スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ポケモン実験レポート その1「ふいうち」
毎回同じ企画では芸がないので、今回は気分を変えて新企画を立ち上げてみました。
題して「ポケモン実験レポート」!!「こうなった場合やああなった場合はどうなるんだろう?」というポケモンバトルでの疑問を解き明かすべく実験するコーナーです。いえ、決していままでのネタが尽きそうとかそういうわけではないですからw「そんなの知ってて当然」と思う部分もあるかもしれませんが、私なりに疑問に思っていたことを実験してどうなるか確かめてみようと思います。第一回目はこちらの技。

ふいうち : 相手の選んだ技が攻撃技だったとき先制攻撃ができ、ダメージを与える
~とある攻略本より抜粋~

これは使われると厄介な技ですよね。先制できる技としては、威力が80というのは大きめだし、タイプが一致する悪タイプが使うとその威力はなかなかのもの。特に悪に弱いゴーストタイプやエスパータイプのポケモンにとっては厄介極まりない技です。

ミカルゲのふいうち
素早さの低いミカルゲもこのとおり!

さて、そんなふいうちという技ですが、不意打ちに対しての相手の行動によっては、どうなるのかな?というところを、私が思いつく範囲で実験してみました。

図の見方:
〇←自分側のポケモン  ●←相手側のポケモン
()内はそれぞれのポケモンが選択した技を表す



実験1 「ふいうちに先制技で攻撃する」

一回目 ○(先制で電光石火)   ●(ふいうち)
二回目 〇(先制でふいうち)    ●(電光石火)

相手が攻撃技を選んだ場合、必ず先制できると説明してありますが、ならどっちも先制技をえらんだらどうなるんだろう?ということで試してみました。

結果
一回目:電光石火は成功、ふいうちは失敗
二回目:ふいうちが成功、電光石火も成功

つまり不意打ちよりも先に攻撃できれば、相手のふいうちを防げるんですね。これはよいふいうち対策になるかも!
実験2 「ふいうちにふいうちしてみる」

○(ふいうち)   ●(ふいうち)

それならどっちもふいうちしたらどうなるんだろう?まあ大体予想はつきますが。

結果:先制のふいうちは成功。後攻のふいうちは失敗

つまりは早い者勝ち、ということですね。
実験3 「ふいうちをカウンターしてみる」

一回目:○(ふいうち)   ●(カウンター)
二回目:○(ふいうち)   ●(メタルバースト)

「挑発」されても使えるので、おそらく攻撃技に分類されていると思うのですが。

結果
一回目:ふいうちが成功。カウンターも成功した
二回目:ふいうちが成功。メタルバーストも成功した。

やはりどちらの技も攻撃わざとして認識されているようです。
実験4 「ふいうちに溜め技を使ってみる」

一回目:○(ふいうち)   ●(ソーラービーム)
二回目:○(ふいうち)   ●(空を飛ぶ)

溜め技の一ターンめは相手に攻撃しないから、ふいうちが失敗するかも?もしそうなれば、空を飛ぶや穴を掘るがふいうち対策になるかも!

結果
一回目:一ターンめでふいうちが成功
二回目:一ターンめでふいうちが成功

世の中そううまくはいかないか…
実験5 「反動で動けない間にふいうちしてみる」

○(ふいうち)   ●(反動で動けない)

それなら、「逆溜め技」とも言うべき、破壊光線をはじめとする技を撃った後の、反動で動けない間にふいうちは成功するだろうか

結果:ふいうちが成功

なんと成功してしまいました。動けない間にふいうちとはなんという卑劣・・・!

いまだ!やっつけろ!!
動けない間にフルボッコ!


実験6 「眠っている間にふいうちしてみる」

一回目:○(ふいうち)   ●眠り(メタルバースト)
二回目:○(ふいうち)   ●眠り(どくどく)

それなら眠っている間には成功するのかな・・・?

結果
一回目:ふいうちが成功
二回目:ふいうちが失敗

うーん、つまり相手の選択した技によって成功か失敗かが分かれるようですね。興味深い。

「メタルバースト」を選択したときは成功して・・・
メタルバーストを選択したときは成功して…

しかしうまくきまりません
どくどくを選択したときには失敗した


ではここからダブルバトルの実験に入りたいと思います。私はダブルバトルは経験が少ないので、実験結果が楽しみです^^
実験7 「自分を攻撃しない相手にふいうち」

○1(ふいうち→●1へ)   ●1(火炎放射→○2へ)
○2(みがわり)       ●2(みがわり)  

自分を攻撃しない相手にふいうちするとどうなるのでしょうか。ダブルをやっている人からすれば常識なのでしょうけど^^;

結果:ふいうちが成功

つまり、相手が攻撃をするポケモンに関係なく、ふいうちを仕掛けた相手が攻撃技を選択していればふいうちは成功するようです。
実験8 「この指とまれを使ってみる」

○1(ふいうち→●1へ)  ●1(火炎放射○1へ)
○2(みがわり)       ●2(この指とまれ)

ならば、この指とまれでふいうちを吸い寄せたらどうなるだろう?

結果:ふいうちが失敗

この指とまれは優先度がふいうちより高いので、先に行動できました。しかもふいうちを失敗させることにせいこう。便利な技です。

トゲピーのこのゆびとまれ
この指が目に入らぬか~!


とりあえず今思いつくところはこんなところです。意見、要望などございましたら、コメントの方に書き込んでもらえればと思います。

スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2007/10/26 19:32 】

| 実験 | コメント(16) | トラックバック(0) |
<<祝!10000Hit!! | ホーム | その23 フーディン を育ててみた>>
コメント
--- ---

おお、新企画。

不意打ちはかなり使いやすい技ですからね。
防御が薄いやつなんかは瞬殺されます。

俺としての対策としては、
・鋼タイプなどの悪に抵抗のあるタイプに交換
・相手よりも素早く先制技
ぐらいですね。
アブソル、ドンカラスなんかは強力ですが防御が低いので、先制技で大きく削れば大分優勢になりますし、テクニシャンの電光石火は威力も侮れないので。
相手は1ターン無駄にした事になるので、襷も関係ないです。

ただ、どちらとも相手はほぼ確実に交換してくるので、結局読みが必要みたいです。
読みばかりは経験を積むしかないか…
ノリオ * URL [編集] 【 2007/10/26 20:20 】
--- ---

早いコメントありがとうございます^-^
私はミカルゲにこだわりハチマキを持たせたりしてつかっておりますが、なかなか強力です。そのぶん相手に使われると厄介な技なのですが。私は時々メガネ持ちゲンガーなんかもつかったりするので、そのときにはふいうちもちは天敵!
対策としては、アンコールもちのポケモンに交換してアンコール!とかやってますwまあそこを読まれて追い討ちされることもあるんですけどorz
リリア * URL [編集] 【 2007/10/26 20:30 】
--- ---

こんばんは~これはすごく勉強になりますね!
ふいうちに何度苦しめられたことか・・・orz

私が思うふいうちの厄介なところはあくタイプ以外にも意外なポケモンが使えるところですね・・・
これを知らないで突撃したら痛い目みました ToT

そんな紙耐久やゴースト、エスパーにとって怖いふいうちですが読み合いでふいうち持ちに勝てたりすると心の底からうれしくなりますよね^^
エレ * URL [編集] 【 2007/10/26 21:50 】
--- ---

おお!今回は技の検証ですか!。(☆w☆
・・・これは勉強になりましたね(>w<
以外に不意打ちを防ぐ手段ってないんですね(攻撃しなけr
ダブルはあまり戦わないのですが、「このゆび」の脅威を改めて認識しました。(^w^
ワナ * URL [編集] 【 2007/10/27 08:44 】
--- ---

こんにちは コメントは初ですがいつも動画とサイトは楽しませてもらっていました
確かに不意打ちは強いですね(自分は対戦環境が整っていないため使われたことはほとんどありませんが)
特にセットで追い討ちなんか入ってたりすると特に厄介ですね
ところでどこかでダブルでは2匹のうちどちらかが攻撃技を選んでいればどちらにも不意打ちが成功するなんて聞いたことがあるのですが実際どうなんでしょう?
AT * URL [編集] 【 2007/10/27 10:02 】
--- ---

こんにちは。
ポケモン実験レポートその1、とても参考になりました。
どの実験も知らないことばかりだったので参考になりました。
これを参考に対策を考えてみたいと思います。
ラズベリー * URL [編集] 【 2007/10/27 10:56 】
--- ---

某所の大会まであと1週間にまで迫ったらしい。
でも漢検やら何やらでダブル用パーティの準備が…出れるかなぁ。

>ふいうち
ほえ~カウンター系の技って攻撃として判定されるのですか。
ソーナンスを愛用する私としてはありがたいルールです。
「なのにそんなことも知らなかったのか!?」なんて言わないで下さいね(笑)。

>質問
何が出るかランダムな技。
つまり、指を振ると猫の手はどう処理されるんでしょう。
あと、それに近い効果の寝言も同じなのか。
…自分から質問しておいてなんですが、
実戦ではこんなケースにはまず遭遇しないでしょうね。

赤嶺進一 * URL [編集] 【 2007/10/27 19:47 】
--- ---

>>エレさん
たしかにふいうちは意外なポケモンが覚えられたりするんですよね。ラッタとかニドキングとか、知らないと痛い目を見る・・・。ふいうちを覚えるポケモンは要チェックですね!
でもふいうちはPPも少ないので、うまくすれば攻撃せずにPP切れに持ち込めたりもしますね。アンコールや身代わりもありますし、でも普通に攻撃されることもあるからやっぱりそこは読み合い…。まあお互い読みはずせばやられるという状況はなかなか熱いものではありますけどね。そこで読み勝てたときのうれしさも大きいです。

>>ワナさん
確実にふいうちを防ぐ方法はすくないですね。ふいうち読みの行動が、相手に普通に攻撃されたりして裏目に出たりもしますしね。やっぱりそこは読み合いかな~。
じゃっぱりこの指とまれはダブルでは脅威の技のようですね。そのかわり、覚えられるポケモンがトゲキッス、ピクシー、オオタチ、あとドーブルくらいしかいないのが難点ですが。
次のフリースレでの大会はダブル専用らしいので、私もこの指とまれを使った作戦で出場しようと計画中です^-^

>>ATさん
はじめまして。いつもブログと動画を見てくださりありがとうございます。
>2匹のうちどちらかが攻撃技を選んでいればどちらにも不意打ちが成功する
これについて追加実験してみましたよ。こんな感じで

○1(ふいうち→●1へ)   ●1(みがわり)
○2(みがわり)       ●2(大文字→○1へ)  

結果は、ふいうちは失敗しました。
やっぱり、ふいうちの攻撃対象のポケモンが攻撃技を選択した場合にのみふいうちは成功するようです。実験8で、この指とまれで攻撃対象が変えられてふいうちが失敗したのもこのためですね。参考になりましたか?

>>ラズベリーさん
参考になってもらえたでしょうか。私もちょっと知らなかったことだったので自分自身で勉強になりましたよ^^
とくにダブルバトルでのふいうちの効果はよくわからなかったので、今後に役に立ちそうです。
リリア * URL [編集] 【 2007/10/27 20:32 】
--- ---

コメントを書いている間にコメントがw

>>赤嶺進一さん
実は私もそこがちょっと気になっていたんですが、あいにく私の手元に寝言指を振る猫の手を持つポケモンがいなかったのでパスしてしまいましたw
まあ用意するのにそれほど時間はかからないので、今から実験しようと思います。私の予想では、多分どの技に対してもふいうちは失敗するんじゃないかな~とおもいます。
リリア * URL [編集] 【 2007/10/27 20:35 】
--- 実験結果 ---

一回目:○(ふいうち)   ●(猫の手→電光石火)
二回目:○(ふいうち)   ●(指を振る→しっぺ返し)
三回目:○(ふいうち)   ●(寝言→水鉄砲)

結果は、どの場合もふいうちは失敗しました。やはり相手が「攻撃技を選択する」というところがキーポイントになっているようです。
あと、おまけにこんな実験もしてみました

○(ふいうち)    ●(まねっこ→ふいうち)

この場合も、やはりどちらのふいうちも失敗に終わりました。
リリア * URL [編集] 【 2007/10/27 21:21 】
--- ---

個人的な不意打ち対策は身代わりかな?

不意打ち読みで身代わり貼れば
不意打ちに弱いエスパー・ゴーストポケでも有利にプレイできますし。

他にもすなおに受けのポケモンに交代。
不意打ち読みでチェンジすれば無償降臨できますし。

ただ、アブソルやドンカラスには
追い討ちという秘密兵器があるのが恐いですね。

そのへんは読み合いに制覇しなくちゃいけませんね。
ヤマねん * URL [編集] 【 2007/10/27 21:25 】
--- ---

>>ヤマねんさん
ふいうちに身代わりは有効ですね。でも先に身代わりを見せてしまっていると、普通に攻撃されたりして以下読み合いに…
ドンガラスとアブソルはこわいですねー。運良く物理受けが対峙してくれればいいんですけど、ゴーストやエスパーなんかだと手に汗が^^;
リリア * URL [編集] 【 2007/10/27 21:49 】
--- ---

「ふいうち」についての実験,とても参考になりました。タイプ一致でしたらけっこうなダメージ受けますし,ガルーラ(きもったま)で猫だまし→ふいうちでゴーストタイプや耐久が低い相手など運がよければ,ノーダメージで倒せそうですね。
白色レモン * URL [編集] 【 2007/10/27 22:01 】
--- ---

失敗ですか。これで頭の中のモヤモヤが晴れました。
私の戯言に付き合っていたきありがとうございます。
それに指を振るや猫の手を使えるポケモンがいなかったのですか。
わざわざ用意させてしまいすみません。本当にありがとうございました。
赤嶺進一 * URL [編集] 【 2007/10/27 23:20 】
--- ---

わざわざ実験していただいてありがとうございます
自分はシングル専門ですがダブルもやってみようかな?と思っていたところなのでとても参考になりました
これからの更新も楽しみにしてます
AT * URL [編集] 【 2007/10/27 23:56 】
--- ---

>>白色レモンさん
ガルーラで猫だまし→ふいうちはつよそうですね。でもガルーラのその二つの技は結構有名だから逃げられる可能性もありそう^^;私もガルーラが出てきたら、まず猫だましを警戒しますしねぇ。
でもその裏をかいて相手の意表を突くのも面白そう。相手が守ったり交換してきたところで身代わりを出して気合パンチ~とか、猫だましもふいうちも使われると厄介な技なので色々応用が効きそうですね。

>>赤嶺進一さん、ATさん
いえいえどういたしまして^-^
私のほうも、色々実験できて楽しかったですよ。こういうことを事前に確認しておくと、いざ実戦で同じようなシチュエーションになったときにあわてなくてすみますしね。
今後ともよろしくおねがいします。
リリア * URL [編集] 【 2007/10/28 06:05 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pokemonbattle.blog117.fc2.com/tb.php/27-1cd5014f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。