スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
その10 トロピウス を育ててみた
トロピウス修正
飛行タイプだけど…
トロピウスが悠々と空を飛ぶ姿が想像できない


今日はしょこたんのトロピウスについて書きたいと思います
秘伝技でお世話になった人も多そうですね。バトルではどうでしょうか?

NN:ノッポさん
特性:サンパワー
性格:ずぶとい
持ち物:奇跡の種
技:エアスラッシュ リーフストーム 宿木の種 羽休め
ステ: HP 206
   攻撃 74
   防御 146
   特攻 91
   特防 100
   素早 63


ステータスはLV50時のもの
努力値はHP・防御振り

『水物理の恐怖』
トロピウスを育てようと思ったきっかけは、水タイプの物理技で攻撃してくるポケモンに手も足も出せず負けてしまったことだったりします。
水タイプの攻撃技は意外と受けにくい所があります。抵抗のあるタイプが水・草・ドラゴンの3タイプですが、水タイプのポケモンではこちらからも反撃しにくいし(電気タイプの技を覚えるポケモンもいますが)、草はあまり使われない、ドラゴンも種類が少ない――というわけで、結構攻撃範囲が広かったりします。
私のそれまでのパーティでは、相手が特殊型の水タイプなら、特防を上げた電気ポケモンで何とか対処していたのですが、物理型の水タイプはどうも穴になっていました。こちらも水ポケモンで対抗しようとも考えましたが、水タイプはすでに何匹か育てていたので、どうせならば今までにないポケモンを育てたいと思い、水を受けつつ、さらに反撃も期待できる草タイプの導入を決めました。ちょうどそのころ、ポケモンセンターでしょこたんのトロピウスが配布されて、ちょっとトロピウスが注目されていたので、草タイプを育てようと思っていた私は、これはちょうどいいとトロピウスを育てることにしました。

『ガードは硬く 爪は鋭く』
さて、さっそく「水タイプの物理技を受ける」という役割を意識しつつ、トロピウスをどう育てるかを考えてみました。
水物理を受けるなら、防御特化にするべきだろう。と思いたくなりますが、水物理を受けるだけなら、わざわざ防御特化にする必要ないでしょう。効果はいまひとつとトロピウスの耐久力なら、防御を上げなくても水タイプの攻撃ではあまりダメージは受けないはずです。それでもステータスは防御特化にする必要があると思いました。なぜかというと、理由は相手の水物理の技を受けたあとにあります。水タイプのポケモンは、そのほとんどがトロピウスの大の苦手である氷タイプの技を覚えられ、実際に覚えていることも多いです。せっかく水物理を受けて登場しても、次の攻撃で倒れてしまっては意味がありません。幸いなことに、氷タイプの物理技は威力があまり高くないで、防御を上げれば、水の物理技を受けて登場したことを考慮しても、たいていの場合、氷の物理技を一発は耐えることができます。つまり、そこでこちらも一回攻撃できるチャンスが生まれるわけです。相手も氷タイプの技を持っていることで攻撃しようとするので、交代せずに居座ってくれることも多いはずです。
しかし、その場合は攻撃できるチャンスは一度のみということになります。その一撃で、少しでも多くのダメージを与えなくてはなりません。しかし、努力値は防御に振ってしまい攻撃は低いままなので、そこは、技の威力と道具によって、少しでも補わなければいけません。そこで、草タイプの技の中でも特に威力の高いリーフストームと、草タイプの技の威力を上げる奇跡の種を持たせました。ここまで威力を強化して、さらに弱点を突くことができれば、たいていの相手は一撃で倒せることでしょう。たとえ耐えられたとしても、そこまでの耐久力を持っている相手なら素早さがあまり高くない事が考えられますので、次に氷に強いポケモンに交換して、止めを刺してもらえば完璧ですね。

ドラゴンクローをうけるノッポさん
意外な固さを見せておいて…

羽を休めるノッポさん
一手目でいきなり回復
攻撃しても無駄だよーん


交換する相手
慌てて交換したところを狙って…

リーフストーム!
攻撃!

このパターンは結構みんな引っかかってくれますw


『強い奴には強いです』
さて、このトロピウスは実際のバトルでは、どういう活躍をしてくれるのでしょう。私が育てた中では、ナッシー以降始めての草タイプなので、その分期待も高まります。
さあトロピウスのバトルデビュー。さすが防御特化。物理攻撃には結構耐えてくれます。リーフストームの威力もいい感じ。狙いの水物理も、みんなトロピウスの防御力を知らずに凍りの牙で食いかかってきます。
…とまあ、狙ったところはだいたい狙いどおりになった、という感じですね。しかし、それ以上に弱点の多さが目立ってきました。トロピウスは、とにかく弱点が多い。タイプ弱点の数だけでも5つあります。さらにその中には、メジャーな炎や氷が含まれています。炎や氷タイプの技は、弱点を突きにくい鋼やドラゴンタイプのポケモンに対抗するために持たせているポケモンも多いので、トロピウスはそのとばっちりをもろに受けてしまいます。それに、素早さの低さも気になりましたね。水タイプのポケモンは全体的に見て特殊型も多いので、水タイプの特殊技を受けても、次のターンに冷凍ビームでやられてしまうこともしばしば。水物理型のメジャーであるギャラドスに対しても、飛行タイプで弱点を相殺されてしまい、致命傷を与えられず…。とまあ、戦うにはちょっと扱いづらさを感じてしまいました。
しかし、弱点を突かれない相手には得意のリーフストームで押し勝ったり、ラグラージやヌオーといった、普段は弱点が少なくて対処しにくい相手に活躍してくれるなど、時々ピンポイントな強さを見せてくれるなかなか憎めない奴だったりします。こういうじゃじゃうまなポケモンをうまく扱えるような、腕の良いトレーナーになりたいものですね。

ピジョットとマリルリ
さあバトル開始!
赤コーナーからは、マリルリ


トロピウス登場
よし!ここは任せた!




スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2007/09/06 20:19 】

| ポケモンレポート | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<その11 ミミロップ を育ててみた | ホーム | その9 ブースター を育ててみた>>
コメント
--- ---

あれ?
イラストの羽ばたくトロピさん、首のバナナ(?)がありませんね。

特性がサンパワーなので、晴れパ限定の子かなーと思ってましたが
なるほど、こういう活かし方がありましたか。

>トロピウスの防御力
氷の牙を凌げるほどの防御力を持ってるとは!?
牙の有る無しに関わらず、安定してギャラドスを受けれる・・・のかな?

いや~リリアさんのレポートには毎度驚かされるばかりです。

 

赤嶺進一 * URL [編集] 【 2007/09/07 20:56 】
--- ---

>バナナがない
ああ、やってしまった/(^o^)\
修正しておきましたので、勘弁してくださいw

>トロピウスの防御力
記事にも書いてありますけど、氷の牙を受けられるのはせいぜい一回きりです。ただまあ一発は耐えられるので、そこで致命傷を与えられればウマーなんですけどね。ギャラドスは・・・うーん、一撃は加えられるかもしれないけど、牙を持っていたら倒すのはちょっと無理くさいですね…。飛行タイプがなければいけそうなんですが。
リリア * URL [編集] 【 2007/09/07 21:46 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pokemonbattle.blog117.fc2.com/tb.php/11-d3866d00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。