スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ポケモン実験レポート その2「いちゃもん」
ドクロッグのいちゃもん
ノモセ大湿原にて

今回は、ポケモンの技「いちゃもん」についていくつか実験してみたいと思います。
前々から面白い技だなと思っていたのですが、詳しい効果が分からなかったのでいままで使うのを避けていました。今回の実験で技の効果がはっきりすると共に、新しい使い方が思いつくかもしれません。今からちょっと楽しみです。
さて、この「いちゃもん」の効果をとある攻略本で調べてみると…

いちゃもん:相手が同じ技を二度続けて出せないようにする

なるほど、シンプルで分かりやすい効果ですねぇ。でも、ちょっと待てよ・・・この技の効果持続範囲は?ほかの技の効果と重なった場合どーなるの?
色々疑問が浮かんできますねぇ。というわけで、その辺を中心に実験してみました。


実験1:技の持続範囲

技の持続範囲とは、要するに、その技がどのくらいまでなら効果が続くのか、ということです。
たとえば、「挑発」は効果が続くターンが2~4ターンと決まっていますし、「メロメロ」はターン数は決まっていませんが、どちらかのポケモンが交代することで効果が消えます。
いちゃもんの場合はどうなのでしょうか。まずはターン数から。いちゃもんをかけて相手の様子を伺います。2・・・3・・・4・・・まだ続きます。挑発よりはターン数が長いようですね。5・・・6・・・7・・・おお、まだ続くようですね。8・・・9・・・10・・・一向にいちゃもんの効果が解ける気配はありません。
うーん、これはどうやら、ターン数に関しては永続になるようです。これは、状況によっては強力な技になるかも!?
ちなみに、いちゃもんを使ったポケモンが交代しても効果は続きました。いちゃもんをかけられた側が交代したり倒れた場合は、もちろん効果は解けましたけどね。

結論:いちゃもんはかけられた側が交代するまで効果が続く


実験2:いちゃもん状態でバトンタッチしてみる

○(いちゃもん)   ●(バトンタッチ)

前回の実験で、いちゃもんは普通の交代ではこうかが消えることが分かりましたが、それならいちゃもんを受けた状態でバトンタッチするとどうなるのでしょうか。実験前は、きっといちゃもんの効果が引き継がれるんだろうな、と思っていたのですが・・・結果は、普通に行動することが出来、いちゃもんの効果は消えていることが分かりました。バトンタッチはどんな効果も引き継ぐわけではないようですね。

結論:いちゃもんはバトンタッチによって引き継がれない


実験3:身代わりにいちゃもん

○(いちゃもん)   ●(身代わり状態)

さまざまな変化技を防ぐみがわりですが、いちゃもんに対してはどうでしょうか。これは結果が分かりやすい。いちゃもんは身代わりに阻まれることなく、相手をいちゃもん状態にすることが出来ました。

結論:いちゃもんは身代わりで防げない


実験4:先制でいちゃもんを使ってみる

○(いちゃもん)   ●(前のターンで使った技)

相手より先にいちゃもんをつかい、相手が前のターンと同じ技を選択していた場合、いちゃもんの効果で技が出せなくなる?と考えました。
結果は、相手は普通に技を出すことが出来ました。いちゃもんの効果が発動するのは、あくまでいちゃもんを受けた次のターンから、ということのようです。

結論:いちゃもんで相手の技は防げない


実験5:いちゃもんとアンコールを重ねてみる

○(いちゃもん→アンコール)   ●(身代わり)

同じ技を出せなくするいちゃもんですが、それなら、同じ技しか出せなくなるアンコールを同時に受けるとそのポケモンはどうなるのでしょうか。いちゃもんをかけた後、交代してほかのポケモンでアンコールをしてもらってみました。すると、これはちょっと面白い結果になりましたね。いちゃもんとアンコールを同時に受けた相手は、アンコールされた技と悪あがきを交互に出すことになりました。悪あがきになるターンは、アンコールを受けた次のターンから。ちなみにこだわりスカーフなどの、同じ技しか出せなくなる道具を持っていた場合にも、同様の結果となりました。

結論:いちゃもんとアンコールが重なると、技と悪あがきを交互に出す

おんみょ~んのわるあがき!
攻撃したり、悪あがきしたり、いそがしぃ~

メロメロになった
あ、ついでに悪あがきは接触技ということがわかりました


実験6:いちゃもんと混乱やメロメロを重ねてみる

いちゃもん状態で、例えば混乱やメロメロで技が出せなかった場合、次のターンで同じ技が選択できないのでしょうか?実験してみたところ、前のターンで技を出せなかった場合は同じ技を選択することが出来るようです。前に「出した」技というところがポイントになるようですね。

結論:技を出せなかった場合、同じ技を選択可能


実験7:いちゃもん中に溜め技、反動技を使ってみる

実験1○(いちゃもん)   ●(ソーラービーム→ソーラービーム)
実験2○(いちゃもん)   ●(ブラストバーン→ブラストバーン)

いちゃもん中にソーラービームなどの、一ターン溜める技や、破壊光線などの次のターン動けなくなる技を続けて使うとどうなるだろう。
結果は、実験1では続けてソーラービームを使うことが出来ず、実験2では、続けてブラストバーンを選択することが出来た。

結論:溜め技は連続使用不可、反動技は連続使用可


いま思いつくところではこんなところです。もしほかに気になるところがあったら、追加実験してみようと思います。
しかし、いちゃもんがターン無制限ということを知れたのは収穫ですね。相手の最後の一匹に使うと強力そうです。また、ほかのポケモンでアンコールやスカーフトリックなどと組み合わせるとまた相乗効果が得られそうですね。
いちゃもんの対象としては、アタッカーなどに特に効果がありそうです。アタッカーは常に相手に的確な攻撃を仕掛けることが強みなので、その自由を奪われることは辛いはず。逆に補助技をメインに使う相手には、効果が薄そうです。それらのポケモンは、さまざまな技を使い分けることで戦いますからね。
いちゃもんを使う側としては、この技で相手の行動の隙を誘って回復や能力を上げる技を使うとよさそうですね。「守る」との相性もよさそうです。
また実際に使ったことのない技なので、実戦での効果は未知数ですが、そこはこれから試してみたいと思います。

では、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2007/12/04 23:36 】

| 実験 | コメント(10) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。