スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
対戦会休止のお知らせ
しばらくなんの更新もなしにしてすいませんでした。

久しぶりの更新でこんなことを書くのも心苦しいのですが、
しばらくの間対戦会を休止いたします。

再開の予定は今のところ決めていませんが、ポケモンの新作がでたりして環境が変わったりなどすれば、
様子を見てまたやるかもしれません。

対戦会以外の記事更新は、気が向いたらするかも…うーんどうかな

それではー
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

【 2011/01/30 18:56 】

| ポケモンBW | コメント(4) | トラックバック(0) |
トリプルバトル・ローテーションバトルについて
次回の対戦会は、トリプルバトル・ローテーションバトルで行う予定ということで、
今回はちょっとこれらのルールの基本的なところを説明しまーす
私もまだまだわからない部分が多いですが、今わかっているところだけでも書いていきます

トリプルバトル

トリプルバトルは、お互いに、場に3匹のポケモンを出して戦います。
手持ちは6匹!つまり、場に出しているのが3匹、控えが3匹の状態でスタート!

基本的にはダブルバトルにさらに一匹加えたという感じなのですが、
ダブルバトルとの違いは、ポケモンの位置によって技の届く範囲が違うことと、
「ムーブ」を選択し、ポケモンの位置を入れ替えることができることです

技が届く範囲について
簡単に言うと、反対側の端にいるポケモンに技が届きません。
たとえばこちら側の左側にいるポケモンは、こちらから見て右側にいるポケモンに、相手・味方問わず技を使うことができないんですねー
これは吹雪や地震といった複数のポケモンに効果のある技でも同様で、例えばこちらの左側のポケモンが地震をくりだしたら、自分と相手の真ん中のポケモンと、こちらから見て相手の左側のポケモンが地震のダメージをうけることになります。
さらにこの効果の範囲は、特性の威嚇についても同じ!

<例:ポケモンの技が届く範囲>
● ● ●
|/     端のポケモンの場合
○-○ ○

●  ●  ●
  \|/   真ん中のポケモンの場合
○-○-○  (どこにでも届く)


逆を言えば、真ん中にいるポケモンは、どのポケモンにも技を繰り出すことができ、またどのポケモンからも技をうけてしまうということがいえますね。
相手全体に効果のある技も、真ん中のポケモンが使えば3匹全員に攻撃できて強力!(ただし地震などは自分の両端のポケモンにも効いてしまいますが)
トリプルバトルにおいて、真ん中は重要なポジションになりそうです

ムーブについて
トリプルバトルでは、技と交換のほかに、ムーブというコマンドで、端と真ん中のポケモンの位置を交換することができます。
これをうまく使えば、相手の攻撃を身代わりになって受けたりできるかもしれませんね!
ムーブを選択できるのは端にいるポケモンで、真ん中にいるポケモンはムーブを選択することはできません。

ムーブは交換と違い、ポケモンの素早さの順に行われます。
素早さの順番によっては、真ん中のポケモンが技を繰り出した後に、端のポケモンと位置を入れ替えたりすることができますね

真ん中のポケモンがムーブされた後に技を使った場合、技が届く範囲はそのときの位置で決まります。
例えば真ん中のポケモンが吹雪を選択し、ムーブで左端に移ったあとに吹雪を繰り出した場合、
相手の右端のポケモンに吹雪は届きません。
また、例えば真ん中のポケモンが相手の右端のポケモンに技を選択していて、
こちらも左側のポケモンとムーブしたあとに技を繰り出すと、技は届かず失敗してしまいます

トリプルバトルで便利そうな技
トリプルバトルで有効に使えそうな技をざっとあげていきます

・ワイドガード・ファストガード
BWでの新技~
ワイドガードは、使ったターンに味方を全体攻撃から守ってくれます。
ファストガードは、使ったターンに味方を先制攻撃から守ってくれる~

「まもる」と違い、防げる技は限定されますが、
味方全体に有効なのがポイント!ちなみに端のポケモンが使っても、味方全体を守ることができます
まもるなどのわざと同列のようで、連続で使うと失敗しやすいので過信はできませんが、
この技を使えば、相手の全体攻撃や先制攻撃で簡単にやられない!
でも覚えるポケモンが結構限定されてるのが弱点かw

・おさきにどうぞ
こちらも新技!
おさきにどうぞを使われたポケモンは、そのすぐ後に行動することができます。
素早さの遅いポケモンでも、他のポケモンにこの技を使ってもらうことで活躍できるかも!
ちなみに先制技ではないので、素早さの高いポケモンに覚えさせるといいかもー

・飛行タイプ・はどう系の技
端のポケモンは反対の端に技を使えないのは先ほど説明しましたが、
実は技によっては端から端に技を使うことができてしまいます!
どの技がそうなのかははっきり把握していませんが、
今のとこ確認できたのは、アクロバット、つばめがえし、そらをとぶ、ブレイブバードなどの飛行タイプの技、
それと、あくのはどう、りゅうのはどうでもできました。はどうと名のつく技ができるのかな?
ちなみにしんくうはは無理でしたw


トリプルバトルで基本的なとこはこんなところかな?
あとは皆さんが自分で経験や発見をしてみてください~


ローテーションバトル

さてこちらも新ルール!
ローテーションバトルは、手持ちが4匹、場に3匹ずつポケモンを出して戦います。
これだけだとなんだかトリプルバトルに似ていますが、どちらかというとシングルバトルに似たルール

ローテーションバトルの基本的な流れは、ターンごとに、お互いに一匹のポケモンに技を使わせ、相手のポケモンを先に全滅させたほうが勝ちー
これはシングルバトルと同じですが、シングルバトルと違うところは、
場に出ている3匹の中から、どのポケモンが先頭に出て技を使うか毎ターン選べることです
相手の技を受けるのも、そのターンに技を使ったポケモンになります。

シングルバトルは別のポケモンの技を使いたい場合は、一度交換にターンを消費しないといけませんでしたが、
ローテーションバトルではその手間がない!

ぶっちゃけると、毎回3匹の内どのポケモンが技を使うのかお互いにわからないので、
シングルバトルよりじゃんけん要素がつよくなる感じですね。
場に出ている3匹のポケモンはお互いに見えるので、どのポケモンがどの技を使ってくるか読みきれ!

ポケモンの交換について
最初の状態だと手持ちが四匹で、場に出ているのが3匹、控えが1匹いるので、シングルバトルとおなじく控えと「こうかん」もちゃんとできます。
ただし、こうかんできるのはそのターンに先頭にいたポケモン
場に出ている3匹のうち、後ろにいるポケモンを交換したかったら、
一度技を使って前に出てからでないとできないことになりますねー
シングルとちがってこうかんのリスクが高いのも、ローテーションバトルの特徴です

ローテーションバトルの仕様についてあれこれ
ちょっと気になりどころをチョイスして紹介~
やったことないと謎な部分多すぎるしね…

・全体攻撃は先頭のポケモンにだけ当たる
技を使うポケモンを毎回選べるということ以外は、基本的にシングルと同じ方式になるようですね。
地震やなみのりなどを使っても、技を受けるのは相手の先頭にいるポケモンだけですー

・ローテーションによって、ポケモンの能力変化は戻らない
「交換」と違い、ローテーションで後ろに回ってもポケモンの能力変化は解除されません
例えばオーバーヒートを使って下がったとくこうもそのままなので、
ローテーションバトルで能力が下がる技はリスクが高くなりますねー
逆に上がった能力もそのままなので、生かせる場面が多くなるかもしれません。

そのほか、混乱や金縛り、挑発いちゃもんアンコール…といった交換で解除されるわざも、
ローテーションでは解除されません。
こだわりスカーフなどの持ち物を持っていた場合も、一度技を使ったら交換するまで一つの技しか使えないのでご注意を~

・先頭に出たときだけターンがカウントされる
じゃあ、効果にターン数の制限がある技とか、毒といった毎ターン効果のある状態はどうなるのさ!?
という疑問が生まれてきますが、
これは先頭にいるときだけカウントされ、後ろにいるときにはカウントされないようです。
例えば3ターン後に瀕死になってしまう滅びの歌を受けた場合、
先頭にでて技を使ったときだけカウントが減っていき、後ろ側にいるときにはひとまずカウントが止まるようです。
毒なども、後ろにいてもどんどんHPが減っていくなんてことはないのでご安心をw

・まきびし・どくびし・ステルスロック
こちらはローテーションによっては発動しません。
これで効果あったら強すぎるでしょうしねーw
交換によって発動するの通常通りー

・いかく
特性いかくは、ポケモンを場に出したときとくせいが威嚇のポケモンが先頭にいないと発動しないようですね
ローテーションしてもいかくは発動しません
てもちの並び順にご注意を

・ねこだまし
こちらは、「初めて先頭に出たターン」という条件なら、ローテーションしても成功ー
場に出てからターンが経過していても、初めて先頭に出たという条件なら大丈夫です


今のところわかっているのはこんなところです
細かいところは私もこれから実験してみますが、こちらも皆さんが自分で新たな発見をしてみてくださいね!


トリプルバトルとローテーションバトルについての説明はこんな感じー
説明不足なところも多々あると思われますが、習うより慣れろともいいますので、みんなでレッツバトル!(^0^)/

対戦会であいましょう~
あ、対戦会の参加者募集はもうちょっとしたら行いますのでお待ちください~

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

【 2010/11/10 00:00 】

| ポケモンBW | コメント(0) | トラックバック(0) |
第一回 ポケモンBW対戦会 あとがき
みなさん先週の対戦会おつかれさまでしたー!
初めてのポケモBWでの対戦会、新しい刺激もおおく私も時間いっぱい楽しめました!
改めてありがとう~♪

ちなみに私が対戦した中でよく出会ったBWの新ポケモンは、
コジョンド、ブルンゲル、サザンドラ、ローブシン、ズルズキン、チラチーノあたりでした。
特に目立ったのはブルンゲル、これが大量発生でしたw

私のパーティがブルンゲルに決定打を与えられるポケモンがいなかったというのもありますが、
無効・抵抗タイプが多くて、接触技とか関係なく攻撃技を時々封じるのろわれボディに加えて
どくどくやねっとうによる焼けどにしつつ自己再生で粘られると厳しかったですーー;
何か対策しとかないと/(^o^)\
ブルンゲル
こわいブルンゲルこわい

私が育てたBWのポケモンのなかではジャローダを育てましたー
ちょっと紹介

ジャローダ
NN:ジャロロロ♂
性格:臆病 努力値;HP・素早さ 持ち物:ひかりのねんど
技:リーフストーム リフレクター 光の壁 やどりぎの種


今まで耐久力のあるポケモンは素早さが今ひとつな種族が多かったですが、
ジャローダは珍しく素早さがかなり高めでかつ耐久よりのステータス。
さらに、光の壁とリフレクターを同時の覚えられ、先制でこれらの技を使えばかなり硬くなる!

ですがそれ以外がちょっと見劣りしちゃいますね
防御力をアップさせる技はそろっていますが、光合成のような回復技もなければ、
攻撃技も草タイプの技以外はほとんど覚えない、とちょっと残念。
リーフストームも草タイプが弱点のポケモンがいれば役に立つ程度ー

サポートタイプと割り切れば結構縁の下の力持ちになってくれますね!
壁をはって攻撃力のあるポケモンで暴れたり、逆に耐久力のあるポケモンでじわじわ責めたり
組み合わせを考えるのが楽しいポケモンになりましたー


次回の対戦会は、来週土曜日、11月13日に行う予定です
そして次の対戦会は、BWでの新ルール、トリプルバトルとローテーションバトルをメインでやりたいと思います!
トリプルバトルはあんまりやっていないのでまだこれからという感じですが、
ローテーションバトルは基本的なルールさえ覚えれば面白いルールで個人的にはオススメ!

まだ未経験で不安な方もいらっしゃると思うので、
それぞれの基本的なルールや要素を、わかる範囲で後に記事にして載せたいと思います~
あとBWのプレイ日記もちょっとでも書かないとなぁ…;

それでは!

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

【 2010/11/04 20:11 】

| ポケモンBW | コメント(15) | トラックバック(0) |
ポケモンBW Wi-Fi対戦までの流れ
対戦会を始めるに当たって、一応BWでのWi-Fi対戦のやり方をちょっと詳しく載せておこうとおもいます。
基本的にはプラチナ・HGSSと同じ仕様となっているので、そちらをやったことある人は改めてみる必要もないのですが、初めての人は何かとわからない部分もあると思うので念のためー。
対戦会のテンプレにも入れられるしね!

1.ともだちコードを登録する
Wi-Fiを使って通信対戦を行うには、まず通信する相手とともだちコードをお互いに登録しなければいけません。
ともだちコードの登録は、バッグの大切なものの中にある、「ともだちてちょう」を使って行います

ともだちてちょうは、ゲームをある程度進めると手に入ります

ともだちてちょう
「つかう」を選択。間違って「とうろく」を選ばないようにw

ともだちてちょうを使うと出てくるのが下のメニュー画面

ともだちてちょうメニュー画面

「ともだちリストをみる」は、コードを登録したともだちのリストや、対戦や交換した数を見ることができます
「ともだちコードを登録」は、その名のとおり相手のともだちコードを登録するときに選択
「○○(自分の名前)のともだちコード」は、自分のともだちコードを確認できます。
通信する相手にも、自分のともだちコードを間登録してもらいましょう

相手のともだちコードを登録するには、真ん中を選択ー
まず相手の名前を決めますが、これは必ずしも相手がゲームで使っている名前でなくてもいいので、
自分にわかりやすい名前にしましょう。

名前を決めたらコードとうろく。
タッチで相手のともだちコードを間違えないよう気をつけながら、登録しましょうー


コード登録
↑写真は適当に打ってますー

これで相手も自分のともだちコードを登録したら、じゅんびオッケー!

2.Wi-Fiクラブに入る
コードを登録した人とWi-Fi通信をするためには、ポケモンセンターの二階からWi-Fiクラブに入ります。
DSをWi-Fi通信できるようにしておき、ポケモンセンター二階の真ん中のお姉さんに話しかけましょう

ポケセン二階

Wi-Fiクラブは部屋のような空間になっていて、ここでポケモンの対戦や交換を行います。
コードを登録した相手がWi-Fiクラブに入っていれば、トレーナーのアイコンとして見えます。

まずは、相手とお話しする場合を除いてはボイスチャットをOFFにしておきましょう。
ボイスチャットをOFFにしないで対戦すると、こっちの声がDSのマイクを通じて相手に聞こえちゃう!
ボイスチャットをOFFにするには、Xボタンを押します、

ポイチャOFF
入ったときはボイスチャットが有効になっているので、
OFFにするのを忘れないように


3、対戦を募集、申し込みをする
ポケモン対戦を始めるには、どちらかが対戦を募集し、片方が募集に申し込む形になります。
相手が募集している場合は、相手のアイコンがぴょんぴょん飛び跳ねます。
募集の内容が対戦か交換化は、した画面を見るとわかる!

アイコンに話しか、ルールを確認したら対戦開始!

対戦募集
下画面。対戦の募集だと、モンスターボールが激突するマーク

逆にこちらから対戦を募集する場合は、部屋の奥のモニターに話しかけます
そして「対戦」を選択

対戦

対戦を選択し、対戦ルールを設定!
対戦形式、対戦ルールと、ミラクルシュータのありなしを選択ー
下の写真はシングルバトルでの例。間違いがなければ決定を選択。対戦の募集が開始され、相手が申し込んでくれば対戦開始です!

対戦ルール

ちなみに、ここで上手くつながらないとエラーになって通信が途切れたりします。
回線に相性があったりするようで、特定の相手と上手くいきにくい場合があったりします
何度も募集ともうしこみを繰り返せばそのうちつながることも結構あるのであきらめるな!

4.対戦開始まで
対戦で使用するポケモンは、手持ちかバトルボックスを選択することができます。
あらかじめポケモンセンターのパソコンで、バトルボックスに対戦に出すポケモンを移動しておくといいでしょう
シングル用、ダブル用のパーティというふうに、対戦ごとに使い分けるのもいいですね

選択

手持ちかバトルボックスかをきめると、いよいよバトル本番
BWでは、お互いに6匹のポケモンを見せ合い、バトルに参加させるポケモンを決める見せ合い方式になっています。
上画面の相手のパーティを見ながら、より有利に戦えそうなポケモンを選択しましょう

画像 098
シングルの場合は3匹選択します

バトルに出すポケモンを選択したら、いよいよ対戦開始!
熱いバトルを楽しみましょう!

バトル開始!

細かいところが抜けているかもしれませんが、大体こんな感じですー
DSのWi-Fi通信の設定などについては、私はあんまり知識がないのでほかの詳しく載っているサイトを調べてもらえればと思いますーー;

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

【 2010/10/20 19:45 】

| ポケモンBW | コメント(4) | トラックバック(2) |
ポケモンBWプレイ日記22
アララギ博士にライブキャスターで呼ばれて4番道路のライモンシティ側のゲートへ

アララギ博士のプレゼント

…何かよく分かりませんが、いきなりハイパーボールをもらいました。
それを渡すとさっさと去ってしまうアララギ博士。
わざわざそのために呼び出したの?

アララギ博士がいってしまうと、チェレンが意外な告白をし始めました
アララギ博士が3人にポケモン図鑑を渡したのは、3人のママが、
世界を見せたいとアララギ博士にたのんだのんで、旅をさせるためにだったんだそうです!
アララギ博士も、3人のママの代わりに主人公たちのことを旅先で見守ってあげたいんだと…

ふーむ、それでちょっとでも手助けしたいとこのボールを渡したのかもしれませんねー
なるほど、それなら図鑑を渡した理由も納得できる。
ポケモンのすべてを記録するという大事な役目を丸投げにするオーキド博士とは一味違いますね!

育て屋

ちょっと心があったまったところで、ゲートをぬけライモンシティへ入ると、ここでもプラズマ団が悪事を働いていました
絡まれているのはおじいさん。なんと育て屋のようです!

プラズマ団をちょちょいとやっつけて育て屋のおじいさん、いえいえおじいさまを救出!
するとおじいさまは気前よくじてんしゃをくれました!

そしておじいさまが育て屋に帰ったことで、育て屋にポケモンを二匹預けられるようになり、
ポケモンのタマゴを作ることも可能になりました!
自転車と育て屋で、一気にできることがふえましたね!やったー!

バトルサブウェイ

そしてライモンシティでは、さまざまな施設が所狭しと並んでいます。BW版バトルタワーともいうべきバトルサブウェイに、バトル検定が行えるトライアルハウス、ビッグスタジアムにリトルコート、BWの新要素、ポケモンミュージカルができるミュージカルホールもここ!遊園地にはポケモンジムや観覧車もあって、イベント盛りだくさんです!

バトルサブウェイはやトライアルハウスはシナリオをクリアしたあとにまた寄るとして、
まずは遊園地でのイベントをすませちゃいます!

Nの挑戦状
Nからの挑戦状!

遊園地の観覧車へ向かうと、そこにはNが…!
先ほどのいざこざで逃げたプラズマ団を、観覧車に乗って探そうといわれ、
一緒に観覧車に乗り込みます。

ところが、ここでNが、自分はプラズマ団の王様であることを告白を!
チャンピオンを越え、すべてのポケモンを解放させるという目的を、大胆にも主人公に話します。
そしてジムバッチを集め、自分をとめて見せろと主人公に挑戦状を突きつけます!

Nがプラズマ団の王である事実、そして主人公への挑戦状とも言えるべき発言!
ジムバッジを集めるたびも中盤に差し掛かり、物語もいよいよ深いところに入ってきましたね…!
でも、Nはなぜ主人公にこうもこだわってくるのでしょう…?まだまだなぞは多いですね!

次回は4つ目のジム、ライモンジムに挑戦!

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

【 2010/10/12 22:55 】

| ポケモンBW | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。