スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ポケモンBWプレイ日記4
一番道路を抜け、先にすすんでいたベルとチェレンに合流すると、アララギ博士からライブキャスターを通じて通信が入りました。

ライブキャスター1

ライブキャスターは、DSのワイヤレス通信で友達とテレビ電話のように会話ができる機能ですが、
ストーリーのなかでもちょっと使われるみたいですね。

アララギ博士によばれて、隣町のカラクサタウンでポケモンセンターを初体験!
今回のポケモンセンターは、回復はもちろん、今までは別々だったフレンドリィショップも兼ね備えているようです!

ポケモンセンター
ちなみに、二回にある、ユニオンルームやGTSなどの通信施設はまだ使えません…

売り物
フレンドリィショップでは、きずぐすりとモンスターボール、
それに各種メールが買えます。


あ、それと今回は、なぜかボックスの数が8つしかないようです

ひとつのボックスに預けられる数は30なので、全部で240匹…
ポケモンはおそらく全種類で600以上にはなるはずなので、これは明らかに少ない数
多分、ゲームを進めていくと増えるんだろうとは思うんですが…どうなんでしょうね。

あ、それとパソコンに新しくバトルボックスという項目が増えてますね。
これは、普通のボックスとは別に6匹だけ預けられる場所があり、
通信対戦などをするときにそのバトルボックスにいるポケモンで戦う仕組みのようです。

バトルボックス
普通のボックスから、バトルボックスへ移動!

さて、ポケモンセンターの説明はこれくらいにして、カラクサタウンを散策ー
するとなにやらあやしいプラズマ団と名乗るあやしい集団が…

ゲーチスの演説

そのプラズマ団のゲーチスという奴が、なにやら演説を始めました

ゲーチスがいうには、
「ポケモンと人間が、お互いを必要としていうのは人間の勝手な思い込みで、
 人間はポケモンを自分たちのいいようにこき使ってるだけではないか?
 人間はポケモンを解放すべきなのです」

…とまあ細かいところをはしょってますが、大体こんな感じ…
なんていうか、正論過ぎる

ポケモンは友達!といいながら、ポケモン同士を戦わせるという理不尽な行為に、誰もが一度はおかしいと思ったことはあるはずです。
でも、それは「ゲームなんだから細かいとこはいいっこなし!」と流す程度のものでした。
実際ゲームだし、現実に当てはめれば理不尽なことはあって当然なんだし…

しかしそれをゲーム内で言っちゃうのか!
うーん、そんな思想を(いちおう)悪役に持たせちゃうあたり、今回はストーリーにもいつにない力の入れようが感じられますね…
ポケモンと人間、ポケモンは人間の奴隷なのか、いやいや人間の視点でポケモンを見るのは間違いなのか…
ちょっと哲学的ですねぇ… この話がどんな方向に行くのか気になります

Nとのバトル

そしてプラズマ団の演説が終わると、どこからともなくやってきたNというなぞの男に勝負を挑まれました
Nも、幾多のポケモンをモンスターボールに閉じ込めるのが疑問でならない…と、プラズマ団みたいなことをいう男。
プラズマ団とは何かかかわりがあるのでしょうか?
なぞの多い始まりでした・・・!
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

【 2010/09/18 18:32 】

| ポケモンBW | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ポケモンBWプレイ日記5 | ホーム | ポケモンBWプレイ日記3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pokemonbattle.blog117.fc2.com/tb.php/313-3edded2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。