スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
その36 ワタッコ を育ててみた
ワタッコ
控えにいるだけでイヤラしい~

ひっさしぶりのポケモンレポート!
今回はワタッコについて書こうと思います。
    ○
  Q(^o^)○ ←ワタッコ

ワタッコアイコン
NN:ななくさ
特性:ようりょくそ
性格:おくびょう
持ち物:たべのこし
技:ギガドレイン 宿木の種 痺れ粉 アンコール
ステ: HP 179
   攻撃 59
   防御 90
   特攻 69
   特防 133
   素早 143
  アイコン提供:ポケ書

ステータスはLV50時のもの
努力値はHP・特防振り
最初は素早さをあげてたんですけど
もうちっと防御力が欲しかったので特防振りに変えました



『弱点も長所になる!』
皆さんもご存知の通り、ポケモンはそれぞれ、いつもの半分以下しかダメージを受けない「抵抗タイプ」や、逆に何倍ものダメージを受けてしまう「弱点タイプ」があります。
ポケモンが持つタイプは現在で17種類もあり、さらにポケモンの多くはそれらのタイプを2つあわせ持っていて、これにより非常に複雑な相性関係が形成され、たくさんいるポケモンを個性付ける一つの要素となっています。抵抗のおかげでバトルでは強いイメージを持っていたり、逆に弱点のせいで使いづらいイメージになってしまっているポケモンも数が少なくありません。
そんなわけで、抵抗と弱点はそれぞれを単純に長所・短所と捉えられがちですが、ちょ~っと待ってください。考え方によっては、弱点は一つの長所と考えることが出来るのではないでしょうか!?

ポケモンバトルの基本ルールは、自分のポケモンの技を使って相手のHPを減らし、すべてのポケモンのHPを相手より先にすべて0にすれば勝ちになります。弱点になるタイプの技で攻撃すれば、いつもより多くのダメージを与えられる可能性があり、さらには弱点を突いた攻撃をすることで、一発で相手のポケモンを倒せる場面も少なくありません。そのため、相手の弱点となるタイプの技で攻撃したくなるのはポケモントレーナーからすれば当然の心理。
しかし、ポケモンバトルではポケモンを「交換」することが出来ます。交換は相手のポケモンの技より先に行うことが出来るので、相手の攻撃に抵抗タイプを持つポケモンにうまく交換できれば、あまりダメージを受けなくて済みます。さらに、そのポケモンが相手の弱点になるタイプの技を持っていたら、優勢劣勢をひっくり返せるかもしれません。
このことを利用すると、ポケモンの弱点タイプは、大ダメージを受けて倒されてしまう危険要素である反面、相手の特定のタイプの攻撃を誘う絶好のエサとしての役割もあり、状況を有利にする起点となる可能性を併せ持っている、というわけですね。

『最強のアンコール使い!?』
しかし相手もそう簡単には反撃を許してはくれません。多くのトレーナーは、メインの攻撃に加えその攻撃に抵抗のあるタイプに対して弱点を突けるもうひとつの攻撃技を持たせることで対抗します。よく使われるのは、メインの格闘タイプに抵抗がある飛行やゴーストタイプにダメージを与えられる岩タイプの技を持たせたり、水タイプに抵抗がある草やドラゴンに対し氷タイプの技を持たせる、などが挙げられます。
例えば相手の水タイプの攻撃を、水タイプに抵抗のあるドラゴンタイプのポケモンに交換して受けても、こちらが相手を先に倒すなりしないと次のターンで氷タイプの技で逆に大ダメージを受けてしまいます。
もちろん交換したポケモンが相手のすべての攻撃に対してあまりダメージを受けずに、なおかつこちらが大ダメージを与えられる技を持っているのが理想ではありますが、そうそうおいしい状況をいつでも作れるわけではないのが現実。ある程度のダメージを受けたり、一匹犠牲にしてダメージや状態異常を与え、ほかのポケモンで倒せるようにするなどのリスクを払わなければならないことのほうが圧倒的に多いのです。むしろそれすら出来ずに、相手のポケモンになすすべなく全滅させられる、ということもしばしば起こります(その逆もまた然り、ですが)。

サイドン登場
ランターンの10万ボルトを受けて登場!
次に地震で攻撃するぞー


サイドン退場
ええ、まあ当然そうなりますよね


ならばそういう状況の陥りにくいような、汎用性の高い交換受けの方法はないものでしょうか。オーソドックスな方法としては、弱点タイプが少なく防御力の高いポケモンで受ける、という方法があります。
しかし今回は、ある技を使った交換受けの方法について書いてみます。
その技とは「アンコール」。
アンコールは、相手に最後に使った技しか出せなくする、という効果を持った技ですが、この技を利用して、抵抗のあるタイプの技を交換で受けて次のターンで先にアンコールを使えたとすると、相手がほかに弱点を突ける技を持っていようが関係ない、問答無用で効果が薄い技を出し続けさせることが出来てしまいます。これは交換受けに使えそうだ!
このパターンを実際に決めるためには、1.アンコールを覚える 2.抵抗タイプが多い 3.素早さが高い この三つの要素を持ったポケモンが理想ですが、・・・これがなかなかいない。素早さは高いけど抵抗タイプが少なかったり、抵抗タイプはそれなりに多いけど、素早さが今ひとつ、なポケモンがほとんど。ああ、結局この作戦は絵空事に終わってしまうのか・・・とあきらめかけた瞬間!アンコールを使えるポケモンの中に燦然と輝くひとつの星が!!
そのポケモンはワタッコ。ワタッコならアンコールも覚えられるし、素早さもかなり高い。抵抗タイプも地面タイプ無効に加え、格闘、水、草とメジャーなタイプに抵抗も多く、まさに3拍子そろった唯一のポケモンじゃないか!

『エサはいくらでも』
ワタッコはそのステータス、タイプ、覚える技から、かなりの異色を放っているポケモンです。攻撃力は低いのですが、変化技や相手を状態異常にする技に富み、素早さも高いおかげで他のポケモンではうまく使えないようなコンボや役割を色々持つことができます。中にはかなりいやらっしぃ~コンボもあるので、ワタッコを使う場合は友達を無くさないよう注意が必要だとかいう噂、おっ恐ろしい・・・!(言いすぎですがw)

これはヒドイ
眠らせて、身代わりに宿木の種でハメコンボ
やめてくださいおねがいします


今回使うアンコールも、ワタッコに持たせることで独特の戦い方をすることができるのではないかと思われます。上で書いたとおり無効・抵抗タイプが地面、格闘、水、草と多いので、これらのタイプの技を受けて登場し、アンコールを仕掛ける作戦はもちろんのこと、相手がアンコールを警戒して交代する可能性も大いにあるので、そこを読んで宿木の種や眠り粉、痺れ粉などを撃ってこちらのリスクは少なく相手を状態異常にすることができるはずです。
さて、その流れを作るためには、相手がワタッコの抵抗となるタイプの技を撃ってくれなければ始まりません。そのためには、やはりそれらのタイプが弱点のポケモンで誘うのが良い方法でしょう。
そこで、ワタッコの抵抗タイプ、地面格闘水草タイプあたりが弱点のポケモンを探してみると・・・出て繰る出てくる、芋づるのようにゴロゴロと出てくるではありませんか!
炎、地面、岩、鋼タイプは単体でも2つは弱点に当てはまり、さらにこれらのタイプを2つ併せ持つポケモンもなぜか多く、地面格闘水草のどれか、もしくは複数が4倍弱点となっているポケモンがやたらといます。地面・岩タイプの各種ポケモンを筆頭に、岩・鋼タイプのトリデプスやボスゴドラ、炎・地面や炎・岩のバクーダやマグカルゴ…しかもなぜかこれらのポケモンのほとんどは「超」が付くほど素早さが低い。つまり相手からすれば、大ダメージを与えるための恰好の的になりやすいわけですね。逆にこちらからすると、今回の作戦を成功させるための恰好のエサとなってくれそうです・・・フフフ

さて、攻撃を誘うためのエサは十分にあることが分かりました。後はワタッコの育て方を考えて見ます。
まずアンコールはもちろん決まり。次に相手がアンコールを読んで交代する際に使う技ですが、ここは交代されるポケモンがどんなポケモンでもリスクを負わせられるように、状態異常にする技がよさそうですね。宿木の種は、草タイプのポケモン以外なら誰にでも有効なうえ強力なのでぜひ採用したいところ。もうひとつは、前述したとおりワタッコと組む相手は素早さが低いポケモンになりそうなので、相手の素早さを奪うしびれ粉が役に立ちそうです。こちらも特性がじゅうなんのポケモン以外には通用しそうです。
残りの技は、攻撃技がないとすることがなくなってしまいそうなので攻撃技をひとつ選択。相手の交代に対し後だしで交代できる「とんぼ返り」や、宿木の種が効かない草タイプの弱点を突ける「ツバメ返し」も候補に挙がりましたが、ワタッコの寿命をさらに延ばす「ギガドレイン」を採用してみました。
努力値は素早さとHP、持ち物はたべのこし。
これでひとまず、作戦を遂行するためのワタッコが完成しました。さて、実戦での活躍はどうなるのでしょうか・・・?

『ハラハラドキドキの読み合いの連続!』
今まで試してみたのは、トリデプスやマグカルゴとの組み合わせ。どちらも地面格闘水に弱く、こちらの思惑通り、始めはそれらの技を使ってきてくれることが多いですね。トリデプスなんかは弱点も多いですが、逆にそれ以外のタイプは抵抗も多いので、相手からすれば目の前の敵に効果は今ひとつの技を使うのには相当勇気がいることでしょう。というわけで、抵抗タイプをワタッコで受ける、というところまでは割りと成功率が高いです。
さて問題はこれから。次の相手の行動に対しては、読み合い要素がグッと多くなってきます。個人的に感じた傾向を言いますと、ワタッコに有効な攻撃技を持っている場合は居座る場合が多く、逆にないようならアンコール警戒を含めて交換してくることが多い、という感じでしょうか。前者ならアンコールを、後者なら交代読みで宿木の種や痺れ粉を使うのが無難な所でしょう。
アンコールが上手く決まった場合、相手は交換してくる可能性が高いので、ここは交代読み(交代しなくても状態異常にすることができますし)、交代読みが決まったときは、相手がワタッコに有効な攻撃を持っている場合が多いので、ここでこちらもほかのポケモンに交代します。私が試したトリデプスとマグカルゴなら、ワタッコが弱点となるタイプに抵抗を持っているので、ここでの交代も上手くいきやすかったですね(ただしマグカルゴは岩タイプが共通の弱点になるので、岩タイプに抵抗のあるポケモンがいるといいでしょう)。
ただし、この後もここまでの流れでも読み合いであることは避けられません。傾向みたいなものをつかんで上手く先読みできるときもあれば、時にはこちらが先を読まれて痛い目を見ることももちろんあります。ワタッコもワタッコと組むポケモンも、どちらも弱点が多いので、下手をすると一瞬で不利な状況に陥ってしまいかねません。それに引き換え、組むポケモンにもよりますがこちら側は攻撃力の低さから、ちょっとずつしかダメージを与えられない・・・。まさに綱渡り。一歩間違えると奈落のそこへまっしぐら。
ですが、この駆け引きが結構熱い!一気に勝負を決めたい相手と、それをさせまいとする自分。ポケモンバトルの醍醐味のひとつである読み合いが、これでもかというほど味わえます。。もしかしたら、ワタッコを使うことで読み合いの練習にもなるかも?
上手く読みを成功させるためには、時には強気になることも必要です。たとえば相手がすでに麻痺しているときに、交代読みでしびれ粉を使うのは非常に勇気が要りますが、相手からしても、まさかすでに麻痺してるのにしびれ粉は来ないだろう、と油断しているときでもあったりしますからね。

いったん退却
(もう麻痺してるし、ここで交代するのは安全かな・・・)

そこをいただき!
「と思うのは甘いんだぜ!」

それをさらに先読み!
「え、そこは交換するところだろぅ!」
ということもあるのはもちろんです



また、一度こちらが先読みを成功させるとその後相手の警戒は強くなりますが、逆にこちらが読みをはずしたり、相手の行動が有利に働いたりした場合、その後の相手の警戒は弱くなりがち。先読みをしやすくなるチャンスにも繋がります。一度読みはずしたからといってあきらめずに、流れをつかんでうまく読みを成功させましょう。

色々書きましたが、どうやっても上手くいかないときも多々あります…
私もワタッコを使ったときの勝率は散々なものですし/(^o^)\
皆さんも自らの経験を持って、より完成度の高い「読みの哲学」を構築していってください。
それではっ

前半

後半

ワタッコが活躍する試合は長くなりがち・・・
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスタープラチナ - ジャンル:ゲーム

【 2008/11/06 22:07 】

| ポケモンレポート | コメント(14) | トラックバック(1) |
<<第9回 DS対戦会 | ホーム | 今までを振り返ってみる その5 ~ブログ開設編~>>
コメント
--- ---

どうも、イトです。

まずは絵の話。
ぶwwwこれはwww誰もがいらいらしたくなりますねwww

そして本題へ・・・。
確かに弱点も長所や短所にもなりますよね。
画像を例にして、サイドンの地震でランターンを倒そうとしてもハイドロポンプでどーん。
こういうのは対策を練っても多すぎて対策出来ませんよね。
ワタッコは色んな型に出来ますから読みにくいので、アンコールが来るかも分からないので結構成功しやすいですよね。
アンコールはRS時代からお世話になった技です。
マイナンを56まで育ててミクリを一匹で完封させたのはいい思い出です。

私もワタッコ育てたことがありますが、アンコール遺伝が面倒で晴れパに投入しました。
それがこれです。

ワタッコ@大きな根っこ
ギガドレイン 眠り粉 宿り木の種 身代わり

ワタッコは私のトラウマなので氷タイプを育てないといけませんw

では~。
イト * URL [編集] 【 2008/11/06 22:43 】
--- ---

絵のワタッコの目つきが嫌らしいですw

リリアさんと初めてバトルした時、アンコールを考えずに、
よく積めたと思っています;;
今にして思えば、かなり無謀な賭けだったです
今はその子の6→3戦パーティを考案中です

弱点で誘うのは、普通にやります
エンペルトは、弱点がどれも無効化できるので使いやすそうです
タイプ半減と無効化+アンコールはやっぱり強そうです…

「読みの哲学」ですか…
3on3だと読み外してもいいから、定石で行きますね…
相手の交代先が読めないのが多いので;;
半減されてもいいからという具合に…
ただ、技を無効化されそうな場合は読みを入れますが;;
6→3戦だと、初っ端から駆け引きなんですがね;;

草タイプを使うと、必然的に読みの練習が出来そうです…
草タイプは1匹も居ないので、何かしら作りたい所です;;
銀炎 * URL [編集] 【 2008/11/06 23:24 】
--- ---

久しぶりのレポートお疲れ様です。

今回はワタッコですね。
ワタッコは色々な型が出来ますからね。 僕もランダムバトルで何回か見かけましたが
やはり分りづらいですね。
トリッキー型かと思うとフルアタだったという事もありましたね・・・

今回のワタッコは交代読み型ということですね
このワタッコはかなり読みが重要な戦術ですね。その分楽しい試合が出来そうですね!

僕も手がまわれば育ててみようかな・・・
でもまだ育てたいのもいるし・・・
サスケ * URL [編集] 【 2008/11/06 23:28 】
--- ---

リリアさんこんばんわ!
ワタッコ…。カワイイ顔して厄介なポケモンですね。
今回の動画でワタッコ、プクリン、マリルリとピョンピョンと可愛らしくバトルでははねているのに、なかなかの実力者。カワイイポケモンにもトゲがあるってこと!!?
あと、私は今「てもち」や「ボックス」でのグラフィックがカワイイということだけでプリンを育てています。大きな瞳にやられました。(笑)

PALU * URL [編集] 【 2008/11/06 23:53 】
--- ---

ワタッコですか~。私もリフレクター遺伝のワタッコを育てようと思っていましたが、そのまま放置してボックスの住民になってますorz

私は特攻や攻撃が高くて防御面が低いポケモンばかり育てているのですが、たまにはじわじわ型も良いですね~。

ところで、ポケモン牧場のプラチナ版が配信されたそうですよ。
アップロードまたやらないと・・・
ルリ * URL [編集] 【 2008/11/07 00:28 】
--- ---

更新お疲れ様です。
自分は読みはするけども結局無謀な事はしない、痛手が少ない選択をするたちなのでワタッコが出てくるとかなり苦しめられます。
何度も散々な目に遭わせられたのでこっちもやってみようとアンコール使いを育てたんですがいざ使う側となると結構な読みが必要と気づきました。
アンコールを使いこなせるのはもう少し先になりそうです。
kou * URL [編集] 【 2008/11/07 01:21 】
--- ---

ワタッコですか対策忘れてると結構厄介ですよね~ 
ダブルバトルでソーナンスとのコンビでダブルアンコールされてやられてしまったこともあります。
まあ最大の敵はギャラドス、クロバット、ユキノオーですが・・・

個人的にアンコール使いはワタッコよりもゴウカザルやフーディンなど普通になぐっても強いポケモンの方がいいかと思いますけどどうでしょうか?特にゴウカザルのアンコールは読みづらいですし・・・
まあ晴れ状態のときなら最速アンコール使いなので厄介なのは変わりませんけど・・・
ブラクラ * URL [編集] 【 2008/11/07 03:29 】
--- ---

はじめまして~。
コメント書かせて頂くのは初めてですが、 毎回楽しく見てます^^

リリアさん絵上手ですね~。
私的には、マタドガスの考察と今回のワタッコの絵がツボでしたw

ちなみに私はワタッコ育てたことはないので、アンコールはライチュウにさせているのですが、結構ライチュウ=アンコールみたいな感じで、メジャーなのか読まれやすいですね…。でもアンコール読みをさらに読んで~みたいな、読み合いに発展することもあり楽しいですね。

どーでもいいですが、アンコール使えるポケモンには可愛い子多いような気がしませんか?

それでは長文失礼しました。ブログ更新楽しみにしてますね~o(^-^)o
ナギ * URL [編集] 【 2008/11/07 10:36 】
--- ---

このワタッコUzeeeee(もちろんほめ言葉)しかも顔がどう見てもまりもkk(ry

自分の中には「弱点=短所」という先入観が強かったので、今回の考察はすごく新鮮でした。相手が4倍ダメージ技を打ちたい、もしくは打たざるを得ない状況を利用して抵抗のあるポケモンに交代することは自分もよくやりますが、それを攻撃の起点として能動的に利用する観点はなく、目から鱗の気分です。また世界が少し広がりました。

相手の行動を制限する方法として私がよく利用するのは、トリデプスやナマズンのように特定のタイプ以外では大ダメージを受けにくいポケモン以外にも、「一撃で決めないと反撃が致命的」というプレッシャーを与える方法があります。ドラゴンポケモンが氷技を誘いやすいのは、このようなプレッシャーがあるからかもしれません。ほかにもジバコイルのような決定力のある4倍弱点持ち、噴火や大爆発を覚えられるポケモンも、相手の最もダメージの高い技を誘う効果があると思います。

毎度の長文で失礼しました…
Vanadec * URL [編集] 【 2008/11/07 12:39 】
--- ---

こんばんは。
今回の育成&実践レポートとても参考になりました。
私は相手の手持ちをかき乱すため、アンコールを覚えているフーディンを使っています。
読み合いが熱いですよね!気持ちわかります。失敗すると、フーディンがコロッとやられてしまうんですけど、駆け引きを読み成功への流れをつかむ。この感覚はクセになりそうです。
実践の動画も読み合いが熱く、見ている側も「ここはどうすれば…」とつい読み合いの世界に入ってしまうような錯覚をしてしまいました。勉強になりましたありがとうございます。
次もまた楽しみに待っています。
よしのり * URL [編集] 【 2008/11/07 18:32 】
--- ---

 このワタッコ凄まじく憎たらしいww 可愛い子なのに、悪戯小僧にしか見えませんw 初めて勝負した時、コイツに封殺食らったのは今もなお忘れられませんw
 アンコ使いとして、コイツは耐性も多く、宿木も無効化できるのは優秀ですね。何よりも鬼みたいに早いですし; 正直髭アンコの数十倍うざったいです、ワタッコは;
ソラハネ * URL [編集] 【 2008/11/07 19:10 】
--- ---

>>イトさん
ワタッコは挑発できれば大抵は何とかできそうですけど、素早さが高いですからね。相手に出されると厄介そう;
そしてその型のワタッコ、ホントにやめてくれww

>>銀炎さん
まったくいやらしい目つきのワタッコですね( ^ิ'౪^ิ')
言われてみれば、エンペルトの弱点は全部無効化できるんですね。グライオンや浮遊ゴーストと組ませると強そうです。
私の場合は、なぜか見せ合いなしのほうが読みがさえることが多いように感じます。「ああ、ここで交代するかな~」と思ったら、強引に交代読みするのでw
逆に見せ合いありだと戦う前に一回読み合いが入るから読みが難しくなるのかな;

>>サスケさん
ワタッコは色々な育て方ができますよね~。
ダブルバトルでも役割が広そうです。でも、フルアタッコにはまだ出会ったことはないですw
どんな技だったんだろう…

>>PALUさん
はい、こんばんわ~
ポケモンにはかわいい顔して実力たっぷりな子がいたりしますよね。ハピナスとかトゲキッスとか、笑顔でやることがすごい・・・w
プリンもかわいいですよね。プリンでいっぱいのボックスショットを撮ってみたり、プリン牧場を作ってみたりしたいなー

>>ルリさん
ワタッコは卵遺伝でリフレクターやど忘れを覚えるんですよね。なんか意外です。
光合成とあわせて耐久型を育てよということなのか~
ポケモン牧場ダウンロードしましたよ~。突然の配信と予想を上回る追加要素に感激していますw

>>kouさん
リスクの高い読みは勇気が要りますよね。でも読みが決まったときの気持ちよさにはまるとやたらと深読みしまくったりしちゃうのでそこも問題になったり^^;
自分の対戦を見直して、「ここでこうしていれば・・・」と思い返すと勉強になりますよ。

>>ブラクラさん
ダブルバトルで交代を封じつつアンコールとは、なかなか手の込んだ作戦ですね。でも上げられているとおり、ダブルバトルでも敵は多そうですけど;
うーん、確かに攻撃力が高いポケモンがアンコールを使うと読みにくいし厄介そうですね・・・。でも抵抗も多く防御力もそこそこあるワタッコだと、地面や格闘などの一部の攻撃技もアンコールで縛れるので、アンコールが有用な技の範囲が広いという利点があると思います。

>>ナギさん
はじめまして~
今回の絵は自分で書いててムカムカしてきましたw
私もライチュウはアンコールを使ってくるイメージが強いですね。でもそれを読んで身代わりを使ってくるときもあるので、なんとも油断ができません。
そういえばアンコールを使えるポケモンはかわいいのこが多いですね~。やっぱりポケモンもかわいい子にアンコールされたほうがノッちゃうんでしょうかw

>>Vanadecさん
なるほどー、確かに反撃が致命傷に繋がるなら、先にこっちが致命傷を与えるしかなくなってしまいますからね。特に目の前の敵の抵抗・無効タイプの技は、交代されることを予想していても撃つのにはかなり勇気が要ります;
ドラゴンやナマズンは弱点も少ないし、その少ない弱点だけを警戒すればいいのでやりやすそうですしね。
貴重なご意見、ありがとうございました!

>>よしのり
私もフーディンでアンコールは使ったことがありますが、フーディンは本当に脆いので、うっかり攻撃技を受けちゃうと悲惨ですよねorz
でもアンコールが使えるポケモンの中ではトップクラスなので、色々重宝はしますが。
読み合いが熱い動画は見ていても面白いですよね。なるほど、ここでこうするやり方もあるのか、と自分にはなかったやり方が見えてきたりして、私も勉強させてもらっています。

>>ソラハネさん
ポケモンはかわいいのにやることがエグイ子がチラホラ見受けられますねwワタッコもその一匹かもしれません;
アンコールもちのポケモンは、普通に攻撃されると脆いけど、変化技を使う対戦ではイヤらしい活躍を見せてくれます。でもあんまり活躍すると、使っているほうからしても相手の方に悪くなってしまいますね;
リリア@管理人 * URL [編集] 【 2008/11/08 00:05 】
--- ---

久しぶりのコメントになります。
毎度ブログは拝見しているものの、
なかなかコメントをする時間が取れなくなっている今日この頃です・・・

最近麻痺撒きのためにワタッコを育てようと考えていたので、
今回の考察は私にとって良いタイミングでした。
特にアンコールに関しては、どんな技を覚えさせるか考えている最中は、
アンコールもあれば便利かな程度でしか考えていなかったので、
具体的な活用法などがとても参考になりました。

読み合いは本当に難しくも楽しいものですよね。
以前対戦会でお互いにタイプの得手・不得手のあるポケモンが揃っていたので、
交代による読み合いになりました。(結果は私の負けでしたが・・・・;)
読みの勉強のためにも、トリッキーな技構成のポケモンも育ててみようと思います。

それにしても、イラストのワタッコの嫌味ったらしい目が良い味出してますねw
亜麻 * URL [編集] 【 2008/11/08 00:57 】
--- ---

お久しぶりのコメントになります。

ワタッコのように殴ったときの火力がたかが知れている場合は、自分は割り切ってほぼサポートに特化させてしまいますね。攻撃技も挑発対策兼「少しでも体力削れればいいやー」みたいな感じで。

トリデプスやマグカルゴと組ませるように2体以上でバトルを展開させていくのも、1体が倒されると戦略が破綻するリスクもありますが面白いですね。助け・助けられの関係があるのもポケモンバトルの醍醐味だと思います。

それにしてもこのワタッコ、もともと最速というイメージが強いだけに行動順で相手をかく乱できそうですね。
N・パッチ * URL [編集] 【 2008/11/08 11:43 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pokemonbattle.blog117.fc2.com/tb.php/105-39bdc732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ポケモン【ぽけもん】の裏技【うらわざ】!
二度目だったらお許しください(^^;いろいろ書いてますのでよろしくお願いします。 ポケモン【ぽけもん】の裏技【うらわざ】!【 2008/11/21 17:51 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。