スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
第15回DS対戦会 あとがき
みなさん対戦会お疲れ様でした~

私は今回も対戦会に参戦させるべく新しいポケモンを育ててきたのですが、最近は育てるポケモンをポケモン牧場のオーナー、ユカリに決めてもらっています。

どういうことかというと、ポケモン牧場とDSを通信すると、ユカリがまだ図鑑登録されていないポケモンをウオンテッドに指名して捕まえてくるよう促すのですが、ただ捕まえるのもつまらないので、このウォンテッドに指名されたポケモンを、次に育てるポケモンにするようにしているんですね~
これを繰り返していけば、図鑑のポケモンも増えて2度お得!

んで、前回ユカリが指名したポケモンがユキカブリとガバイト。
その進化系のユキノオーとガブリアスが次に育てるポケモンに決まりました。

さっそく対戦会に参戦させてみたので、軽く感想を書いておきます。

ユキノオー
ユキノオーアイコン
NN:ノオォォ!♂
性格:しんちょう 努力値:HP・特防 持ち物:オッカの実
技:氷のつぶて 地震 剣の舞 ウッドハンマー


天候変化の特性は便利ですけど、利用しすぎるとアンフェアな感じになってしまうので、「パーティにユキノオー以外の氷タイプを入れない」「ユキノオーを先頭に出さない」縛りでの参戦。
…まあそしたら相手の食べ残しを持った耐久型のポケモンに異様に苦戦するハメになったんですけどw

このユキノオーは特防特化で育ててみました。弱点タイプが多い割りに、マイナーなタイプの弱点が多いので、特に特殊タイプから受ける弱点が少なかったりします。
そこを利用して、特殊タイプの前に出して攻撃を耐えつつ、剣の舞でこちらの攻撃力を挙げる作戦。
実際特殊型の相手には強い場面が多かったですね。水タイプにも弱点をつけるのが強み。今回は戦わなかったけど、エンペルトの攻撃を受けつつ反撃できる数少ないポケモンだと思う…。(ラスターカノンとか持ってるとあれですが;)
炎は大弱点ですが、特防特化でオッカの実を持たせれば、炎タイプの大文字なんかも一回だけなら耐えられるので、地震で反撃!
でもさすがにヒードランのオーバーヒートは計算に入れてなかった;;

ガブリアス
ガブリアスアイコン
NN:てつざめ♀
性格:わんぱく 努力値:HP・防御 持ち物:でんきだま
技:投げつける 剣の舞 ドラゴンダイブ 地震


言わずと知れた物理アタッカーの代表格。
・・・ですが、いまさらただの物理アタッカーに育てるのもつまらないので、今回はちょっとひねって防御特化と二刀流型を育ててみました。

まずこちらは防御特化のガブリアス。ガブリアスは攻撃力もさることながら、少ない弱点で、岩・炎・電気に抵抗があるのは魅力だと思う・・。
上の特防特化ユキノオーと組ませてお互いの強みを生かした戦いをするのが狙い。
ところがユキノオーのゆきふらしのおかげで、そこまで防御の高さが生かされなかったような;
ただし、防御力を挙げたことで、剣の舞を使うチャンスは増えた印象ですね。
素早さはあげてないので、そこで無双!とまでは行きませんけど、カムラの実とかもたせたらちょっとやばいかなー^^;

持ち物でんきだまは、もちろん投げつけて麻痺させるためのものですが、これは間違いなく意表をつける!
たんに素早さ不足を補うためだったのですが、気合のタスキを持った相手には効果覿面ですね。強力な攻撃力を持つポケモンゆえ交換を誘いやすいところもあるので、交代読みで使えれば有効な場面はなかなか多かったです。

ガブリアスアイコン
NN:ジョナサン♂
性格:むじゃき 努力値:特攻・素早さ 持ち物:竜のキバ
技:流星群 地震 ドラゴンダイブ 大文字


こちらは二刀流型のガブリアス。
ポケモン数多くいれど、ドラゴンと地面と炎の3タイプを同時にタイプ半減で受けられるポケモンは存在しません。(ドラゴンと炎なら、唯一ヒードランが受けられるのかな?)
さらに、それを物理・特殊両方で使われるとなれば・・・
単純な火力で言えば物理型におとるものの、こっちは攻撃範囲に隙がなさ過ぎる感じですね。
物理受けや特殊受けを突破しやすいのも強みです。

弱みをいうなれば、弱点をつける相手が極端に多いというわけではなく、また弱点を突かずに一発で倒すほどの火力はないので、素早さを抜かれると押し負けがちなところでしょうか。
氷タイプの攻撃技を持っているポケモンがいると、一気に動くづらくもなりますしねぇ^^;



さて次回対戦会は、えーと5月23(土)にバトレボ対戦会の予定でいこうかと思います。
それに向けて、私も新たなポケモンを育てておきたいと思います。

次のユカリさんのご指名はこの2匹・・・
スコルピグライガー

というわけで、その進化系のグラピオンとドライオンになります。


・・・・あれ?  じゃなくて


ドラピゴンとフライオン・・・・    でもなくて!


え~いまとめてグラピゴン!!
合体進化
を育てますね~


最後に、今回の対戦会でアップしたバトルビデオのナンバーを載せておきます

49-54312-00085 ノッチさんとの試合
56-38280-57391 とかげさんとの試合
71-58349-74460 とかげさんとの試合2
81-97442-89444 ユウヤさんとの試合

それでは~

テーマ:ポケットモンスタープラチナ - ジャンル:ゲーム

【 2009/05/11 23:01 】

| ポケモンレポート | コメント(8) | トラックバック(1) |
第14回 DS対戦会 あとがき
みなさん昨日の対戦会お疲れ様でした~。
私はかなり遅れての参加+ちょっと早めの退場で、いつもよりはあまり対戦できませんでした。
内容もボロボロでしたしねぇ…^^;
うまくしてやられたというか、私が変な読み違いをして勝手に自滅したというかw

今回は偶然イーブイ系のポケモンを使ったパーティだったのですが、イーブイの進化系はどれもひとつのタイプがはっきり出ているというか、それぞれの攻撃技は多くないのが難しいところなのかな、と感じました。
私ははじめはサンダース、リーフィア、ギャロップのパーティで戦っていたのですが、2匹イーブイの進化系なのでいっそ3匹ともそうしちゃえと思い、ギャロップをブースターに変えて戦っていました。
あとから気づいたら、全員攻撃技が一つしかないw
相手に交換されたら有効打を与える方法がなくなってしまうので、結局ほとんど防戦一方になってしまいましたねー。

特にDS対戦の場合は見せ合いなしの3対3なので、しっかりとしたパーティ構築をしないとすぐにガタガタになってしまいがちなんでしょうね。
バトレボの見せ合いありの対戦なら、多少雑にパーティを作っても、3匹選ぶときのパーティ構築に余裕があるのでまだマシなのかもしれませんが(ただし結果的に「ハブられる」ポケモンが出てくるのですがw)。

そんなこんなで反省が多い・・・というか反省しかないような内容だったのですが、開始時間を遅らせてまで育てた一匹を一応紹介しておきます。

リーフィア
リーフィアアイコン
NN:リーフ♂
性格:わんぱく 努力値:HP・ぼうぎょ 持ち物:ヤチェの実
技:リーフブレード 光合成 くすぐる バトンタッチ


そこまでして育てた割にはあんまりいい成果を出せてあげられませんでした(´・ω・`)
ただ、リーフィアの素質のよさは感じることができましたね。
攻撃力も、防御力も、素早さも高めでバランスがよい感じ。特殊攻撃に弱いのと、タイプ的に有効なダメージを与えられない相手が多いのが欠点ですが・・・。
くすぐりを使ってみたかったので覚えさせてみましたが、リーフィアは素でかなり硬いので、相手の攻撃ダウンはあまり必要ないかも・・・。攻撃力も、あえて相手の防御力を下げなくてもリーフブレードは結構強いですね。剣の舞に変えると、リーフィア自身の突破力もあがって、バトンタッチの選択肢も増えていい感じかな?
というか、なぜこれにバトンタッチを残したのか自分でもわからないw
リーフィアに進化しちゃったら覚えなおせないのはわかるけど・・・


バトルビデオも一つだけアップしました。
ほかはもうボロボロすぎて記録する気にさえなれない試合ばっかりだったものでorz

79-75220-61824 ジオさんとの試合

ちなみにギャロップの持ち物は拘りスカーフです


次回の対戦会は、4月25日にバトレボで行う予定です。
ちなみにゴールデンウィークには個人的な予定を入れちゃったので今のところイベントは考えてないんだぜ(´・ω・`)

それでは~

テーマ:ポケットモンスタープラチナ - ジャンル:ゲーム

【 2009/04/12 20:16 】

| ポケモンレポート | コメント(7) | トラックバック(0) |
第13回DS対戦会 あとがき
みなさん昨日の対戦会お疲れ様でした~
やたらと色違いを多く見かけた対戦会だったのですが、なんかの流行なんでしょうか・・・
私は色違いはあんまり持ってないし、粘る気力も無いので流れについていけそうも無いです(´Д`;)

それはともかく、対戦のほうは今回も色々試してみて経験にもなりました。
いつものように、ポケモンを紹介しつつ体験したことを書いていきますね。

エテボース
エテボース
NN:シナモン♀
性格:せっかち 努力値:素早さ 持ち物:拘りハチマキ
技:ダブルアタック 猫だまし ギガインパクト トンボ返り


先鋒に出して、一発目でテクニシャン+拘りハチマキの猫だましでいきなり相手のHPを減らす作戦。
さらに控えにミカルゲを育ててみたで紹介したミカルゲに交代してさらに先制技を仕掛けることで、一気に決着をつけます。
次に出てきた一匹も、ミカルゲの先制技でダメージを与えておけば、エテボースで倒せる範囲までHPを削られる可能性も高いですからね。このコンビは活躍してくれました。

ところが、このエテボースで結構戦った後ステータスを見てみたら、攻撃に努力値を振り忘れていたが判明。それでもそれを気づかないほど強かったし活躍してくれたんですが・・・。
これでちゃんと努力値を振ったらどうなるんだろう・・・。 試してみたいきもしますが。さすがにやりすぎ感が強くなりそうなので自重しておきます;

アズマオウ
アズマオウアイコン
NN:ワキン♀
性格:おとなしい 努力値:HP・特防 持ち物:食べ残し
技:冷凍ビーム アクアリング 毒毒 ダイビング


火傷無効、炎水氷半減を生かして育ててみました。
とくに、炎タイプのポケモンには水のベールで鬼火も効かないので安心して出せるはず。
水タイプのポケモンにも、あちらの攻撃が効きにくいことを利用して毒毒とアクアリング+食べ残し+ダイビングでじわじわとHPの差を広げられるはず・・・。
とまあこういう作戦だったのですが、なかなかうまくいかないですね^^;
相手が能力アップする技や眠るなんかを持っていたら作戦が機能しないですしねぇ・・・。
ただ、猛毒状態にさせて、他の2匹と協力して時間を稼ぐためのスイッチとしての役割としては役に立ちました。食べ残し+アクアリングの回復量も割と馬鹿にできないですし。
性格が性格なだけに、物理攻撃には全然耐えられないのはご愛嬌

ハガネール
ハガネールアイコン
NN:てつてつ♂
性格:勇敢 努力値:HP・攻撃 持ち物:こうてつプレート
技:アイアンテール ジャイロボール 鈍い ストーンエッジ


毒・電気無効、色々半減。さらに、水や炎タイプを呼びやすく、アズマオウに交換しやすいことも狙いの一つです。(もちろんその逆も)
アイアンテールを主役にさせたくて、あえて地震をはずして鉄にこだわって見たのですが、やっぱり地震がないときついですねー(´Д`;) 鋼タイプの攻撃は弱点を突ける相手が少ない上半減される相手が多すぎますし。
こだわりと使い勝手を両立させるのは難しいです・・・。
アズマオウで毒状態にさ、鈍いを使う隙を作ることも狙っていたのですが、不利な相手にすぐ交換されがちで、のろいを使っても、攻撃に移る暇があまり無かったです;
猛毒で体力を減らす時間稼ぎとしては、割と役に立ちました。

ムウマージ
ムウマージアイコン
NN:やみまどう♂
性格:おだやか 努力値:HP・特防
技:シャドーボール 雷 瞑想 鬼火


地面ノーマル格闘半減を生かし、主にハガネールから交代で出すことをねらいます。
ただそうなると、相手が物理型の相手になりやすいので、特防特化があまり生かされないのが穴でしたね。鬼火で火傷にさせればましにはなりますが、瞑想を使う暇も無ければカムラの実もほとんど生かされない;
瞑想は使えて一回、それでは攻撃力は十分とはいえないですからね・・。
このパーティなら、物理に強い構成にしたほうが良かったかもしれません。


アズマオウから下は固定パーティで戦っていたのですが、お互いの無効・半減の能力はうまくかみ合っていたように感じたものの、攻撃する暇が無く、相手を毒や火傷にさせたら交代を駆使して相手の攻撃をのらりくらりと交わしまくるのが関の山となってしまいましたねー。それすら読み合いを勝ち続けなければ厳しいですし。まさにハイリスクローリターン。
やっぱり攻撃力のあるポケモンを入れておくのも大事だと感じました。

今回は対戦会の中から2つのバトルビデオをアップしました。
もしよかったら語視聴くださいね。

72-38980-10368 ケイイチさんとの試合 
65-35133-56699 さとしさんとの試合

次回バトレボの対戦会は、3月28日(土)の予定で行いたいと思います。
それと、ダブルバトルを希望する方がなかなか相手を見つけられない、ということを受けて、エントリーの際にダブルバトル希望の有無を書いてもらい、その方々にはなるべく同じグループになるようにすることを考えています。

それではまた~

テーマ:ポケットモンスタープラチナ - ジャンル:ゲーム

【 2009/03/15 16:11 】

| ポケモンレポート | コメント(22) | トラックバック(0) |
第12回バトレボ対戦会 あとがき
みなさん先日の対戦会、ご参加ありがとうございました。
そして、こちらの都合で開始時間が遅れてしまったことを改めてお詫びしますorz
本当にご迷惑をおかけしました。
そんな中でも多数の参加と試合の観戦に来ていただいたき本当に感謝感激でお礼の言葉も見つかりません(ノД`)
今後このようなことが無いよう厳重注意いたします・・・。

さて、今回も新しくポケモンを育ててみたので、対戦会で戦ってみた感想を書いていきますね。

ペリッパー
ペリッパーアイコン
NN:マリリン♀
性格:のんき 努力値:HP・防御 持ち物:火炎玉
技:なげつける とんぼ返り 波乗り 羽休め


実は「なげつける」を覚えられたりする・・・。育てようと思って図鑑を見てはじめて知りました。
この技を生かし、火炎玉を投げつけて焼けどにさせることを狙います。
もともとの防御の高さに加え、地面・格闘など物理技に対する抵抗も多く、さらに火傷にさせられれば物理攻撃にはかなりの硬さになりますね。
出だしで火炎玉を投げないと自分が焼けど状態になる、使いきりなどのデメリットもありますが、鬼火などと違い挑発で無効化されない、読まれ辛い、また火傷状態になっても他の状態以上を防げるなどのメリットもあり、火傷にさせたらとんぼがえりで後続につなげるだけでも役割を果たせることもできます。
電気タイプは大弱点ですが、サンダースと組ませて逆に電気タイプの技を使わせることにプレッシャーを与える作戦もうまく働いた感じでしたね。

キュウコン
キュウコンアイコン
ひめゆり♀
性格:おだやか 努力値:HP・特防 持ち物:シュカの実
技:火炎放射 悪の波動 瞑想 鬼火


ムウマージでもやってみたことがありますが、やっぱり鬼火と瞑想の組み合わせは便利ですね(相手にすると厄介ですが;)。
悪の波動も意外に使われるのを見たことが無いのですが、使ってみるとひるみの効果は馬鹿にできません。先に鬼火で火傷常態にしておけば、一回ひるむと技のダメージに加え火傷のダメージが入るので、低めの攻撃力を補うことにもつながります。
鬼火で相手の戦力を奪うとともに、特性もらいびで炎タイプの技を受け流す役割も大いに役立ちました。自身が攻める力は強くは無いものの、サポートと攻めのバランスがよく使いやすい印象を受けましたね。

ギャラドス
ギャラドスアイコン
ギャラじい♂
性格:ひかえめ 努力値:HP・攻撃 持ち物:フォーカスレンズ
技: 吹雪 大文字 アクアテール


前回の対戦会ではあまり活躍できませんでしたが、地震を大文字に、持ち物を達人の帯からフォーカスレンズに変えて再び参戦させてみました。
前は当たりづらかった技もだいぶあたりやすくなり、数多い抵抗タイプと特性威嚇も手伝って今回は結構活躍してくれました。
なにより特殊型で意表をつく力が半端ないです。相手もギャラドスに対し物理型であることを前提に対応してくることが多いので、弱点をつける範囲がまるで違う特殊型だと、物理型以上の攻撃力の高さを感じました。
ただし、弱点をつけない相手には並未満の攻撃力しかないのは仕方が無いですが・・・。
攻撃も高いのでアクアテールを覚えさせていましたが、ハイドロポンプのほうが威力が高いのでそちらにかえて完全特殊型にしてもよさそうです。


それとすでに見た方もいるかもしれませんが、youtubeに対戦会の試合をいくつかアップしました。
もしよかったら、そちらもご覧くださいね。

次回対戦会は、えーと、来週の土曜、3月14日にDS対戦会を予定しておきますね。
予定が変更になる可能性もありますが、そのときはブログにてお知らせいたします。

テーマ:ポケットモンスタープラチナ - ジャンル:ゲーム

【 2009/03/02 22:56 】

| ポケモンレポート | コメント(13) | トラックバック(0) |
第11回 バトレボ対戦会 あとがき
みなさん、あらためて先日の対戦会ありがとうございました~
観戦された方もいることかと思いますが、今回はあまりうまくプレイできなかった感じがしました・・・(いつもこのくらいな気もしますが;)
というわけで、今回のあとがきは反省が中心。でも失敗は成功の元、今はうまくいかなくても、次はきっとうまくいくさ! 保障はどこにもないけど~
うまくいかなかった原因を考えてみて、次につなげていきたいです。

 ギャラドス
ギャラドスアイコン
NN:ギャラじい♂
性格:ひかえめ 努力値:HP・特攻 持ち物:ソクノの実
技:雷 吹雪 地震 アクアテール


ギャラドスって特殊技のほうも充実してるのに使われなくてもったいないなー、と思い、無理やり特攻を上げてみる→特攻あげても攻撃のほうが高いじゃん(゚∀゚) ならいっそ二刀流にしてみようっと!
・・・という行き当たりばったりな育て方をしたギャラドス。
弱点をつける範囲が広くなって、その点は申し分ないですけど、もとの火力が高くないので、雷や吹雪は弱点をつけても2発以上当てなければいけないのがちょっときついですね。でも10万ボルトや冷凍ビームにすると、今度は火力不足に陥りそうな・・・
持ち物のソクノの実は、電気タイプの攻撃を受けて、地震で返り討ちを狙ったのですが、それをやるなら攻撃をあげたギャラドスでやったほうがいいかも・・・
電気タイプは他のポケので対策して、ギャラドズには攻撃力を補助するアイテムを持たせるのがいいかな?と考えています。

ハガネール
ハガネールアイコン
NN:いってつ♀
性格:しんちょう 努力値:HP・特防 持ち物:オッカの実
技:アイアンテール 地震 大爆発 岩石封じ


防御の高いハガネール、特防もあげたら無敵の硬さ!?(゚∀゚)・・・という浅知恵で育てたハガネール。
まあ特防を上げた分、攻撃力は悲しいほどに・・・。防御力のほうも、弱点が多いせいもあってそれほど硬い感じもしませんでした。相手の攻撃に耐えつつ爆発することも考えていましたが、その爆発も相手を倒せないと意味がないですしね。
攻撃力を上げたほうが有利になりやすいポケモンと、防御力を上げたほうが有利になりやすいポケモンがいるのかと思いますが、このハガネールの場合前者みたいです。
ちなみにアイアンテールは個人的な思い入れで覚えさせました。アイアンテールがないハガネールなんて、ハガネールじゃない・・・!
というのは言いすぎですけど、アイアンテールが一番似合うポケモンだと思ってますw

バルビート
バルビートアイコン
NN:ビット♂
性格:しんちょう 努力値:HP・特防 持ち物::オボンの実
技:電磁波 アンコール 身代わり とんぼ返り


何気に特防が高めのバルビート、とことん特防に特化させることで、特殊攻撃にはだいぶ打たれづよくなりました。炎タイプ以外なら特殊攻撃で弱点を突かれにくいのもいいですね。
電磁波・アンコール・身代わりの3つの技も相性がよく、相手の行動を縛りやすかったです。
ただ、攻撃技がとんぼ返りしかないのがまずい感じがしました。アンコールで相手の交換を誘って、とんぼ返りで後だし交換する作戦だったのですが、控えに相手の攻撃を受けられるポケモンがいなかったりするととんぼ返りを使うわけにもいかないし、身代わりとの相性も悪い・・・
それ以外の3つの技の相性がいいだけにもったいない気もするのですが、どれか一つの技を削って何かもう一つ攻撃技を入れたほうがよさそうですね。

ミミロップ
ミミロップアイコン
NN:うさうさ♂
性格:わんぱく 努力値:HP・防御 持ち物:火炎玉 特性:ぶきよう
技:すり替え ミラーコート アンコール 毒毒


ご存知特性ぶきようと火炎玉のコンボを中心に考えたミミロップ。
物理型の相手にはこのコンボで火傷にさせ、特殊型の場合はミラーコートで倍返し。変化技を使うようならアンコールの3段構えにしてみました。
努力値はすべて防御力にまわしていますが、これら3つの行動に素早さはあまり関係ないので素早さを捨てることはあまり気になりませんでした。ついでに、変化技を多く使うポケモンはもともと素早さが低いことが多いですし。
ただ、残りの技が毒毒なのが、自分で育てておいて謎過ぎる・・・。これは普通に攻撃技でもよさそうです。
それとミラーコートも、ダメージを受けている状態だと機能しなかったり、できても使いきりという形になるので使い辛いのなんの。
全体的に、役割を詰め込みすぎて一つ一つの役割が希薄になってしまった印象です。どれか一つに絞って、はっきりとした役割を決めたほうが戦いかと思われます。


とまあこんな感じに、問題点の多い結果となりました。
でも実戦で動かしてみて、そこで得た経験を元に技やもちものを考え直すのがまた楽しいんですよねー。
色々ながら育てるのも楽しい、その後の調整するのもまた楽しい、実験的に育ててみたポケモンは、2度楽しめるのでちょっとお得!?


さ~て、次回の対戦会は~?
再来週の2月14日の夜にDSの対戦会を予定しておきますね。
それでは!

テーマ:ポケットモンスタープラチナ - ジャンル:ゲーム

【 2009/01/31 23:08 】

| ポケモンレポート | コメント(11) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。