スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
その35 マタドガス を育ててみた
マタドガス
ドガース進化の瞬間


今回はマタドガスについて書こうと思います。
初代ポケットモンスターのサイクリングロードで、暴走族が次々に繰り出すマタドガスをダグトリオの穴を掘るでバタバタ倒していたのも、今では懐かしい思い出・・・


マタドガスアイコン
NN:Xウイルス
特性:ふゆう
性格:のんき
持ち物:たべのこし
技:いちゃもん 大文字 守る ヘドロ爆弾
ステ: HP 171
   攻撃 98
   防御 189
   特攻 94
   特防 79
   素早 71
  アイコン提供:ポケ書

ステータスはLV50時のもの
努力値はHP・防御振り
くろいヘドロが欲しい今日この頃


『受けの役割』
攻撃中心のポケモンは、主に物理攻撃を主力とした物理アタッカーと、特殊攻撃を主力とした特殊アタッカーが存在しますが、逆に防御力の高いポケモンを育てる際にも、「物理受け」と「特殊受け」という概念がしばしば使われます。
「物理受け」は、その名のとおり防御を高く育て物理攻撃に対して強くするポケモンをいい、「特殊受け」もまた特防を高くして特殊攻撃に強くしているポケモンのことをそう呼びます。
この「物理受け」「特殊受け」は、相手から攻撃を受けることを前提とした戦法をとる場合が多く、ポケモンバトルを有利に進めるうえで重要な役割を担っていると私は考えています。
まず考えられる役割は、相手のアタッカーに幅広く対応する役割ですね。早い素早さで強力な攻撃を仕掛けてくる相手のアタッカーは非常に驚異的な存在。ですが、相手を一撃で倒したりすることを前提としていて、防御力や柔軟性がないがしろにされていることが多いので、一撃で倒しきれずに反撃を食らったり、相手にガードを固められて決定打を与えられない場合、結構脆いという弱点があります。その弱点をついて戦うのが「受け」の主な戦法になり、アタッカーを返り討ちにするのが主な役目です。
もう一つの役割は、味方の弱点を補完する役割です。
ポケモンには多くの場合ポケモンのタイプ、覚えている技、道具や特性などから来る相性の良し悪しがあり、個々のポケモンがその相性をひっくり返すことは容易ではありません。もし相性の悪いポケモンと出くわしてしまった場合、手軽に回避する方法としては、ポケモンを交換して相手に有利なポケモンを出す事が考えられます。しかしここで注意しなければならないのは、ポケモンを交換することによって、相手に一回行動する隙を与えてしまうということ。ポケモンの交換は、相手のポケモンが繰り出す技より先の行うことが出来るので、相手が攻撃を仕掛けてきた場合、交換先のポケモンが相手の攻撃を受けることになります。せっかく有利なポケモンに交換したのに、もしその一撃で致命傷を受けてしまったのなら何にもなりません。そこで、交換先のポケモンは相手の攻撃が「こうかはいまひとつ」になるようなポケモンだったり、防御力が高くてダメージを受けにくいポケモンであることが理想的になるのですね。
相手から攻撃を受けることを前提とした「受け」のポケモンにはその理想がぴったりとはまります。

ナッシーvsリザードン
さあバトル開始・・・
げげっ、これはいきなり相性が悪い!


みんな炎に弱い
ここは炎に強いポケモンに交換して~
あれ、いない・・・・・・


ナマズンの登場です
持っててよかったナマズン!
こちらはよい例



『物理受けの代表格』
今回紹介するマタドガスは、受けの中でも「物理受け」に適役といわれています。その理由は、まずなんといってもその防御力の高さ。もともと高いうえに、防御をとことん高くなるように育てれば、物理攻撃に対しては相当な頑丈さを見せてくれるでしょう。
そして次に、タイプと特性も大きな理由でしょう。毒タイプは弱点が地面とエスパーの2種類しかなく、弱点を突かれにくいので毒タイプのポケモンは安定した防御力を発揮しやすい特徴があります。さらにマタドガスの場合、特性浮遊により地面タイプの技が無効ですので、実質マタドガスの弱点はエスパータイプのみ。また、エスパータイプの技は特殊のサイコキネシスが圧倒的メジャーで、物理のエスパータイプ技もサイコカッターがありますが、覚えるポケモンが少なく威力もあまり高くないので、マタドガスは物理攻撃で弱点を突かれることはほとんどありません。さらに、マタドガスはメジャーな物理攻撃である格闘タイプの技が効果は今ひとつ。地面も浮遊で無効です。地面・格闘タイプが弱点のポケモンは多いので、逆にそれらのタイプの技を受けつつマタドガスが登場するチャンスを増やせるというものです。
また、マタドガスは近作から「鬼火」を覚えることが可能になりました。もともと高い防御力に加え、相手を火傷状態にすることが出来れば、物理攻撃に対してはまさに鉄壁の防御。同時に物理アタッカーの攻撃力を著しく奪えるので、味方のポケモンが戦いやすい状況を作ることにも繋がります。
まさに、マタドガスは物理受けに適した能力の持ち主、代表格といえるポケモンなのですね。

マタドガスの鬼火
鬼火でさんざん相手の攻撃力を奪い

マタドガスの大爆発
役目を終えたら派手に散ってもらいます

『いちゃもんの威力?』
私はそれまで純粋な毒タイプのポケモンを育てたことが無いこともあり、毒タイプのポケモンの代表的存在であるマタドガスを育てようと考えました。当然物理受けにすることを視野に入れて育て方を考えたのですが、やっぱりどうせ育てるなら、ちょっとほかには無い変わった育て方もしてみたいものです。よく見かけるマタドガスは、やはり鬼火で物理アタッカーの攻撃力を奪いつつ、大文字や10万ボルトで責めていくタイプ。体力が減ってきたら痛みわけでHPを奪ったり、役割を終えたら大爆発でドカンといく作戦も同時に使われますね。
しかし、私にはちょっと試してみたい技がありました。その技とは「いちゃもん」。いちゃもんを受けタポケモンは、同じ技を続けて使うことが出来なくなる、というちょっと変わった効果のある技なんですが、ちょうどそのころこのブログでいちゃもんの効果を実験したこともあり、今度は使い心地や有用性を実戦で試してみたいと思っていたのです。
ちなみにその実験の記事はこちら→実験レポート「いちゃもん」
ただでさえ大ダメージを与えにくいマタドガスなので、いちゃもんを使うことでさらに相手の動きを制限することが出来たなら、結構強力な組み合わせになるんじゃないかな、と私は考えたのですね。
また、いちゃもんは「まもる」との相性もよさそうです。もしいちゃもんをかけた状態で、相手の的確な攻撃をまもるで防ぐことが出来たら、ますます活躍することが出来そうです。持ち物も食べ残しを持たせれば、回復量を増やすこともできるので、相乗効果は抜群です。
残り二つの技枠には、マタドガスのメインウェポンになって3割で毒にする効果もおいしい「ヘドロ爆弾」と、毒タイプの攻撃が無効になってしまう鋼タイプの弱点を突くための「大文字」を選択。ギャラドスなどと戦うことも考えて、どちらかの技を10万ボルトに変えるのもひとつの手ですね。
とりあえずこれで完成したいちゃもん型マタドガス。いちゃもんの実用性に特に期待が高まります。

『味方と協力すると、なお強力』
さっそく実戦に投入して、実験的に何度か戦ってみました。
率直な感想をいいますと、うん、これはなかなか面白い戦いが出来ますね!いちゃもんをかけることに成功すると、ちょっとした読み合いに発展させ、バトルをかき回すことが出来ます。弱点を突こうとする相手と、それを守ろうとする私。それならば先に違う技を出しておいて、と考えそうなところを読んで攻撃するかしないか・・・という風に、ちょっと頭をひねることになりますが、それがまた楽しい!地味ながら、相手の行動の制限力は侮れないと感じました。上手く相手の攻撃を守るだけで、次のターンにはもれなく隙が生まれることになりますからね。
また意外なところでは、マタドガスの性質上交代読みのいちゃもんが決まりやすいところに気がつきました。うえのほうで書いたとおり、物理受けの役割をになうマタドガスは物理アタッカーの前に交代で登場することが多いのですが、やはり鬼火を警戒してでしょうか。その次のターンには、相手が交換することが多いのです。そこで、ここぞとばかりにいちゃもんを選択してやれば、リスクを受けずに相手をいちゃもん状態にすることが出来ます。いちゃもんは、基本的に効かないポケモンは存在しないので、交換先のポケモンがどんなポケモンであろうと、確実にいちゃもん状態にすることが出来ます。そのため、交換読みで繰り出すわざとしては、非常に適しているといえますね。
さらに私は、今回いちゃもんを使うことを考え、いちゃもんの効果をより助長する手段として、パーティにスカーフトリックやアンコールを覚えるポケモンも一緒に参戦させました。いちゃもんとこだわりスカーフ・アンコールの効果を同時に受けると、そのポケモンは技と悪あがきを交互に繰り出さなければいけなくなります。このコンボも、実戦でなかなか強力なコンボとして働いてくれました。特にスカーフトリックは、一度成功するとそのポケモンをバトルの間ずっと縛ることが出来るので、後にマタドガスを活躍させやすくするには適役です。相手がはじめからこだわりスカーフを持っていたりした場面もあり、それらのポケモンには、いちゃもんは恐怖となったでしょうね。
アンコールも、攻撃技を防がれて相手が仕方なしに変化技を使ってきたところで交代→アンコールを決めちゃいます。

マタドガスのいちゃもん
マタドガスのいちゃもん!
なのを言っているかは各自のご想像で


ムウマージの仕方ない瞑想
これは違う技を出さざるを得ない・・・

フーディンのアンコール
そこを狙って交代→アンコール!

というわけで、意外に使えますよ、いちゃもん!これからは、ほかのポケモンを育てる際にも積極的に覚えさせていきたいですね。その技の性質上、素早さの高いポケモンに覚えさせることにあまり意味はないので、覚えさせるなら防御力のあるポケモンがよさそうです。
ただしいちゃもんを使う上で気をつけたいのが、やはりいちゃもんを使うことで相手に一ターン隙を与えてしまう可能性でしょう。基本的にこの技は、使った次のターンから効果を発揮するので、交代するポケモンに使ったりする以外は、始めに無償で相手に一回技を使わせてしまうことになります。その技が、致命的なダメージを受けるようなものだったら、せっかくいちゃもんしてもあまり効果はありません。後続には繋げられますが・・・
またいちゃもんが成功しても、相手が交換してしまうとその効果は無くなってしまうので、いちゃもんを使って得をするかしないかの判断が重要になりそうです。

それでも地味なイメージとは裏腹に、いちゃもんは意外に強力な技になる可能性を感じることが出来ました。これからも、いちゃもん以外にも色々な技の可能性を試していきたいです。


前半


後半
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2008/05/28 23:53 】

| ポケモンレポート | コメント(14) | トラックバック(0) |
ポケモン牧場 マグマッグ
最近気温も上がってきて、ちょっと暑くなってきました。
もう春は過ぎて、初夏の到来という感じです。

そんなわけで!

今回は、あっつあつのポケモン、マグマッグだらけの牧場を作ってみました!

あっつあつ牧場
とても・・・暑いです・・・・・・

少し前に、マグカルゴ育成にあたってたくさんのマグマッグを孵化したのですが、いつもなら、ボックスを圧迫するのでそのほとんどを逃がしてしまいます。でも今はポケモン牧場があるので、孵化したポケモンをかたっぱしから牧場に送って鑑賞する楽しみ方ができるので、2度お得!
さっそく孵化したマグマッグをかたっぱしから牧場送りにしました。マグマッグだけだとちょっと寂しいので、ハードマウンテンでマグカルゴも大量捕獲。これだけいれば、ポケモンのタマゴも孵るのが早まるのを通り越して、ゆで卵になってしまいそうだw
ちなみに、写真でオレンジっぽいのがマグマッグ、赤っぽいやつがマグカルゴです。

マグカルゴ
色だけじゃなく、顔の形もちょっと違うんだみょ~ん

マグマッグ・マグカルゴを牧場に転送し終え、さあ鑑賞するぞ!と意気込んだところで、問題発生。
今回は100匹くらい孵化したので、牧場も相当潤うだろう・・・という期待をしたのですが、なにか散漫な感じがする・・・。
というのも、原因は牧場の広さにあります。ポケモン牧場は、ある一定の数のポケモンを預けることにより、牧場主のユカリが翌日に牧場を広くしていきます。牧場が広くなれば、預けられるポケモンも増えるのではじめのうちはよいのですが、牧場が広くなり続けていくと、自分の好きなポケモンがひしめいている理想の牧場を作るうえでは障害になります。牧場の面積に対して預けているポケモンの数が少ないと、やはりポケモン同士が離れて散り散りになってしまうので、寂しい感じになってしまうのですね。
ならば、その分頑張って大量に捕まえたりタマゴを孵化させたりすればよいと思うかもしれませんが、預けられる最大数の半分くらい預けると、ユカリが牧場を広くしてしまうので、いたちごっこ。きりがありません。
しかも、牧場が広くなるのは拒否することも出来なければもとの広さに戻すことも出来ません。これが、私が今のポケモン牧場に対して変えてもらいたい最大の部分ですね。
私の牧場もかなり広くなってしまい、最大1000匹預けられるようになったので、100匹やそのくらいでは牧場の広さを埋めるには全然足りません。
牧場内のポケモンたちは、同じ進化系に属しているポケモン同士集まるという習性があるので、待っていればマグマッグ同士が集まってそれなりにボリューム感が出てくるのかもしれませんが、なにしろマグマッグ・マグカルゴは移動が遅い。ナメクジ、カタツムリをモチーフにしたポケモンでしょうから、当然といえば当然なんですが・・・。
ああ、それでは私の理想とする、マグマッグがひしめき合っている牧場を作るのは不可能なんでしょうか・・・?

しかし!そのポケモン牧場の欠点を補える可能性のある道具があります。それが、「リーダーのはた」と呼ばれるポケモン牧場のおもちゃ。

リーダーのはた
お馴染みモンスターボール印

この旗をMiiが持つと、旗の一振りでそのMiiが管理しているポケモンたちがMiiの周りに整列します。
このときの移動は、ポケモンの種族に関係なく非常にスピーディ。マグマッグを管理しているMiiがこの旗を持つことで、一瞬にしてマグマッグを集合させることが出来るというわけですね。

みんな~あつまれ~
みんな~ あつまれ~

ズザザザザ!
ズザザザザザザザザ!!

集合したポケモンは、Miiの周りにきれいな円を作り、一緒に移動します。このときは、ポケモンをこちらに振り向かせる「よびかけ」コマンドを押しても微動だにしません。ちょっと傷つくんだがw

円を作るポケモン達
はい、よくできました。はなまる!

大移動
そしてみんなで大移動

ここで、中心となるMiiをつかむと、リーダーのはたモードが解除されます。そして、牧場のポケモンはつかんだものに対して近寄るという習性があるので、これで憧れのマグマッグでひしめき合う牧場を実現することが出来るというわけです。

ニコニコ^^
ニコニコ^^ ニコニコ^^
マグマッグたちも嬉しそうです


ひしめき合うマグマッグ
つかんだポケモンによってくるマグマッグ達
これはちょっとひしめき合いすぎ?


嫌われ者
そのままナマズンをつかむと・・・

ちなみにこのポケモン牧場、1000匹預けることでミュウをもらえるらしいので、頑張って1000匹集めたら、一度リセットして牧場の大きさを元に戻したいと考えています。牧場は、沢山預けた状態で終了することで広さが変わるので、ポケモンを預ける→鑑賞する→終了する前に、DSに戻す。の手順で牧場の広さを維持できそうです。
それともいっそのこと、Wiiをもう一台買ってポケモン保存用と観賞用に使い分けようかwとか考えちゃったりもしてしまいます。まあそこまでやるとやりすぎな感がありますが^^;私にとってポケモン牧場は、そんな気にさえさせてくれる魅力のあるゲームだと思うのです。

テーマ:みんなのポケモン牧場 - ジャンル:ゲーム

【 2008/05/23 22:10 】

| ポケモン牧場 | コメント(14) | トラックバック(0) |
ハネッコ→ポポッコ→ワタッコ
ハネッコポポッコワタッコ
         風にのって・・・・

少し前では黄色いかわいい花を咲かせていたたんぽぽも、今ではすっかり綿毛になってしまいました(日当たりの悪いところだとまだ見れますけど)。
道端に、力強く咲くタンポポを見ていると、ちょっとだけ勇気をもらえたような気がしました。
また来年花を咲かせてくださいね。

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2008/05/19 21:40 】

| ラクガキ | コメント(9) | トラックバック(0) |
第3回バトレボ対戦会 あとがき
皆さん昨日の対戦会はお疲れ様でした&ありがとうございました~。
私は遅れて9時くらいからの参加となったんですけど、終了時間までがあっという間という感じでした。
参加者全員の半分の人とも対戦できなかったこともあり、まだまだやり足りない気持ちでしたよ。
それと、連絡用スレではじめネタぎれさんのコードを間違えて写してしまいました。ご迷惑をおかけしてすいませんm(_ _)m

それでは、今回も私が対戦で使ったポケモンのネタバレを含め、感想を書いておきたいと思います。
途中少しメンバーチェンジしたこともありましたが、メインで使った6匹はこちらのポケモン達

  ナマズン
ナマズンアイコン
NN:ほへと 性格:なまいき 努力値:HP・特防 道具:先制の爪
技:地震 波乗り ど忘れ 冷凍ビーム


 マグカルゴ
マグカルゴアイコン
NN:ヒードラン 性格:のんき 努力値:HP・防御 道具:ヨプの実
技:噴煙 原始の力 リフレクター 自己再生


  ワタッコ
ワタッコアイコン
NN:ななくさ 性格:臆病 努力値:HP・特防 道具:たべのこし
技:ギガドレイン 宿木の種 しびれ粉 アンコール


 ムウマージ
ムウマージアイコン
NN:おばば 性格:臆病 努力値:素早さ・特攻 持ち物:ナモの実
技:シャドーボール 10万ボルト 挑発 道連れ


 エルレイド
エルレイドアイコン
NN:いちもんじ 性格:ようき 努力値:攻撃・素早さ 持ち物:こだわりスカーフ
技:インファイト リーフブレード リフレクター サイコカッター


 ミミロップ
ミミロップアイコン
NN:ダンディ 性格:しんちょう 努力値:HP・特防 道具:なし
技:恩返し 電光石火 ミラーコート マジックコート


アイコン提供:ポケ書


『マグカルゴの秘めたる力?』
今回何が一番やりたかったのかというと、「マグカルゴを使ってみたかった!!」これに尽きます。
素早さや攻撃力の低さに加え、その弱点の多さからネタ扱いされがちですが、冷静になって考えてみると、マグカルゴの持つポテンシャルはなかなか侮れないことに気づくはずです。
まずはなんといっても、その高い防御力と特性「ほのおのからだ」の組み合わせ。ほのおのからだは、直接攻撃を受けると3割の確立で相手を火傷状態にする特性です。ご存知のとおり、火傷常態になると攻撃力が半減するうえに、体力をジワジワと奪われます。物理アタッカーに対しては非常に有効な状態異常なのですが、普通相手を火傷状態にするには鬼火を使うところを、マグカルゴの場合は上手くいくと技を使用しなくても、相手から攻撃を受けるだけで火傷状態にできる可能性があります。弱点の多いマグカルゴですが、ほかのポケモンから交代で攻撃を受けたりすることで、上手くいけばほぼ無償で相手を焼けど状態にさせることが出来るかもしれないんですね。相手の攻撃力が半減してしまえば、持ち前の防御力で弱点を受けても持ちこたえることが出来るはずですし、こちらから攻撃せずともあいての体力は勝手に減っていくので、その隙にリフレクターを張ったり能力アップしつつ自己再生で回復してさらに鉄壁の守りを気づくことも可能なはずです。
さらに、マグカルゴはレベルアップで手軽に「ふんえん」を覚えることが出来ます。この技も、3割の確立で相手を火傷状態にする追加効果があるので、ほのおのからだで火傷させられなくても、こちらの技を使うことで、攻撃しつつ火傷状態を狙うことが出来るわけですね。
「3割り」というと、ちょっと低くて頼りない数字に見えますが、3割りでも2回挑戦すれば単純計算で成功率51%、3回目なら約65%%になり、十分に狙える確率です。挑戦する回数が増えればそれだけ相手を火傷にさせられる可能性が増えるので、マグカルゴを使って戦う場合は、なるべく交換が多くなるようなバトルになるよううながしてやれば、なおよいですね。
そこで登場するのが、前回のDS対戦会でも活躍したワタッコ。
やはりマグカルゴの弱点である水・地面・格闘を受けつつアンコ-ルで縛ったり交代読み宿木の種をまいたり出来ます。ワタッコの弱点である氷は、マグカルゴで受けられてお互いに助け合えますね。氷タイプの技を覚えているポケモンには水タイプが多く、氷技をマグカルゴで受けても次で水タイプの技を繰り出される可能性があるのですが、そこでまたワタッコに交換、アンコールしちゃうパターンが想定できます。もちろん読まれる可能性もあります。氷・水タイプは2匹にそれぞれ抵抗がありながら同時に4倍弱点でもあるので、かなり(一方的に)ハラハラした読み合いが展開できそうですねw
もうひとつ、マグカルゴとワタッコは岩タイプの技が共通の弱点になってしまうので、岩に強い地面タイプのナマズンと、岩タイプに強く決定力不足を補ってくれるエルレイドを入れました。ムウマージは地面・格闘を無効化しつつ挑発道連れで耐久ポケ崩し。ミミロップは対特殊アタッカーとして投入。
この辺はあんまり深く考えてませんw

『足りないもの、それは・・・運』
というわけでこのパーティで対戦会に出場してきました。
今回の対戦会で印象的だったのは、マグカルゴ使用者がいように多かったというところw
いや、ホントに多かったんですよ。私が出会っただけでも3人ですよ!?私も含めて4人。もしかしたら、ほかにも使っていた人がいたのかも・・・。これはなにか見えない力が働いたのか。
まあその辺からも分かるとおり、今回個性的なパーティを使ってくれた人が多かったように感じます。また個性的な戦法を見せてくれる人もいたりして、参考になったりもしましたよ^o^

それで私のパーティの使用感のほうはどうだったのかというと、なによりやっぱりワタッコが楽しすぎる!アンコールを狙う私、それをさせまいと交換する相手、それを読み宿木の種しびれ粉をまく私・・・!という風に、かなり熱い読み合いをすることが出来ました。ワタッコは食べ残しもちなので、ダメージを受けてもお互いに交換を繰り返しているうちにHPが元に戻ります。さらに、交換戦を展開させることでマグカルゴが攻撃を受ける回数、噴煙を使うチャンスを増やし、相手を火傷状態にしていくことでジワジワと戦力を削っていく・・・という作戦だったのですが、なぜか、何回やってもやけどになってくれない。
直接攻撃だけで、少なくとも10回以上は受けました(たぶん)。それに噴煙だって結構撃ってます。でも、今回の対戦会を通して、相手を火傷状態に出来た回数は、たったの1回・・・!
確率が高くなるといっても、所詮確率は確率。成功しないときはまったく成功しないということですね、トホホ。
それに技構成も、噴煙意外は特に深く考えないで決めたので、まだまだ改良の余地がありそうです。なにより、火傷状態になってくれないと攻撃力不足。この努力値振りなら、最初から割り切って鬼火を覚えさせちゃってもいいかもしれません。挑発に弱くなってしまいますがw

そんなわけで、今回はマグカルゴに目立った活躍をさせて上げられませんでした。でもまだ努力値だけを振り終えたマグカルゴが5匹くらい残っているので、色々な育て方を試しつつマグカルゴのよいところを見つけて生きたいと思います。

.

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2008/05/18 23:56 】

| ポケモン雑記 | コメント(15) | トラックバック(0) |
第3回 バトレボ対戦会連絡用スレ
今回も多数の参加ありがとうございます(^o^)/。
参加人数が26人以上になったようなので、予告したとおり2グループに分かれていただきますね。
参加者は、自分がいるグループの人のコードを、(なるべく)全員登録してください。
ちなみに私は両方のグループに入ることにします。
それと、もしフレンドコード枠に余裕があったらほかのグループの人を登録してもかまいませんが(^_^;)自分のグループは優先的に登録してくださいね。

Aグループ
2363-1034-0571 ポビット(リリア)
4940-4405-3142 ロコ(ビッパー)
1289-8413-9540 リンゴ(白海)
1976-9028-3001  ゴッド(ゴッド)
3480-1090-3731 にっしー(あくしあ)
1676-1437-2849 ラピス(ラビス)
1289-6984-3846 @レイ(レイ)
2792-9089-0800 るい(イト)
1203-6852-9053 リーナ(レリア)
0130-0995-2093 ダン(バンザイ)
0860-4043-2166 @レンピカ(レンピカ)
4338 9816 6995 レノクレ(レノクレ)
1375 7990 6416 @タカユキ(タカユキ)
1375-4991-6117 とりかご(むしかご)
0130-1430-8502 マグナス(レッドx3)
4811-5832-1527 ゆうや(ミヤ)←追記

Bグループ
2363-1034-0571 ポビット(リリア)
0645-5017-7386 だいすけ(だいすけ)
3566-0795-4986 おかべ
2792-9909-0349 がく
2620-7936-4777 クロノス(poy)
1676-3321-0801 ワムウ(ジョセフ)
0129-8696-1177 けんじ(木月)
1246-5247-9129 カツヤ(シアン)
4682-8916-9458 ネタぎれ(霊パ)←コード訂正
3394-2030-2117 K.MAT(K.MAT)
0731ー2291ー6663 yone (フレディ)
0645-3085-3850 N・パッチ(N・パッチ)
3136-7426-6419 しん(しん)←コード訂正
0216-1073-1523 きみかず(@クスフ)
1031-8320-0098 @ライブ(ライブ)
0473-4960-4118 たいち←追記

それでは予定通り、8時になったら始められる人は始めちゃってください
いつもどおりチャットも設置しておきますので、雑談したり、感想を語りたい人はお越しくださいませ~
対戦用チャットに入る

.

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2008/05/17 19:37 】

| お知らせ | コメント(13) | トラックバック(0) |
その34 リザードン を育ててみたその2
超久しぶりにポケモンレポートを書きます。今回はリザードン。
リザードンは以前にも一度書きましたが、違う育て方をした別のリザードンです。なのでタイトルも「その2」がつきます。
なにやらネタ切れ感が漂っているわけですがw、面白いと思ったポケモンは種族に拘らず紹介していきますよ~。

NN:サンドラー
特性:もうか
性格:おくびょう
持ち物:カムラのみ
技:ブラストバーン エアスラッシュ 火炎放射 身代わり
ステ: HP 152
   攻撃 82
   防御 97
   特攻 160
   特防 103
   素早 165


ステータスはLV50時のもの
努力値は特攻・素早さ振り
CD売り場でCDにブラバンと書かれてあって、
「ああ、ブラストバーンのことね」とか思った私は病気


『必殺技があってもいいじゃないか』
ポケモンはシリーズを重ねるごとにポケモンや技の種類も増えていき、それにともなってその戦略性も非常に深く多彩なものになっていきました。それでいてバランスが崩れていないのがポケモンバトルのすごいところで、強力な技やコンボも存在しながら、同時にそれに対抗する手段も必ず用意されています。そのためポケモンバトルを楽しむ人たちそれぞれが、自分の戦い方で戦えるすばらしいシステムになっているわけですね。
そんなポケモンバトルを、私も楽しんでプレイしているのですが、ただちょっとだけ不満があります。
その不満とは、「必殺技分が足りない!!」
そう、なんというかこういざというときに「どか~ん!」とやれるような要素が欲しいんですよね。もちろん、今でも威力の高い技やコンボはあるわけですが、どれも「必殺技」という感じには足りないです。
私が考える「必殺技」とは、

・最初からは使えない。ある程度のリスクを超えて、ピンチの時に初めて使えるようになる
・乱発はできない。使い切りか、使うことでもリスクを負う技でなければならない。
・もちろんその威力は絶大である。

この辺の条件をクリアしている技でなければなりません。
「自爆」や「大爆発」は確かにリスキーでいざというときじゃないと使えませんが、自分も倒れてしまうのでは必殺技としては格好がつきません。
オーバーヒートや流星群は、技にリスクはありますが普通にいきなり使えるし、交換すれば再利用も可能ですしねぇ・・・。

フワライドの大爆発!
それでは皆さんさようならー!!
これじゃ自分にも必殺技だ


ほかに必殺技に相当しそうな技は・・・おお、あるじゃないか!
そう、私が目をつけた技は、冒険で最初に選べる3匹のポケモン(以下御三家)だけが覚えられる技、ハードプラント、ブラストバーン、ハイドロカノンの3種(以下究極技)。
使った後は反動で動けないリスキーさ。それに加え、御三家は特性がすべて、ピンチになるとそれぞれのタイプの技の威力が上がるというもの。真の威力を発揮するにはピンチ出なければいけないわけですね。これぞ必殺技と呼ばれるために生まれてきた技に違いない!
というわけで私は、歴代御三家のなかでも特に必殺技が似合いそうなリザードンにブラストバーンを覚えさせて育てることにしたのでした。

『リスクがあったら消せばいい』
しかしこの究極技、周りの意見を見てみるとすこぶる評判が悪いです。まあ使うと次のターン動けないというリスクを見ると、使ったら次のターンで倒されたり身代わり貼られちゃったり、という悪いパターンを想像しやすいですから、無理も無いことなのでしょうけど。
それに炎タイプや草タイプには、威力も大差なく使い安いオーバーヒートやリーフストームがあるのもその原因でしょう。
では究極技はほかの技に比べて役に立たないのでしょうか?私は必ずしもそうだとは思いません。少なくとも相手がのこり一体のときに止め用としてつかったり、倒れる前の最後の一撃として使うのであれば、反動のリスクを負わずにすみます。それに、上手くいけば交代せずに2発目を撃つこともできるかもしれません。
それでも、やはり反動で動けないのは気になりますますね。でもリスクがあるならそれを消す、もしくは軽減できるような工夫をすればいいことです。しかし、オーバーヒートに白いハーブというように、直接的に反動のリスクを消してくれる技や道具は存在しないようです。
なにか工夫は無いものか・・・とかんがえて、私はピンッとひらめきました

身代わりを出す→ブラストバーンで相手を倒す→反動で動けなくても身代わりが受けてくれる
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ 反動リスク消せるよ!
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)

↑は私が某大型掲示板に投稿したレスなんですが、結構受けましたw

そう、身代わりをうまく使えば、ブラストバーンのリスクを軽減できる可能性があるのですね。相手が身代わりには無効な状態異常技を出してくれたり、交代してくれればしめたものです。それに身代わりは、HPを調節して猛火を発動させるのにも役立つので、ブラストバーンとは相性がよさそうな技です。
でも、ここで問題になるのは相手のポケモンのほうが素早かった場合。上手く身代わりを出せても、相手のほうが素早ければ次のターンでブラストバーンを撃つ前に身代わりを壊されてしまいます。
そこでもう一工夫。リザードンの持ち物をカムラの実にすることで対抗してみました。
理想的な流れは、相手の攻撃でHP半分くらい食らう→身代わりを使う、カムラの実発動、猛火発動→次のターンで先制ブラストバーン、相手を倒す。


身代わり、カムラの実発動
「身代わりバリアー、展開!」
「猛火システム、作動!」
「カムラの実、補給完了です!!」


リザードンのブラストバーン
「「「いま必殺の、ブラストバーン!!」」」


おお、これはなんか必殺技っぽい!このコンボが上手く決まって勝利できたら、かなり気持ちがよさそうだ!それにこの場合、ブラストバーンをもう一発使うことも出来そうですね。

ここまで、技はブラストバーン、身代わり、持ち物はカムラの実と決まり、残りの技は、ブラストバーンと違い安定した炎タイプの技の火炎放射、それと高い素早さを生かした怯み狙いでエアスラッシュを覚えさせました。
これで「ブラストバーン型リザードン」の完成です。

『恐るべき破壊力』
さっそくこのリザードンを実戦投入して戦わせて見ました。ブラストバーンの使い心地も含めて、期待が高まるところです。
さて、その感想をいいますと、さすがリザードンといったところです。ブラストバーンが無くても、普通に特殊アタッカーとしてなかなかの強さを見せてくれました。炎タイプのリザードンは、鋼や草タイプなど、やりづらい相手も一撃で倒してくれたりしますし、また地面タイプが無効、耐性も草、虫は4分の一、炎や格闘なども半分と耐性も多く、ほかのポケモンから交代で受けて反撃、という流れを作り安いポケモンだと感じました。
また防御力も絶妙なところにあるのか、何もしなくても受けたダメージで自動的にカムラの実が発動することが結構多いですね。タイプ不一致の10万ボルトや、ムクホークのブレイブバードなんかにギリギリ耐えてそのままカムラの実が自然発動という感じに。
カムラの実を使うことでほとんどのポケモンに先制できるようになる上、特性猛火で炎の威力が上がり、火炎放射でも相手を倒せるほどになり、非常に強力です。
また炎が効きにくかったり、特防が高い相手に対しても、猛火発動状態で撃つブラストバーンでねじ伏せてしまえたりと、さすが必殺技と見込んだこともあり、威力は十分にありました。
また、火炎放射を見せて、「これなら耐えられる!」と思った相手を、ブラストバーンで意表を突いて倒せてしまう場面もあったりと、意外なところで役に立つ技でしたよ。
身代わりを張った後にブラストバーンを撃つ作戦は、こちらは決まりにくい印象がありました^^;。猛火発動状態なら、火炎放射で事足りる場面も多いし、上手く身代わりが出た状態でブラストバーンで相手を倒せても、次に出てきたポケモンでロックブラストやダブルアタックを受けてしまう・・・ということもあったり。ただ、最後の一発であえてブラストバーンで倒すとなかなか爽快なものがありますw

ぶるぁすとぶわぁぁんがきまったぁ!!
「ぶるぁすとぶわぁぁんがきまったぁ!!」
実況にも力が入ってますね。


ただし、身代わりは単体では大活躍してくれました。相手の状態異常技をかわしたり、交代している間につかったりすればお得なのはもちろんのこと、身代わりでHP調節、カムラの実を発動させ、身代わりを保持したまま次のターンを迎えられるという流れには大変お世話になりました。

結論を言うと、身代わりとのコンボはともかくとして、ブラストバーンは持っておくと痒いところに手が届く、あって損は無い技という印象でしたね。身代わりでカムラの実を発動させるコンボは、ほかのポケモンでも応用が効きそうです。
究極技はまだハードプラントとハイドロカノンが残っているし、こんどはこちらの技でも試してみたいと思います。

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2008/05/15 00:32 】

| ポケモンレポート | コメント(14) | トラックバック(0) |
第3回 バトレボ対戦会
まず始めにお詫びします。
一部コメントなどで、今週末に対戦会を開く予定だったのですが、都合により開けなくなってしまいました。期待していた人がいたら申し訳ありませんでした。

そのかわり、次週の土曜日、5月17日にバトレボ対戦会を開こうと思います。
参加希望者は、この記事のコメントに名前とフレンドコードを書き込んでください。
質問、意見などございましたら、同じくコメントにお願いします。
参加お待ちしておりますね~。

ここから対戦会の詳細

開催日時
5月17日(土) 夜8時~夜0時まで
この時間内なら、途中で参加するも途中で抜けるのも自由です。

対戦会内容
対戦会に参加した人たち同士でてきとうに対戦するイベントです。
特に順位を決めるということもなく、基本的にやることは対戦だけです。
終了時間もありますが、時間内に個人的に抜けるのもOKです。途中に入って一戦だけやって抜ける、というやり方でも、時間いっぱい対戦しまくるのも、休み休みやるのも個人の自由です。
対戦会時にはチャットも設けますが、チャットに参加するかどうかも自由です。

参加方法
参加希望の方は、対戦会開始30分前までに、この記事のコメントに自分の友達コードと名前を書き込んでください。
例:0000-1111-2222 ああああ 
(名前はパス名ではなく、セーブデータで使っているものにしてください)

対戦ルール
・フリーバトルのルールの項目で、以下のルールを設定し、そのルールを使って対戦してください。

 ポケモンレベルのせってい→Lv50フラット
 エントリーするポケモンのかず→3ひき (ダブルの場合は4匹)
 たいせん1かいのせいげんじかん→20ふん
 わざをきめるまでのせいげんじかん→60びょう
 おなじしゅるいのぽけもんをエントリーできる?→できない
 おなじどうぐをもてる?→もてない
 2ひきいじょう「ねむり」にできる?→できない
 2ひきいじょう「こおり」にできる?→できない
 「じばく」「だいばくはつ」でみんな「ひんし」になったら
 わざをだしたがわの まけになる?→はい
 さいごの1ぴきがつかう「ほろびのうた」「みちづれ」は
 かならず しっぱいする?→はい
 いつも おなじダメージをあたえるわざ
 「りゅうのいかり」「ソニックブーム」は
 かならず しっぱいする?→いいえ

・ミュウツー・ミュウ・ルギア・ホウオウ・セレビィ・カイオーガ・グラードン・レックウザ・ジラーチ・デオキシス・ディアルガ・パルキア・ギラティナ・および、図鑑No489以降のポケモンは使用禁止します。
・改造はもちろん禁止


参加人数が26人以上になった場合には、2グループに分かれて対戦してもらいます。
グループを分ける場合には、対戦会30分ほど前にこのブログでお知らせしますので、参加希望の方は、ブログに目を通しておくようお願いいたします。

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2008/05/10 19:19 】

| お知らせ | コメント(31) | トラックバック(0) |
会津旅行
ご無沙汰しておりました~。
皆さんはゴールデンウィークはどのように過ごしたでしょうか?
私は書置きしておいたとおり、ちょっと旅行に行ってきましたよ。
行き先は、福島県の会津方面。
今回の旅行は何年も前からどうしても行きたかった旅行だったりします。

ここからはポケモンとはまったく関係ない話なので、読みたい人だけ下の「続きを読む」をクリックしてください。
続きを読む

テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

【 2008/05/09 00:01 】

| 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) |
かきおき
妖精に会いに行く旅に出ます

             さがさないでください
続きを読む
【 2008/05/02 14:11 】

| 未分類 | コメント(10) | トラックバック(0) |
モンコレ
服とかを買うついでに、イトーヨーカドーのおもちゃ売り場にあるポケモンセンターサテライトを見てきました。
特にじっくり見たのはモンスターコレクション、略してモンコレ。狙いはトリデプス。
以前も探しても見つからなく、まだ発売していなかったそうなので、今回はあるかと期待して探したんですけど、ない、ないない!
・・・やっぱりまだ発売されてないみたいですね。
タテトプスはあるというのに・・・・!
ランパルトもあるというのに!!
さらには、ダイノーズさえあると(ry

ここまでほかのダイパポケモンと比べて発売が先送りされているところを見ると、やっぱり世間一般のトリデプスにたいする人気もそのくらいということなんですかね(´・ω・` )
悔しいので、せめてとおもいダイノーズ買ってきました。

モンコレのダイノーズ


ほかにも、プラマイコンビとチェリム(2匹目)をお買い上げ~。モンコレはついつい買いすぎてしまいそうで怖いです。

ちなみに売り切れになっていたものには、グラードンやボーマンダがありました。ガブリアスにいたっては、3列あるフックがすべて売切れになるほどの人気。
やっぱりちびっこは怪獣やドラゴンが好きなのかもしれませんね~。

あと、カウンターで映画前売り券のポスターを貼ってましたね。
買おうかと思ったけど、DSはもって来ていないのでやめましたw
でもDS持っていても、さすがにちょっと恥ずかしいものがあるよこれは^^;
でもイバンのみは対戦でも重要そうな効果があるから持っておきたい・・・。
悩むw

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2008/05/01 23:01 】

| ポケモン雑記 | コメント(7) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。