スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
その35 マタドガス を育ててみた
マタドガス
ドガース進化の瞬間


今回はマタドガスについて書こうと思います。
初代ポケットモンスターのサイクリングロードで、暴走族が次々に繰り出すマタドガスをダグトリオの穴を掘るでバタバタ倒していたのも、今では懐かしい思い出・・・


マタドガスアイコン
NN:Xウイルス
特性:ふゆう
性格:のんき
持ち物:たべのこし
技:いちゃもん 大文字 守る ヘドロ爆弾
ステ: HP 171
   攻撃 98
   防御 189
   特攻 94
   特防 79
   素早 71
  アイコン提供:ポケ書

ステータスはLV50時のもの
努力値はHP・防御振り
くろいヘドロが欲しい今日この頃


『受けの役割』
攻撃中心のポケモンは、主に物理攻撃を主力とした物理アタッカーと、特殊攻撃を主力とした特殊アタッカーが存在しますが、逆に防御力の高いポケモンを育てる際にも、「物理受け」と「特殊受け」という概念がしばしば使われます。
「物理受け」は、その名のとおり防御を高く育て物理攻撃に対して強くするポケモンをいい、「特殊受け」もまた特防を高くして特殊攻撃に強くしているポケモンのことをそう呼びます。
この「物理受け」「特殊受け」は、相手から攻撃を受けることを前提とした戦法をとる場合が多く、ポケモンバトルを有利に進めるうえで重要な役割を担っていると私は考えています。
まず考えられる役割は、相手のアタッカーに幅広く対応する役割ですね。早い素早さで強力な攻撃を仕掛けてくる相手のアタッカーは非常に驚異的な存在。ですが、相手を一撃で倒したりすることを前提としていて、防御力や柔軟性がないがしろにされていることが多いので、一撃で倒しきれずに反撃を食らったり、相手にガードを固められて決定打を与えられない場合、結構脆いという弱点があります。その弱点をついて戦うのが「受け」の主な戦法になり、アタッカーを返り討ちにするのが主な役目です。
もう一つの役割は、味方の弱点を補完する役割です。
ポケモンには多くの場合ポケモンのタイプ、覚えている技、道具や特性などから来る相性の良し悪しがあり、個々のポケモンがその相性をひっくり返すことは容易ではありません。もし相性の悪いポケモンと出くわしてしまった場合、手軽に回避する方法としては、ポケモンを交換して相手に有利なポケモンを出す事が考えられます。しかしここで注意しなければならないのは、ポケモンを交換することによって、相手に一回行動する隙を与えてしまうということ。ポケモンの交換は、相手のポケモンが繰り出す技より先の行うことが出来るので、相手が攻撃を仕掛けてきた場合、交換先のポケモンが相手の攻撃を受けることになります。せっかく有利なポケモンに交換したのに、もしその一撃で致命傷を受けてしまったのなら何にもなりません。そこで、交換先のポケモンは相手の攻撃が「こうかはいまひとつ」になるようなポケモンだったり、防御力が高くてダメージを受けにくいポケモンであることが理想的になるのですね。
相手から攻撃を受けることを前提とした「受け」のポケモンにはその理想がぴったりとはまります。

ナッシーvsリザードン
さあバトル開始・・・
げげっ、これはいきなり相性が悪い!


みんな炎に弱い
ここは炎に強いポケモンに交換して~
あれ、いない・・・・・・


ナマズンの登場です
持っててよかったナマズン!
こちらはよい例



『物理受けの代表格』
今回紹介するマタドガスは、受けの中でも「物理受け」に適役といわれています。その理由は、まずなんといってもその防御力の高さ。もともと高いうえに、防御をとことん高くなるように育てれば、物理攻撃に対しては相当な頑丈さを見せてくれるでしょう。
そして次に、タイプと特性も大きな理由でしょう。毒タイプは弱点が地面とエスパーの2種類しかなく、弱点を突かれにくいので毒タイプのポケモンは安定した防御力を発揮しやすい特徴があります。さらにマタドガスの場合、特性浮遊により地面タイプの技が無効ですので、実質マタドガスの弱点はエスパータイプのみ。また、エスパータイプの技は特殊のサイコキネシスが圧倒的メジャーで、物理のエスパータイプ技もサイコカッターがありますが、覚えるポケモンが少なく威力もあまり高くないので、マタドガスは物理攻撃で弱点を突かれることはほとんどありません。さらに、マタドガスはメジャーな物理攻撃である格闘タイプの技が効果は今ひとつ。地面も浮遊で無効です。地面・格闘タイプが弱点のポケモンは多いので、逆にそれらのタイプの技を受けつつマタドガスが登場するチャンスを増やせるというものです。
また、マタドガスは近作から「鬼火」を覚えることが可能になりました。もともと高い防御力に加え、相手を火傷状態にすることが出来れば、物理攻撃に対してはまさに鉄壁の防御。同時に物理アタッカーの攻撃力を著しく奪えるので、味方のポケモンが戦いやすい状況を作ることにも繋がります。
まさに、マタドガスは物理受けに適した能力の持ち主、代表格といえるポケモンなのですね。

マタドガスの鬼火
鬼火でさんざん相手の攻撃力を奪い

マタドガスの大爆発
役目を終えたら派手に散ってもらいます

『いちゃもんの威力?』
私はそれまで純粋な毒タイプのポケモンを育てたことが無いこともあり、毒タイプのポケモンの代表的存在であるマタドガスを育てようと考えました。当然物理受けにすることを視野に入れて育て方を考えたのですが、やっぱりどうせ育てるなら、ちょっとほかには無い変わった育て方もしてみたいものです。よく見かけるマタドガスは、やはり鬼火で物理アタッカーの攻撃力を奪いつつ、大文字や10万ボルトで責めていくタイプ。体力が減ってきたら痛みわけでHPを奪ったり、役割を終えたら大爆発でドカンといく作戦も同時に使われますね。
しかし、私にはちょっと試してみたい技がありました。その技とは「いちゃもん」。いちゃもんを受けタポケモンは、同じ技を続けて使うことが出来なくなる、というちょっと変わった効果のある技なんですが、ちょうどそのころこのブログでいちゃもんの効果を実験したこともあり、今度は使い心地や有用性を実戦で試してみたいと思っていたのです。
ちなみにその実験の記事はこちら→実験レポート「いちゃもん」
ただでさえ大ダメージを与えにくいマタドガスなので、いちゃもんを使うことでさらに相手の動きを制限することが出来たなら、結構強力な組み合わせになるんじゃないかな、と私は考えたのですね。
また、いちゃもんは「まもる」との相性もよさそうです。もしいちゃもんをかけた状態で、相手の的確な攻撃をまもるで防ぐことが出来たら、ますます活躍することが出来そうです。持ち物も食べ残しを持たせれば、回復量を増やすこともできるので、相乗効果は抜群です。
残り二つの技枠には、マタドガスのメインウェポンになって3割で毒にする効果もおいしい「ヘドロ爆弾」と、毒タイプの攻撃が無効になってしまう鋼タイプの弱点を突くための「大文字」を選択。ギャラドスなどと戦うことも考えて、どちらかの技を10万ボルトに変えるのもひとつの手ですね。
とりあえずこれで完成したいちゃもん型マタドガス。いちゃもんの実用性に特に期待が高まります。

『味方と協力すると、なお強力』
さっそく実戦に投入して、実験的に何度か戦ってみました。
率直な感想をいいますと、うん、これはなかなか面白い戦いが出来ますね!いちゃもんをかけることに成功すると、ちょっとした読み合いに発展させ、バトルをかき回すことが出来ます。弱点を突こうとする相手と、それを守ろうとする私。それならば先に違う技を出しておいて、と考えそうなところを読んで攻撃するかしないか・・・という風に、ちょっと頭をひねることになりますが、それがまた楽しい!地味ながら、相手の行動の制限力は侮れないと感じました。上手く相手の攻撃を守るだけで、次のターンにはもれなく隙が生まれることになりますからね。
また意外なところでは、マタドガスの性質上交代読みのいちゃもんが決まりやすいところに気がつきました。うえのほうで書いたとおり、物理受けの役割をになうマタドガスは物理アタッカーの前に交代で登場することが多いのですが、やはり鬼火を警戒してでしょうか。その次のターンには、相手が交換することが多いのです。そこで、ここぞとばかりにいちゃもんを選択してやれば、リスクを受けずに相手をいちゃもん状態にすることが出来ます。いちゃもんは、基本的に効かないポケモンは存在しないので、交換先のポケモンがどんなポケモンであろうと、確実にいちゃもん状態にすることが出来ます。そのため、交換読みで繰り出すわざとしては、非常に適しているといえますね。
さらに私は、今回いちゃもんを使うことを考え、いちゃもんの効果をより助長する手段として、パーティにスカーフトリックやアンコールを覚えるポケモンも一緒に参戦させました。いちゃもんとこだわりスカーフ・アンコールの効果を同時に受けると、そのポケモンは技と悪あがきを交互に繰り出さなければいけなくなります。このコンボも、実戦でなかなか強力なコンボとして働いてくれました。特にスカーフトリックは、一度成功するとそのポケモンをバトルの間ずっと縛ることが出来るので、後にマタドガスを活躍させやすくするには適役です。相手がはじめからこだわりスカーフを持っていたりした場面もあり、それらのポケモンには、いちゃもんは恐怖となったでしょうね。
アンコールも、攻撃技を防がれて相手が仕方なしに変化技を使ってきたところで交代→アンコールを決めちゃいます。

マタドガスのいちゃもん
マタドガスのいちゃもん!
なのを言っているかは各自のご想像で


ムウマージの仕方ない瞑想
これは違う技を出さざるを得ない・・・

フーディンのアンコール
そこを狙って交代→アンコール!

というわけで、意外に使えますよ、いちゃもん!これからは、ほかのポケモンを育てる際にも積極的に覚えさせていきたいですね。その技の性質上、素早さの高いポケモンに覚えさせることにあまり意味はないので、覚えさせるなら防御力のあるポケモンがよさそうです。
ただしいちゃもんを使う上で気をつけたいのが、やはりいちゃもんを使うことで相手に一ターン隙を与えてしまう可能性でしょう。基本的にこの技は、使った次のターンから効果を発揮するので、交代するポケモンに使ったりする以外は、始めに無償で相手に一回技を使わせてしまうことになります。その技が、致命的なダメージを受けるようなものだったら、せっかくいちゃもんしてもあまり効果はありません。後続には繋げられますが・・・
またいちゃもんが成功しても、相手が交換してしまうとその効果は無くなってしまうので、いちゃもんを使って得をするかしないかの判断が重要になりそうです。

それでも地味なイメージとは裏腹に、いちゃもんは意外に強力な技になる可能性を感じることが出来ました。これからも、いちゃもん以外にも色々な技の可能性を試していきたいです。


前半


後半
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターダイヤモンド&パール - ジャンル:ゲーム

【 2008/05/28 23:53 】

| ポケモンレポート | コメント(14) | トラックバック(0) |
<<第4回 DS対戦会を開いてみる | ホーム | ポケモン牧場 マグマッグ>>
コメント
--- ---

はじめまして。深夜に初コメントさせてもらいます、「take」といいます。よろしくです。

いちゃもんを使うマタドガスなんて見たことがなかったので感心しました。ポケモンにはまだ意外に強力な技があるのかもしれないですね。
僕はあまり個体値粘らないし、受けは苦手ですが、マタドは好きなので何とか使って活躍させてあげたいです。
可愛くない(?)ポケモンだって仲間っスから。
take * URL [編集] 【 2008/05/29 03:51 】
--- ---

こんにちは。シアンです。ぼくもマタドガス使ってたんですよ。いまヤドランですけど。
でも、マタドだとマニューラとかバンギラスとかヤドランで受けきれないポケモンを受けれるんですよね。
いちゃもんってどう使えばいいのかわからなかったんですけどアンコールとコンボにすると強力なんですね。
やっぱりリリアさんはすごいです。
シアン * URL [編集] 【 2008/05/29 07:44 】
--- ---

絵に吹きましたw
イトです。
ほほう、いちゃもんを使うマタドガスですか。
私でも考えませんでした。
私もマタドガスの「ガスこさん」を育てたんですが、何せ野生なので弱くて・・・
しかも10万ボルトを手に入れる金が無いので雷で妥協するというw
技は ヘドロ爆弾 大文字 雷 大爆発
持ち物は エスパー半減の木の実(名前忘れました)です。

現在は牧場で疎開してますw(疎開って

元々マタドガスは防御面が高く、毒タイプ最強ポケモンに選ばれました。(確かそうでした

特性も浮游なので、苦手なタイプはエスパーのみに。
ラムパルド?型破りカイロス?知りません
いちゃもんはストーリー攻略用でしか使いませんでしたが、そのような使い方があるとは・・・
挑発を覚えたマタドガスの他に、いちゃもんを覚えたマタドガスが広まったりするのも夢じゃないですね。
私が覚えている限り、いちゃもんを覚えるポケモンはこれです。

ギャラドス ジュペッタ ゴウカザル ゲンガー
ウソッキー ムウマージ へんt・・・スリーパー スカタンク

スリーパーの方で「変態と言おうとしたな」という意見はなしでw
イト * URL [編集] 【 2008/05/29 17:08 】
--- ---

なるほど、だから片方がが小さいわけですねw(違
互いに弱点を補えると、結構動きが良くなりますね
以前リリアさんと戦った時に使った組み合わせは、
試合時間が長くなるのが問題ですが;;

マタドガスの痛みわけは使用していた立場から言うと使い辛いです・・・
それより、大爆発が欲しい時の方が多いです
とか言うと、たまに役に立つ時があるから困るんですが;;
いちゃもんですか・・・
使ったことが全く無いです(ぇ
交代誘発技としても使えるような使えないような・・・
動画を見る限りだと、扱いこなすのが難しそうね;;

それと、純粋な毒タイプは殆ど居ない気がします
複合が殆どな気が・・・
銀炎 * URL [編集] 【 2008/05/29 21:06 】
--- ---

>>takeさん
はじめまして~
パッと見ただけじゃ使い道が分からないような技でも、なんとなく持たせておくと意外なところで活躍してくれることがありますね。
マタドガスに関しては、個体値は極端に低くなければ大丈夫だと思いますよ。個体値が変わっても、やっぱり弱い奴には弱いし強い奴には強いですからね。
何より使っていると、容姿に関係なくどんなポケモンでもかわいく見えてきちゃいますw

>>シアンさん
まあヤドランはそういう一部のポケモンを除けば安定して受けられますからね。安定すぎて寂しい感じもしますが。
いちゃもんアンコに限らず、最近はほかのポケモンと協力したコンボが色々あることが分かってきましたよ。強いかどうかは別ですが

>>イトさん
雷ですか、なるほど、野生での能力の低さをカバーしようというわけですね!(違
マタドガスは型破りなポケモンには弱いですね^^;むしろ、型破りはマタドガスに地震を撃つためにあるような特性のような気もしますw
いちゃもんは技マシンでもありますし、覚えるポケモンの種類だけなら結構多いんですよね。それなら、全員にいちゃもんを覚えさせて、常に相手をいちゃもん状態にして戦うブーイングパーティもいけるかも・・・。
いやらしいけど意外に強そうかもw

>>銀炎さん
そうそう、だから一匹はあの大きさなんですね~(違
やっぱり受け中心攻撃中心に限らず、強いパーティは弱点の補い合いが上手くいっている気がしますね。
弱点を受けることに気をとられると、今度は決定力がなくなって、確かに試合時間が長くなりがちですね・・・。私は読み合いが面白いから、試合時間は忘れがちなんですが、相手からするとやっぱりいやらしいかなorz
マタドガスの痛みわけは使いづらいですか。確かに、私もマタドガスの痛みわけには苦戦させられたことはないですしねぇ^^;
でも大爆発は使いやすいですよ~。
いちゃもんの効果は、この動画からはよく分からないですよね。ほかに動画がなかったんですけどorzはっきりとした効果は想像しづらいですが、相手の行動を誘導してやるには使える技ですよ。
純粋な毒タイプ、確かにあまりいないですね;
でもなぜか、毒タイプは私にとって存在感のあるタイプなのです。
リリア * URL [編集] 【 2008/05/29 22:17 】
--- ---

今回はマタドガスですか。安定した物理耐久を持つ代わりに特殊方面に強くないので、サンプル動画のマイナンのような特殊受けが相方に欲しいところですよね。
机上論の上に決定力がかなり落ちますが、特殊受け特化のブラッキーとのコンビでかき乱すのも面白そうです。相互に弱点を補い合いますし。

黒いヘドロ、入手するのめんどくさいですよね。……黒いヘドロがバトレボの贈り物にいつか追加される、そんな風に思ってた時期が(ry
N・パッチ * URL [編集] 【 2008/05/29 23:04 】
--- ---

マタドガス、私も気にいってます!見た目、性能両面で。

いちゃもん+まもるのコンボは、私もADV時代にエアームドで使っていました。決定的なダメージを受ける技が少ないポケモンが使うと有効みたいですね。
DPになってこだわりアイテムも増えたし、何より相手に慎重に技を使うことを強いる技なので、単体でもなかなか活躍が見込めそうです。

PS. 大湿原で毒蛙を複眼乱獲したので黒いヘドロあまってますよ
Vanadec * URL [編集] 【 2008/05/29 23:15 】
--- ---

そういえばリリアさんはベトベトンも育てていましたね。
リリアさんの手持ちって意外と
毒タイプが多いのかも・・・と思ったりw

確かにマタドガスは受けの役割をさせるにはもってこいですね。
弱点が少ないのは強みだし、いちゃもんを覚えているので
更に読みが熱くなりそうですね^ ^
私の現手持ちには物理受けがいないので参考になります。
レイ * URL [編集] 【 2008/05/29 23:17 】
--- ---

う~ん、楽しい試合なら試合時間が長くても僕は構いません
とは言え、1時間なんてのは勘弁ですが(何

毒タイプと来ると、クロバット・ゲンガー・マタドガス・スカタンク(
その他諸々居ますからね・・・
前者3体の使用率はそれなりでしょうし、確かに存在感あります
スカタンクを入れたのはお気に入りだからです(おぃ
決定力には欠けますが、大爆発も使える小回りが利く子です(何
銀炎 * URL [編集] 【 2008/05/30 00:02 】
--- ---

比較的マイナーな技やポケモン(マタドガスはメジャーかな?)を研究して使いこなしてしまうのはすごいですね。

私の場合読みが単調過ぎてすぐに試合が終わってしまいがちなのですが、読みあいを楽しむというのも一つの楽しみ方なんですね。

マタドガスをはじめゲンガーやクロバットなどの浮いてる毒タイプは便利なんですけど、毒びしを消せないのがたまに悲しかったり。
しん * URL [編集] 【 2008/05/31 00:39 】
--- ---

このカラカラを見て、ポケモン4コマ劇場を思い出したのは私だけ?w
決定力に乏しいうちのパにとっては、受け、持久型に属するポケモンは非常に厄介な存在ですね…
ドガスさんにも、今まで何度もかき回されました。
ブラッキー、エアームド、「噛み砕ける」カビゴン等々、、、課題は山積みです
…と、何だか愚痴みたくなっちゃいましたがw

今日もハピナスで止まります♪
ネタぎれ * URL [編集] 【 2008/05/31 22:36 】
--- ---

あの、余計かもですけど「いちゃもん」が
「いっちゃもん」になってますよ。
シアン * URL [編集] 【 2008/06/01 13:29 】
--- ---

なかなかおもしろそうな型ですね…発想力に嫉妬ですw 自分まったく思いつきませんでしたよ。何気に守る+たべのこし(へドロ)の組み合わせだけでも強いですし。 あいかわらず守るの使い方がうまいですねえ。

やっぱり毒タイプは一風変わったポケモンが多いですね。防御面は結構優秀だし、爆発できるのも多いですし。ただ毒タイプの攻撃範囲はひどいですがw(覚える技は良いものがそろってますがね)

自分が使っているのは
HP・とくこう振り 性格のんき
大文字 シャドーボール 雷 大爆発
持ち物 フォーカスレンズ
色違いだぜイエイ どうみても低個体値です本t(ry
大文字をほとんど100%で撃てるのはきもちいいですよ!挑発してくる相手の意表をつけたり、はずれ期待の身代わり連発をコケにしたり・・・。

ただ、普通に防御振りにしたほうが強いんかなーとか最近思ったり。  では。
しずく * URL [編集] 【 2008/06/01 20:30 】
--- ---

>>N・パッチさん
マタドガスは物理には強いですけど、やっぱり特殊には弱いですね。マイナンをいれたのも、特殊攻撃を受けられて、なおかつ地震を誘ってマタドガスを登場させやすくする考えがあります。
同じように考えると、悪タイプのポケモンもマタドガスと相性がよさそうですよね。
黒いヘドロ・・・毒ポケモンを育てる前は、個々まで手に入れづらい道具だとは知りませんでしたw

>>Vanadecさん
おお!いちゃもんのパイオニアがいましたか!GBA時代の対戦はあまり詳しくないですが、大ダメージを与えられる技が限られているエアームドに使われると苦戦しそうですね。
>黒いヘドロ
大変ありがたいお言葉なのですが、これはやっぱり自分で粘ってみることにします。というか複眼という手がありましたね!いい情報を聞きました。
これからヤンヤンマ連れてグレッグル乱獲してきますノシ

>>レイさん
毒タイプは不定形グループが多いので、またもや連鎖的に育ててしまいましたwベトベトンも6匹育てましたがどうすればいいんだこれww
マタドガスのような、広範囲の物理攻撃を受けてくれる存在は使っていて非常に心強いです。こちらのアタッカーの苦手な奴を相手にしたとき、ひとまず請け負ってもらえるので本当に助かりますよ。

>>銀炎さん
まあ私も、お互い決定打を与えられずに同じ業選択し続ける試合だったりとか、異様に長すぎる対戦は簡便被りたいところです^^;
スカタンクは、ちょっと使いづらい感じもしますけど、弱点の少なさや誘爆をうまく使いたいところですね。いま調べてみたら、何気に火炎放射をレベルアップで覚えるんですねw
ガスに引火するって(( ;゚Д゚))))

>>しんさん
マイナーな技やポケモンはあまり使われてないだけで、育て方によっては立派な戦力になる場合がほとんどだと考えていますよ。
逆に、その使い方を考えるのが楽しいですね。
読み合いはポケモンバトルの醍醐味ですからね。読み外れただけでどんな強力なポケモンでもあっさり倒れてしまったりします。でもあまり読み合いが続き過ぎるとやたらと疲れるのですがw
毒びしを消せなかった経験は私にもありますね。毒ポケモンなのに消せないとなんとも歯がゆいです。

>>ネタぎれさん
ポケモンの4コマ面白かったですよね。ダイパの4コマも出て欲しいものなのですが・・・。
耐久型は耐久型が苦手です^^;私もマタドガスに限らず受け型などを育てることが多いので、よく耐久型には苦戦しますよ。
なので、スカーフトリックや挑発アンコールなどで、耐久型のポケモンに有利に戦えるようなポケモンを忍ばせておいています。
ハピは本当に壊れ性能・・・あの特防が高いのはともかく、防御も実は高いとかやめてくれw

>>シアンさん
指摘どうもです。直しておきますね

>>しずくさん
守るの便利さは、身代わりに次ぐと思ってるw
毒タイプは全体的に攻撃型というよりは防御型というイメージが強いですよね。見た目難そうじゃないアーボックでも、メジャーな型は蓄えるで耐久特化ですしね。ハブネークは分からんw
しずくさんのは攻撃型なマタドガスですか。受け型のイメージが強いことを逆手にとって、攻撃を仕掛けるのもよいかもしれませんね。でも受けるのは難しくなりそう・・・。どちらも一長一短ということなのでしょう。
リリア * URL [編集] 【 2008/06/01 22:44 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pokemonbattle.blog117.fc2.com/tb.php/77-0b69683a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。