スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
その22 アゲハント を育ててみた
アゲハント
旅立ちのとき

今日はアゲハントについて書こうと思います。
私が育てたバトル用ポケモンの中で唯一の虫ポケモン…
そして、実は初めて努力値を意識して育てたポケモンでもあります。

NN:エアリアル♀
特性:むしのしらせ
性格:うっかりや
持ち物:気合のタスキ
技:サイコキネシス エナジーボール 虫のさざめき 吹き飛ばし
ステ: HP 132
   攻撃 89
   防御 60
   特攻 148
   特防 54
   素早 117


ステータスはLV50時のもの
努力値は特攻・素早さ振り
ちなみに「エアリアル」とは空気の妖精のこと
こんなニックネームをつけるとは、昔は私も若かった…

『革命の波を受けて』
このアゲハントは、私がGBAで育てた数少ないポケモンの一匹です。それも、初めて「努力値」を意識して育てた記念すべきポケモンでもあります。なぜ色々なポケモンがいる中で、アゲハントを最初に選んだのか…と聞かれると、なんてことはなく、弱いからその分ちゃんと育てておぎなおーということだったりします^^;。
しかしアゲハントは、とにかく防御力が低い。ちょっとした攻撃で一発でやられてしまいます。そしてGBA時代だと攻撃技も乏しく、なんとなく覚えそうな眠り粉も覚えないという、同じちょうちょポケモンのバタフリーに比べるとどうも冷遇され気味な雰囲気がありました。私も育てては見たものの、そのときは「気合のハチマキで持ちこたえて虫の知らせ発動!銀色の風が急所に当たって相手を倒しつつ追加効果で能力アップすればウハウハ(゚∀゚)!!」とか非現実的な妄想をするにとどまっていたと思います。

アゲハント&バタフリー
派手さだけなら負けないぜ

しかし時は流れて、ダイヤモンドパールでバトルが革命的に変化しました。特に強力な攻撃技と道具の大量追加はいままでマイナー気味だったポケモンにさまざまなプラス効果を与え、アゲハントもその影響を強く受けた一匹だと思います。
まずは攻撃技。いままではすべて物理だった虫タイプの攻撃技でしたが、ダイヤモンドパールで技ごとに物理・特殊が分かれ特殊の虫タイプの攻撃技が登場しました。これにより、アゲハントの長所である特攻の高さを生かす戦い方がしやすくなりました。しかも、今までアゲハントが覚えられる中で最強の虫タイプ技だった「銀色の風」の1.5倍の威力を誇る、新技「虫のさざめき」を覚えられるようになったのです。これはかなりのプラス効果でしょう。
そして、新アイテム「気合のタスキ」の登場。これをアゲハントに持たせることにより、今まで一撃でやられてしまったところを一回耐えられるようになったばかりでなく、HPが少ないときに発動する特性「むしのしらせ」を簡単に発動させられるようになりました。とくに防御力が低いアゲハントなら、一撃でやられてしまう攻撃を受けやすいです。防御力が低いことが、ある意味ではメリットとなったわけですね。これで、アゲハントはかなり使えるようになったはず!だったんですが・・・。

『ピンポイントアタッカー』
「ついに時を越えて、アゲハントが大活躍するときが来た!」
…と意気込んでバトルに参戦させては見たんですが…うーん、いまいち使いづらいイメージをぬぐいきれない自分がいる…。何がそう感じさせるかと考えてみると、まずは攻撃力が足りないことでしょうか。確かに虫の知らせ+虫のさざめきはなかなかの高威力になります。しかし、弱点を突かずに相手を一撃で倒すまでには至らない場合が多い。アゲハントはそれなりに素早さが高そうに見えて、実は全然高くないので、相手の攻撃を受けて虫のさざめきの一撃をくわえても、倒せなければ次のターンにはやられてしまうことになります。気合のタスキを消費して繰り出す一度だけの攻撃なので、そのリスクを負っての攻撃としてはやはり物足りなさを感じてしまいます。またほかのタイプの攻撃技も、弱点を突くと考えてもやはり一撃で倒せることは期待できません。つまり、低い素早さと防御力に見合うだけの攻撃力が感じられなかったことが、使いづらさの原因でしょうか。
しかし、それでも使っているうちにいくつかの長所を発見することも出来ました。まず、むしのさざめきは、弱点さえ突ければかなりの破壊力になるということ。特にエスパータイプのポケモンには効果は覿面。エスパータイプの弱点は、虫のほかにはゴースト・悪タイプになりますが、この2タイプは攻撃技の威力があまり高くはないので、エスパータイプのポケモンの弱点を突いても、致命傷には至らないことも多いです。それに対し、虫のさざめきは特性虫の知らせが発動することを考えるとかなりの高威力。普段一撃では倒しきれない相手を倒してくれたりもします。たとえばヤドラン。うまく攻撃を受けつつ前に出せればしめたもの。もしそこで特防をあげられても、吹き飛ばしてしまえばその場を凌げます。ミュウツーを一撃で倒したりしてしまう場面もあります。あまり出会う機会は少ないものの、セレビィやダーテングなどにも強いですね。

アゲハントのむしのさざめ
私だって、やればできるんだからぁ!

きまったー!
オマww蝶がさざめくとかwww

それと、地面タイプの技を無効化できるのもメリットですね。アゲハントはタイプ半減の攻撃でも、半分以上ダメージを受けてしまうことも多いので交代受けには向いていません。何より、少しでもダメージを受けてしまうとタスキを無効にしてしまいますからね。その点地面タイプの技は、ダメージを受けないのでタスキも無駄にせず安全に出すことが出来ます。特に、草タイプの技に弱い地面・水タイプのポケモンや、岩・地面タイプのポケモンに対して地面技をかわしつつ交代で出せれば理想的ですね。このように、かなり場面を選ぶものの、ピンポイントなところで大活躍してくれることもあります。

交代
このターンで相手の選択は地震…!

アゲハントのエナジーボール
アゲハント、かわしてエナジーボール!

こうかはばつぐんだ!
まあここまですんなり決まることはあまりないですけど^^;

しかしながら、活躍できる場がピンポイントなこともあり、逆にたいした活躍が出来ないまま退場してしまうこともよくあります。それよりもまず、見せ合いの時点でアゲハントを選ぶのに非常に勇気がいるところです。本当に「ここぞ」というときにしか参戦させられないです。初めて本格的に育成したポケモンということもあり、もっとうまく使いこなせて上げたいところなのですが…。
しかし、どんなポケモンも使いこなしてこそ真に優れたトレーナーと言えるものです。アゲハントも、チームワークや心理戦を活用すれば、もっともっと活躍させることが可能なはずです。というわけで、私とアゲハントの修行のたびは続く。つづくったら続く。

[> TO BE CONTINUE

活躍するときも、出番は一瞬…!
見逃さないよう、よーくご覧になってください

スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2007/10/19 22:02 】

| ポケモンレポート | コメント(23) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。