スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
その15 コラッタ を育ててみた
コラッタ
しっぽをたてろー

今日はコラッタについて書こうと思います。
ふざけてんのかって?いえ、私は大真面目です。
ニックネームはもちろん某ねずみ冒険アニメからでとりました。

NN:ガンバ♂ ★
特性:にげあし
性格:おっとり
持ち物:気合のタスキ
技:とんぼがえり 電磁波 電光石火 我武者羅
ステ: HP 102
   攻撃 94
   防御 42
   特攻 42
   特防 53
   素早 123


ステータスはLV50時ものもの
努力値は攻撃・素早さ振り。GBA産の色違いです

『ポケモンバトルの革命児「きあいのタスキ」』
ポケモンバトルを有利にすることにおいて、ポケモンに持たせることでさまざまな効果を発揮する「道具」は、非常に重要な要素となります。ダイヤモンド・パールになって、多くの道具が新しく追加されました。そのなかでもとりわけ注目を浴びた道具が「きあいのタスキ」です。この道具はポケモンに持たせることで、「一度だけHPが満タンのときに、一撃で倒れる攻撃を受けるとHPが1のところで持ちこたえる」という効果があります。わかりやすくいうと、どんなに強力な攻撃を受けても、一回だけなら耐えられるようになるということですね。この道具の存在が明らかになると、ポケモントレーナーの間でさまざまな議論が飛び交いました。「今まで弱かったポケモンにチャンスが訪れる」とか、逆に「強力なポケモンを止められなくなる」という意見を唱える人も。そしてきあいのタスキを利用したさまざまなコンボが発明されました。攻撃を倍返しするカウンターを繰り出したり、HPが少なくなるほど威力が大きくなる「じたばた」「起死回生」と組み合わせるコンボは有名ですね。また、きあいのタスキを持たせて進化前のポケモンで戦うのがちょっとしたブームになりました。今までは何も出来ずに倒れるしかなかったポケモンも、一度でも行動できればそこから活躍することが可能です。まさに、きあいのタスキはポケモンバトルに革命をもたらしたといっても過言ではないでしょう。

アチャモのオーバーヒート
しまさんのアチャモの使い方に
感動した人は私だけではないはず…


『神と呼ばれたコラッタ』
そのなかでちょっと面白いと思ったのが「コラッタ最強説」です。なぜコラッタが最強…なのかというと、つまりこういうことです。コラッタにきあいのタスキを持たせ、HPが1のところで持ちこたえさせます。そしてそのターンに「がむしゃら」を選択しておきます。がむしゃらは自分と相手のHPを同じにする技なので、ここで相手のHPは1になります。そして次のターンで必ず先制攻撃できる「電光石火」を使ってとどめをさします。この手順で、ほとんどのポケモンを倒せてしまう、というわけです。まあ最強というのは冗談でしょうけど、それなりに有効そうなコンボではあります。しかしこのコンボ、「相手に先制技を使われて終わる」とか「すなあらしやあられで倒れる」とか「交換されて終わり」とか異論反論続出。結局実際に使う人はほとんどいない…。しかし、本当に役に立たないのでしょうか?少なくとも、理論の上では上記のコンボで相手を倒せますし、バトレボなら見せ合いバトルなので、状況を選んで参戦させられる利点もあります。ちょうど私は、ダイパ発売前にプレイしたなかで偶然ゲットした、ファイアレッド産の色違いコラッタがいます。これは試さずに置かざるべきかーと、例のコンボを持ったコラッタを育成、参戦させることに決めました。
さて、まず相手の気持ちになってこのコンボを使うことを予想してみましょう。まずコラッタが出てきた時点で、きあいのタスキを持っていると予想するでしょう。そしてそこから「カウンター」か「がむしゃら」の技を連想すると考えられます。つまり、相手はコラッタに対してうかつに攻撃は出来ないと考えられます。ひとまずこの二つの技を回避するために、状態異常の技を仕掛けてきたり、交代することが予想されます。そこで私は、攻撃を渋る相手に対しては電磁波を仕掛ける作戦で行くことにしました。うまく相手が麻痺したところでトンボ返りして後続につなげる手順です。
理論の上から生まれたこのコラッタ。実際のバトルでどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。

コラッタ登場
キラキラと登場
いい感じです


『がむしゃらの底力』
さすがは神と呼ばれたコラッタ…。その小さな体から放たれる威圧感と、色違いという神々しさに目がくらむのか、皆攻撃することを忍んでおるわい、ハッハッハ…。
まあそれはいいすぎですけどねwとりあえず、結構このコラッタを使ってきましたが、前述のがむしゃら→電光石火のコンボがきれいに決まることはほとんどありません。攻撃されるにしても、相手がコラッタより明らかに遅かったり、先制技を持ち合わせている場合のみという感じですね。知らずに攻撃してきた相手も、がむしゃらをされると次のターンで電光石火を読んで結構交換してきますから、そこを狙ってさらにがむしゃらをきめるとウハウハですw鬼火や怪しい光を打ってくるポケモンも多いですね。とりあえず電磁波を撃って交代したり、鬼火は特性がもらい火のポケモンが控えにいればお得です。どうやら「がむしゃら」のイメージが強すぎて、存在自体が相手の動きを制限する効果があるようですね。やはり読み合いになる場面も多いですが、そこがうまく働けばなかなか強力。控えに先制技を持ったポケモンがいれば、がむしゃらを成功させるだけでも意味がありますからさらに役立ちますね。
そしてもうひとつ大きな収穫だったのは、耐久力の高いポケモンを無力化させる可能性を持っていること。耐久力の高さを盾に回復を繰り返すポケモンは非常に厄介な存在です。しかし、うまくHPが1の状態でそのポケモンの前にコラッタを出せれば、もう怖くはありません。耐久力の高いポケモンは、そのほとんどが、努力値を防御に回しているため素早さが高くないという特徴があります。そこでコラッタが先制のがむしゃらを仕掛ければ、どんなに防御が高かろうと問答無用でHPが1になるので、相手を一気に窮地に追い込むことが出来ます。そこでたおされても、残りのポケモンで止めをさせます。
さらに、コラッタはHPが1になることで本領を発揮できるので、オーバーヒートや流星群といったリスクのある技を交代で受けさせると、HPは1になり、さらに相手の能力を下げられ、一石二鳥です。このように、使いこなせば結構手広く活躍してくれることがわかりました。

コラッタに交換して…
ここはコラッタに交換して…

なみのりが襲い掛かる!
攻撃したね?
しちゃったね??


コラッタのがむしゃら
「がむしゃら」で一蹴!

『一人にしないで…』
このコラッタを使う上でなるべく避けたいのは、コラッタ一匹だけ残るという状況です。電磁波で素早さを奪ったり、がむしゃらで相手のHPを減らしてとどめはほかのポケモンにさしてもらうのが基本戦略なので、とどめをさしてくれるポケモンがいないと非常に心細い。しかし現実は、控えにいて活躍のチャンスをうかがうことが多いので、最後の一匹になってしまうことも多い…。そういうときは、電磁波の麻痺で動けない確率にかけるしかなくなってしまいます。電磁波かとんぼ返りを威張るに換えれば、このような状況になっても助かる確率は上がります。つまり、
威張る→自分を攻撃→がむしゃら→自分を攻撃→気絶
さすがに運ゲーといわれそうなので自重しておりますけどw

スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2007/09/24 23:51 】

| ポケモンレポート | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<その16 ピクシー を育ててみた | ホーム | 東京へ行ってきました>>
コメント
--- ---

襷はホントにポケモン界の革命ですねww

どんなポケでも持たせたら
2回は耐えるという性能がすばらしい……

襷がむしゃらはシングルでは滅多に見ないですなぁ・・・
覚えるポケモンも限られてるから使用者が少ないのかも……


逆にダブルでは相方のサポートがあるから結構見かけるんですけどね。

ヤマねん * URL [編集] 【 2007/09/25 00:55 】
--- ---

お~ガ●バだ!。
それにしても、宿敵ノ●イ軍団もといオタチが可愛い(え

タスキコラッタ・・・相手に与える威圧感はヌケニン並といったところでしょうか。
対策を講じないと、有無を言わさずやられますからねー。

そういえば、今年の公式大会にLv1のドーブル使いがいましたね。
低レベルのポケモンの手のひらの上で翻弄される…相当なショックを受けそうです。

赤嶺進一 * URL [編集] 【 2007/09/25 17:03 】
--- ---

どうもこんにちはー
いつもフリースレでお世話になってます。

コラッタは見せ合いの時にいるだけで存在感がありますよね。
バトルでもうかつに攻撃できませんし、交代読みで怒りの前歯やら、電磁波がとんでくるので結構やっかいな相手ですw

襷は今や全てのプレーヤーが使っていると言っていい道具ですよね。だからこそステロやまきびし、霰などの重要性が身にしみます。

ではまた対戦しましょう。それでは ノシ

P.S. 実は私も拙いブログをしてまして、リリアさんのブログを
私のブログのリンクに追加させてもらってよろしいでしょうか?
ジミズ * URL [編集] 【 2007/09/25 17:11 】
--- ---

ガンバの冒険面白いですよね~。
何度マッスグマでノロイ様を作ろうとしたことか。
こなこなZ * URL [編集] 【 2007/09/25 21:10 】
--- ---

ガンバネタわかる人結構いるんですねw

>>ヤマねんさん
タスキがむしゃらはあまり見ないですねぇ。タスキは先制技やステルスなどでつぶされることもあるから、それよりはタスキで耐えて普通に殴ったほうがお得感がありますしねぇ。あくまで補助わざとして入れてるケースはたまにみるくらいですか。でも逆に使うほうとしては、マイナーなぶん目くじらを立てて対処されないだけ使えるチャンスが増えているような気もしますw

>>赤嶺進一さん
全国大会の決勝戦は感動しましたね!全国大会という追い詰められた状況で、何をしてくるかわからないドーブルはついつい手堅い対処になりがちなところをうまく突いた、優勝者の見事な作戦勝ちだったと思います。
相手にしてみればたまったものではないでしょうけどね…心中お察しします。

>>ジミズさん
どうも、こちらこそいつもお世話になってます。
それから、フリースレの大会優勝おめでとうございます!
ようつべなどでいくつか大会の動画を見ましたが、今回みなさんかなりのガチパで出場していたようですね。そのなかでの優勝はお見事です!

使うほうとしては、ステルスロックやら特性すなおこしやらを持っているポケモンが相手チームにいると出しにくいんですよねw逆に相手からすると、タスキを持っていそうなポケモンがいるからステロ&すなおこしは入れておこう…となるんでしょうか。ポケモン選択画面ですでに戦いは始まっている…

>>こなこなZさん
おおー、○ンバ好きの人がこんなところにもw
おもしろいですよね~、心に残る名作アニメのひとつになっていますよ。
最近ではレンタルDVDもあるみたいだし、もう一回見直してみようかなぁ
しかしマッスグマ=ノロイのイメージが強い…
リリア * URL [編集] 【 2007/09/25 23:46 】
--- 追記 ---

あ、それとジミズさん、こちらはリンクを貼るのはかまいませんよ~
こんな好き勝手に書いているブログでいいのでしたら…
リリア * URL [編集] 【 2007/09/25 23:55 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pokemonbattle.blog117.fc2.com/tb.php/18-8d7ec5d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。