スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
第3回DS対戦会 あとがき
みなさん昨日の対戦会お疲れ様でした~。
個人的には結構楽しめた試合が多い対戦会でしたよ。
勝率?10戦以上やって合計2勝しかできませんでしたけどね\(^o^)/
途中でどう考えても勝ち目がなくなってしまった時には、早々に降参させてもらいました。気を悪くされた方がいたらごめんなさい。

今回の対戦会では、自分なりに新しい発見があったりしたんですが、DSでは対戦が記録できないのが辛いところです(やろうと思えば出来ないこともないんでしょうけどね・・・)。
というわけで、記憶が薄れないうちに、自分のパーティのネタバラシおよび対戦で気がついたことなどを、要点をかいつまんでこの場を借りて書いておこう思います。
今回ダブルバトルも混じった対戦会でしたが、シングルのほうはパーティメンバーを最後まで変えないでやってみました。それがこの3匹。

先鋒:エルレイド
エルレイドアイコン

NN:しらぎく
性格:なまいき
努力値:HP・防御
道具:たべのこし
技:サイコカッター ドレインパンチ 光の壁 鬼火


いわゆる両受け型。
サーナイトと同時進行で育てました。性格が生意気なのは、サーナイトでもエルレイドでも育てられるように、という理由です。
先鋒に出しておけば、とりあえずはいきなりやられることは少ない。努力値を防御に振って、意外な固さを見せてのカウンター鬼火は結構決まりやすいです。ただし、命中するかどうかは運。
ちなみにこのパーティでは一番攻撃力がある重要な攻撃要員でもあります。

 トリデプス
トリデプスアイコン

NN:てつのたて
性格:しんちょう
努力値:HP・特防
道具:ヨプの実
技:眠る(途中でほえるに変えました) ステルスロック 挑発 メタルバースト

強いところは強いけど、脆いところは脆い大胆なタイプ相性が特徴。このトリデプスをどう使うかが、今回のパーティの鍵となったと思います。
自身に攻撃力はまったくなく、ほかのポケモンで鬼火や宿木の種をまいた後に出せればグッド。交代を誘いつつのステルスロックもなかなか使えます。
そしてメタルバーストを使うタイミングが特に重要。すかせば相手にメタルバーストを警戒されてしまうし(そこを先読みして行動することも出来ますが)、決まっても、その後はトリデプスは使い物にならなくなってしまいます。
ちなみにこのトリデプスは、HPが満タンに近い状態なら、エンペルトのハイドロポンプに耐え、ヨプの実でゴウカザルのインファイトに耐えます。ギリギリ耐えつつメタルバーストを撃つのが理想ですが、でも実際には、相手が攻撃力強化アイテムを持っていたり、相手が砂パでトリデプスの特防があがってしまったために落とし損ねたなんてこともあって、やっぱり机上論のダメージ計算は当てになりませんね・・・。


  ワタッコ
ワタッコアイコン
NN:ななくさ
性格:おくびょう
努力値:HP・特防
道具:オボンの実
技:ギガドレイン 宿木の種 光合成(途中で痺れ粉に変えました アンコール


トリデプスの弱点となる地面・格闘・水タイプをすべて受けてくれる頼りになる縁の下。それらのタイプの技を受けつつ登場し、そのままアンコールで縛ることも可能。そして交代を誘って宿木の種や痺れ粉をまく、のパターンにはお世話になりました。
あらかじめトリデプスでステルスロックを出しておければ、交代を誘う効果はさらに有効になりますね。
相手が能力アップ技をアンコールされて、もったいながって居座るときは、トリデプスに交換、挑発で悪あがきをさせたり、ほえるで無効化させたり、といった連係プレイもできます。
トリデプスとの相性は抜群、という感じでした。

アイコン提供:ポケ書


何がしたくてこのパーティを組んだのかというと、それはただひとつ「読み合いがしたい!」
ポケモンバトルに何を望むかは人それぞれですけど、やはりどちらかが一方的なバトルになってしまってはつまらない。私が望むのは、読み合いの火花がバチバチと飛び交い、最後の一ターンまで気が抜けないようなあつーいバトルです。勝ち負けに拘らず、勝負が終わった後にお互いが笑顔で握手できるような気持ちになれれば最高ですね(相手がどう思っているかは分かりませんが^^;)。
そんな願いを込めて編成したのが今回のパーティ。
パッとみて分かるとおり、攻撃力は全体を通してかなり低いです。そのかわり、防御面では結構堅めにし、タイプ関係や技構成などを、それぞれが連係プレイしやすいように考えて編成しました。
一匹だけで見てみると、その戦闘能力は低いことが分かると思います。高い攻撃力があるわけでもなく、能力アップ技があるわけでもなく、安定した回復技があるわけでもありません。これらのポケモンは、3匹そろうことで本当の力を発揮するのです。
しかしのその力を十分に出すために重要になるのが「読み」の部分。例えば、トリデプスとワタッコは交代をいれればほとんどのタイプの攻撃を受けることが出来ますが、逆にそれぞれのポケモンの弱点も多い。交代を読まれて、交代先のポケモンが弱点を突かれてしまう、ということにもなりかねません。しかし逆に交代読みをさらに読むことが出来れば、また反撃のチャンスが生まれる・・・とまあ、バトルをうまく運ぶためには、「読み合い」を成功させることが必要になるわけですね。
それに加え、このパーティは攻撃力はなく、鬼火、宿木の種、ステルスロックなどを使ってジワジワと相手のHPを削るのが主な戦い方になります。それに引き換え、一歩間違えると相手から大ダメージを受けて一気に致命傷になる可能性も・・・連係プレイすることが前提なので、一匹でも不意に倒れてしまうと、取り返しがつかないことにもなります。とまあ、そう考えると結構マゾいパーティだったりもしますねw
そのかわり、最初の目的どおり、バトルの内容は読み合いの連続。それにこちらから読み合いを仕掛けているという姿勢になりますので、読み合い自体での勝率は結構よかったんじゃないかと思います(もちろんいきなりまずい展開になってさっさと勝負が決まってしまった試合もありますけど(´・ω・`))。
でもまあ重要なところで思い通りにならなかったりして、結局このパーティで勝てたのは一回だけだったりします\(^o^)/ 読み合いが楽しかったら結構満足はしてますが、もっと精進せねば!

それと、次回の対戦会はバトレボで行うんですが、予定日はゴールデンウィークの後を考えています。
なぜゴールデンウィーク中ではないのかというと、
「ゴールデウンウィークはゲームやってないで外出ようぜ、外!」
という意味を込めて。
本音のところは、私がゴールデンウィークに予定を立てちゃったからなんですけど^^;
普段忙しくてゲームやる暇がないという人はごめんなさいorz
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2008/04/27 17:50 】

| ポケモンレポート | コメント(15) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。