スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
その4 ナッシー を育ててみた
ナッシー

ぐっへっへって何かって?
いやほら、泣き声がさぁ…


今回は、絶えない笑顔がチャームポイントのナッシーについて書こうと思います。
私は初代から使ってきたポケモンで、ニックネームも初代のときと変わらずに使っていたりしますw
今回紹介するナッシーはこちら

NN:ぐっへっへ
性格:控えめ
持ち物:ヤチェの実
技:サイコキネシス 眠り粉 日本晴れ ソーラービーム
ステ: HP 175
   攻撃 100
   防御 102
   特攻 194
   特防 71
   素早 100


ステータスはLV50時のもの
努力値は特攻・素早さ100調整振り、残りHP

『時代を超えて復活』

初代ポケモンの頃から、私はナッシーを強力なポケモンとして愛用してきました。高い耐久力、相手を黙らせる眠り粉、強力なサイコキネシス…。頼もしい限りです。さらにポケモン金銀になると、特殊が特攻と特防に分かれて耐久力が下がったものの、日本晴れの登場によってソーラービームの使い勝手が一気に良くなり、さらに回復技光合成も増えて、結果的には強くなったように感じます。その後、私はルビーサファイアを少しかじったあとに一度ポケモンをやめてしまうのですが、攻略サイトかなにかで、新たに追加されたナッシーの特性をみる機会がありました。
特性「ようりょくそ」:晴れてる間、素早さが倍になる

「え? いや、それって強すぎるんじゃ…^^;」

金銀の感覚がそのまま残っている私には、それが素直に感じたことでした。いくら5ターンの間だけとはいえ、あの耐久で、あの攻撃力で、眠り粉まで持っている奴が、さらに鈍足でもなくなったら、どうなってしまうのだろう…?と。
しかし、私はGBA時代のポケモンに深くはまることはなかったので、その時代のナッシーがどれくらい強いかは、結局謎のままです。

しかし、時は流れて、私はダイヤモンドパールでポケモン復帰しました。さらに今は、Wi-Fiのおかげで対戦相手はいくらでもいるという、昔からすれば信じられないほど恵まれた環境でもあります。そう、ついに、私は過去の疑問を解き明かすときが来たのです。「はたしてナッシーは強すぎるのか」。技構成はあえて金銀時代に私が使っていたものをそのまま採用しました。時代を超えてよみがえったぐっへっへ。その実力はいかに。

『やはりナッシーは強かった!』

さて、さっそく育てたナッシーで戦いを重ねてみました。率直な感想を言わせてもらいますと、やはり過去の私が予想した通り、強力ですね。なんというか、とりあえず日本晴れを使ってしまえば後は何とでもなってしまう、という感じ。苦手な相手も、眠り粉で眠らせてしまえば、あとはその間に強力なナッシーの攻撃力でねじ伏せられてしまう。相手を倒すと同時に日本晴れが切れてしまうとちょっとピンチですが、切れそうなときはとりあえず眠らせておいて、適当な技で時間稼ぎをして、もう一度日本晴れを使ってから倒すという外道なこともできてしまいます。なにより今回は眠りのターンが長いですから、そういうこともできてしまうのでしょう。一方的になるときは本当に一方的になってしまい、そういうときは、試合に勝って勝負に負けた感が強いんですよねぇ…。

日本晴れ

これで無敵のナッシー様よ

『耐久力はボロボロ』
このように、日本晴れ後の先制の眠り粉と攻撃に関しては、過去の私の予想道りでした。しかし、ひとつだけ大きく予想が外れたところがあります。それは、耐久力の面です。ナッシーは金銀時代から種族値は変わっていないのですが、ポケモンのシステムは大きく変わりました。まず、努力値システム。今では、簡単に言うと努力値は最大2つのステータスにしか振ることができません。しかし、金銀時代ではすべてのステータスに最大まで振ることができたのです。今は全体的にみて、攻撃や素早さに努力値を振ることが多いので、感覚的には、昔のポケモンはみんな固かった、ということが言えるでしょう。さらに、技の種類も以前に比べるとかなり豊富になりました。とくに、攻撃技の種類が爆発的に増え、ほぼすべてのタイプに十分な威力を持った技が用意されています。しかし過去にはそれがありません。ナッシーは弱点になるタイプこそ多いものの、過去は技自体の種類が少なかったため、弱点を疲れる機会も今に比べると少なかったといえるでしょう。
つまり、昔を基準に考えると、今のナッシーは防御力がかなり落ちた、ということになります。実際、このナッシーは丈夫そうに見えてちょっと強力な攻撃を受けるとあっさり倒れてしまうことも多いです。それに今は、強力な道具の存在もあります。一発で倒せると思ったら、きあいのタスキで持ちこたえられカウンター攻撃を受けるとか、こだわりスカーフを持った相手で先手をとられてしまうということも考えられます。そういうことを考えると、バランスが取れていないわけでもないのかな?とも思います。
それでもやはり、使っている上で日本晴れが成功したら、あとはマウントポジションで一方的な展開になるということも結構あっちゃいますので、このポケモンを使うことは、今後しばらくは自重したいですw

ソーラービーム

眠らせてから、力でねじ伏せる

スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2007/08/28 23:51 】

| ポケモンレポート | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<その5 バリヤード を育ててみた | ホーム | その3 リザードン を育ててみた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pokemonbattle.blog117.fc2.com/tb.php/5-c4e658bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。