スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
第11回DS対戦会 あとがき
みなさん新年最初の対戦会お疲れ様でした~。
皆さん思い思いの「初対戦会」をすごされた事と思われます。

さてわたくしはと言いますと、色々思いついたアイデアを元に実験的なパーティ&戦い方を試してみました。
結果的にうまくいったと感じるところもあり、また反省すべき部分もあったりで収穫は多かったように思います。

ギャラドス(先鋒)
ギャラドスアイコン
NN:フナキング♀
性格:わんぱく 努力値:HP・防御 持ち物:オボンの実
技:挑発 地震 滝登り 電磁波


何かと高い攻撃力というイメージが付きまといますが、ギャラドスは防御性能も半端じゃないと私は考えています。ステータスが高いのはもちろん、半減できるタイプも多く、さらに特性いかくの3段構え。これで高くないはずはないでしょう…。ともあれ今回はこの防御力の高さに注目して育てて見ました。
いかくはギャラドス自身の防御力を高めてくれるとともに、自分の他のポケモンに有利な状況を作るのに便利。半減タイプも多いので、交代で相手の能力を奪いやすいです。そこでいかくを中心に、相手の能力を奪い味方に有利な状況を作る役割をしてもらいました。
この役割は当たりでしたね。交代で簡単にあいての攻撃を下げられるので、味方につなげやすかったです。大弱点の電気タイプの攻撃はロズレイドである程度は受けられますし、岩タイプの攻撃も、タイプが一致していないことがほとんどなので、防御に特化したギャラドスなら大ダメージにはならず、電磁波で逆に自由を奪い、他のポケモンで逆襲できるチャンスを生みます。
ただ、やっぱり攻撃力のほうはからっきしという感じ。電磁波と滝登りのコンボである程度ごまかせますが・・・。地震は使う機会がなかったので、他の技に変えてもいいかもしれません。想定する相手によっては、特殊技を視野に入れてもいいかも。

 ロズレイド
ロズレイドアイコン
NN:バラふじん♀
性格:控えめ 努力値:特攻・素早さ 持ち物:カムラの実
技:花びらの舞 成長 身代わり シャドーボール


花びらの舞で戦うために育ててみました。身代わりと上で書いたギャラドスと協力して、成長で能力を上げるチャンスを作る狙いです。
ギャラドスの苦手な電気タイプの技を受けられ、また同時に自然回復で状態異常を受ける役割ももてるので、交代によるコンビネーションはなかなかのもの。ロズレイドが苦手な炎タイプはギャラドスで受けられますしね。
成長は一回使えば、花びらの舞がリーフストームと同程度の威力に。相手のポケモンや状況によっては成長を2回3回と使える機会も結構あり、思ったより強力。
草タイプの技は半減されやすいものの、一度特攻があがれば花びらの舞を交代で受けきるのは困難になってきます。草タイプを半減できないポケモンの前で使うなど、成長を使うタイミングによっては意外に強力な武器になりました。
ただもちろん、使うタイミングをつかむにいたるまでが難しかったり(むしろ使うまでもなく倒されたり)、また使えても使用後の混乱がかせになるのは避けられませんね。混乱するまで相手にのらりくらりと交わされたりもしますしw
でも強力な威力を持つ攻撃にはこのくらいのリスクはあったほうがゲームとして楽しめます。今回のお気に入りの一匹ですね。

 ミミロップ
ミミロップアイコン
NN:くろうさぎ♂
性格:控えめ 努力値:HP・特攻 持ち物:命の玉
技:破壊光線 10万ボルト うそなき アンコール


特殊型ミミロップってできるのか!と自分に出した課題の答えw
ミミロップは意外といろんな特殊技を覚えられるんですけど、もともとの特攻が低すぎるので無理かな・・・と思っていたんですが、うそなき→破壊光線のコンボで活路を見出しました。
はじめは控えにいてもらい、相手が変化技を使うタイミングを見極め交代で登場、アンコールを仕掛け、相手の交代を誘いうそなきをするチャンスを作ります。
さて命の玉まで持たせて仕掛けるこのコンボ、破壊光線の威力はどのくらいになるのかというと、ノーマルタイプが半減だったり特防特化の相手でもない限り、一撃で倒せると考えていいかと思います。
「うそなきか・・・まあそれでも一発でやられることはないだろう」と油断したところに撃ち込めれば快感ですねw
ただ、いつでもうそなきを仕掛けた状態で相手を迎えられるというわけではもちろんないので、そうなると破壊光線の威力が程よく中途半端。特防をがくっと下げた状態で一撃ということは、逆に言えば素の状態でも半分以上のダメージは保障されるんですが、一撃で倒せることはまずないですね。
落とし損ねた分をうまく回収できるポケモンがいればそれでもかまわないのですが、そこはあまり考えてなかったので落とし損ねたらそれっきりになりがち。
あとうそなきをうまく成功させても、次に相手に交代されるんじゃないかという不安が付きまとうのが厄介でした。交代読みでさらにうそ泣きを選択する、という手もありますが、それじゃきりがないw
残りの一つの技は、私は10万ボルトを選びましたが、これはパーティや自分の好みしだいで選択してもよさそうです。



今回このパーティで一番試してみたかったことは、ちょっと使い辛いそうなポケモンも、パーティの連携と戦い方しだいで十分戦えるレベルになるんじゃなか、ということへの挑戦でした。
結果的には、まあ現実は厳しい・・・という感じでしたが、手ごたえもありましたね。
とりあえず今回のパーティは交代にさまざまな付加効果があったことが役に立ちました。

ギャラドスは交代するだけで相手の攻撃を下げますし、ロズレイドは交代すれば状態異常を回復、ミミロップは交代直後に変化技をアンコールして相手の交代を誘える・・・、と相手の行動をうまく先読みできれば動きやすかったです。

ただ、色々パーティに弱点もありましたね。
まず、特殊型のポケモンが受けられないのが痛かったです。物理型はギャラドスがいれば何とかなる感じなのですが、特殊は受けられるポケモンがいないorz
しかも、それぞれのポケモンは連携することが前提なので、下手に一匹おとされると取り返しがつかなくなったり・・・。
それと、リスキーな戦い方をするポケモンが複数匹入れてしまったのもまずかったかもしれません。とくにロズレイドとミミロップ、どちらも単独で攻めるほうはリスクがあるタイプですからね。
リスキーなタイプは一匹にして、他の2匹はそのリスクを補う役に徹したほうが効率的かもしれません。

それとあと、今回の対戦会ではなぜかエレキブルとブーバーンによく遭遇しました^^;
電気タイプの癖に攻撃技が豊富なエレキブル、炎タイプの癖に10万ボルトが使えるブーバーン、どちらも今回のパーティにピンポイントで天敵・・・。
こういう自分のタイプ外の攻撃技が豊富なタイプは、弱点をつける範囲が広い反面苦手なポケモンに意図も簡単に交代を許してしまうかもしれないリスクもあるのですが、今回の私のパーティには交代しつつ反撃できるポケモンがいなかったので、ストレートに穴になりました。
どんなポケモンがでるかはやってみないとわからないし、すべてのポケモンに対応するのは無理なんですけど、もう少し何かが足りない感じですね・・・

でも工夫次第ではもっとよくなれる、そんな可能性は確実に感じました。


次の対戦会は、来週の土曜日・・・24日ですね。
バトレボの対戦会になりますが、また生中継をやったほうがいいかな^^;
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスタープラチナ - ジャンル:ゲーム

【 2009/01/13 23:42 】

| お知らせ | コメント(16) | トラックバック(1) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。