるまでFnキーは押しっぱなし)

キーボードが検出されると、認証キーが表示されますので、キーボードで認証キーを打ち、Enterを押すと接続完了!

ちなみにポケモンタイピングには専用のDSスタンドも付属されているのですが、
これもスマートフォンを立てるのにも使える!

ゲームは面白いし色々ついてくるし、なにか得しちゃった気分です~

テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム

【 2011/04/29 09:05 】

| ポケモン雑記 | コメント(3) | トラックバック(0) |
近況報告のようなもの
またまたお久しぶりです。
前回の記事でコメントをくださった方々、本当にありがとうございます!^0^

私への励ましのお言葉もいただいてしまって、私はもう嬉しいやら愚痴ってしまったことが情けないやらで
心のなかで七転八倒してしまいましたw

また皆様の今のポケモンに対する貴重かつ率直な意見もお聞かせいただいて
私自身、改めてポケモンバトルというものを考えるきっかけになりました

色々思うことはあるのですが、とりあえずはまだポケモンは見放すには早過ぎる!
というふうに今は考えております

PDWでようやく努力値を減らす木の実も手に入るようになりましたしね。
環境も整ってきて、少しずつ新しいポケモンを育てています。
ランダムマッチなども時々


これからはブログ記事も気まぐれにアップしていきたいですね
書きたいことは色々あるし~


とにかく大地震とか津波とか原発事故とか色々起きて大変な時期ですが、
とりあえず私は元気です!
では!

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

【 2011/04/23 17:30 】

| ポケモン雑記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
ちょっと振り返ってみる
対戦会中止してしばらく立ちますね
うーん、BWの発売前の自分から今のこの状況はちょっと意外
本当はもう少し、少なくとも今頃までは続けていられる予定だったんですが

対戦会を楽しみにしていてくださった方々には本当に申し訳なく思っています
私も、参加者がいるなら、と使命感のようなものをもって続けてきました

でも、どうにもモチベーションが続かない。理由はいろいろあると思います

なんかここからはちょっとグチっぽくなってしまうので、
読みたいひとだけ「続きを読む」をクリックしてください~
続きを読む

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

【 2011/02/20 08:22 】

| ポケモン雑記 | コメント(12) | トラックバック(0) |
第4回 ポケモンBW対戦会 あとがき
昨日の対戦会みなさんお疲れさまでした!
いつもより参加人数が少なく、9時くらいまではあまり人がこなかったので
どうなるかと思いましたが、最終的には人も集まって楽しく対戦できましたー

今回は初めてのダブル・トリプルバトルでの対戦会でしたが、
経験の少ない私には色々収穫がりましたねー。それぞれのルールの感覚をだいたいつかめたような気もします。
ダブル・トリプルもやってみれば面白いので、みんなもっとやろうぜ!!(^0^)

ダブル・トルプルの魅力を伝えるためにも、今回の対戦会で経験したことを色々書いていっちゃいます!


とりあえずまずは、トリプルバトルで おいかぜ が妙に流行ってましたね
…というか私も使ってたんですけどw

BWでおいかぜのターン数が前作3ターンだったのが4ターンに強化されたのに加えて、
トリプルバトルでは影響を受けるポケモンの数が単純に多いので、実用に届くようになった印象ー

また素早さが早くもなく遅くもないポケモンも手軽に先手がとれるようになり、
もちろん元々素早いポケモンはより早く、と有効に活用できるポケモンの範囲が広いのも流行った理由かな?
HGSSの教え技でおいかぜを覚えるポケモンも多いですしねー

お互いが追い風を持っている戦いだと、追い風を後出しすることで相手の追い風を実質無効化したり、
相手の追い風が切れたときに逆転のチャンスが生まれたり、となかなか熱い展開が繰り広げられました!

今回の対戦では出会いませんでしたが、トリックルームを使われるとマイナス効果にしかならないので、
トリックルームを使ってくるパーティには対策は必要ですね…

こっちもトリックルームを使うとか、封印や挑発で封じるとか、ほえる・ふきとばし・ドラゴンテールで発動する前に交代させちゃうとか、
フリーフォールやねこだましで発動を遅らせるとかー

ともかくダブルトリプルは、こうした素早さによる駆け引きがとくに楽しくて印象に残っています


今回私が使ったポケモンは、いちいち初めから育てる時間もないので、
多くのポケモンはシングル用に育てたポケモンを、ちょっと技を変えて使い回しました
これでも結構戦ってくれましたね!一部紹介すると

 カイリキー
カイリキーアイコン

ワイドガード役
ダブルトリプルでは、全体攻撃が強力なのでそれを防いでくれるワイドガードは便利です
使うタイミングが重要になりますけど、うまく相手の全体攻撃にあわせられれば一発逆転も狙えます
それでなくてもカイリキーは、素で結構硬いし爆裂パンチが強力なのでダブルトリプルでも活躍してくれました

 ピジョット
ピジョットアイコン

おいかぜ役
まあトリプルでピジョットを出せば、さすがに分り易すぎるw
素早さに努力値を振らなくても、追い風を使えばかなり素早くなれるので、その分耐久力を高くできていい感じ
ブレイブバードは強力なうえ端から端に攻撃できるので、置く場所を選ばないのも便利でした

ついでにこれは憶測なのですが、
ダブルトリプルは炎や水の全体攻撃が強力なのが影響しているのか、
飛行タイプに強い岩や鋼タイプのポケモンがあまり出てこず、
飛行タイプの攻撃が通りやすい印象がありました

ただし岩雪崩がよくつかわれるので弱点を突かれやすい感じもしましたがw

  ワタッコ
ワタッコ

いかりのこな役
「このゆびとまれ」と同じ効果を持ついかりのこなを覚えるようになったので、
さっそく覚えさせて使ってみました。
トリプルバトルでワタッコを端においていかりのこなを使えば、
真ん中のポケモンへのねこだましなどの攻撃を防げるのでこっちの思惑通りの攻撃を出しやすかったですね

ただし、トリプルバトルでは相手の反対の端のポケモンの技は吸い寄せられないので注意!
また、BWではねこだましと優先度が同じになるので、
素早さで負けるとねこだましは吸い寄せられないのも気を付けないといけませんね
ねこだまし強化されすぎ…

これらのことを知らずにちょっと痛い目を見た場面もありましたorz

  フーディン
フーディンアイコン

ダブルバトル用
BWで「サイコショック」という、特殊攻撃なのに相手の防御でダメージが決まるちょっと変わった技を習得可能になりました。

つまりは、特殊型でありながらこの技を使うことで二刀流型にすることが可能!
サイコキネシスとこのサイコショック、あとはエスパーに強いタイプに対抗するきあいだまとシャドーボールで、攻撃範囲に隙がすくなくなる!
さらにこだわりメガネを持たせて、ダブルバトルでとなりのポケモンに手助けを使ってもらうことで、
広範囲のポケモンを先に一匹落とすことができる!

とまあ頭の中ではこんな感じに考えていたのですが、現実はそう上手くいかずw
上の作戦で攻撃力的には倒せるポケモンは多いですけど、
先鋒にはきあいのタスキを持っているポケモンも多く、
耐久力はあって無いようなものなので、一匹倒しても相手のとなりのポケモンに倒されたり
気合玉を盛大にハズして、反撃をくらって何もできずに退場、という最悪のパターンもw

フーディン自体は決して弱いポケモンでは無いはずなのですが、(精神力ならねこだましも効かないしね)
ちょっと作戦が荒削り過ぎでしたね

タブンネ
タブンネアイコン

今回の対戦会で唯一新しく育てたポケモン
ダブルトリプルで役に立つ技を多く覚えるので、今回の対戦会がタブンネの本領!
…と意気込んで育ててみたはいいものの、私にはまだちょっと難易度が高かったかもw

今回はトリックルームとおさきにどうぞを組み合わせてみました
トリックルームで鈍速のポケモンを有利にさせつつ、
お先にどうぞを使うことで、素早さの高いポケモンでもトリックルーム下で動けるようにするのを狙ったのですが、
どうも上手く働く場面が少なかった…

でもこれは組み合わせるポケモンにもよるはず。
サポート役だからこそ、組み合わせるポケモンがより重要になってくることを実感しました

タブンネは他にもシンプルビームや癒しのはどうといった、ダブルトリプルで使えそうな技を色々覚えるので、
今回の経験を活かして今度はもっとうまく使ってみせるぞー!


さ~て、次回の対戦会はー?(サザエさん風に)

シングル・ローテーションバトルで行いまーす
開催日時は、12月25日(土)

ええ、クリスマスです

それではまた会いましょう~

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

【 2010/12/12 12:22 】

| ポケモン雑記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。